卑屈で塗り固めた深夜の本音トーク

流れない水は腐る。勤続年数とかクソ食らえですわw 卑屈で塗り固めた深夜の本音トーク

流れない水は腐る。勤続年数とかクソ食らえですわw

長くて5年。それ以上の勤続は腐敗を招くと、わたしは考えます。 思うに、人もお金も情報も、流動的でないと腐ってしまうのではないかと。   わたしのいた会社(子会社)は、もともと十年前くらいに創業した派遣会社だったんですが、その後吸収合併を5回ほどくり返した歴史があります。で、その会社で、創業…
サラリーマンの腐ったやつ。6つの特徴 卑屈で塗り固めた深夜の本音トーク

サラリーマンの腐ったやつ。6つの特徴

6年間のサラリーマン生活で見えたことなんですが、一つの会社に何十年もずーっと留まってサラリーマンしてる人って、腐ってる率が高いです。   ここでは、サラリーマンが「腐る」ことを、「人生アガっちゃった」という意味で使っています。つまり、ひたすら「現状」の延長線上に留まることを願い、自己保身で…
「安心」なんてこの世に存在しない 卑屈で塗り固めた深夜の本音トーク

「安心」なんてこの世に存在しない

良い大学に入れば安心、大企業なら安心、正社員なら安心、持ち家があれば安心、(女性の場合)結婚すれば安心etc... 人は安心を求めて犠牲を払います。   本気で勉強したいこともないのに大学に入るために「高い学費」を払い、 大企業のサラリーマンになるために「やりたい事」「夢」を諦め、 正社員…
起業に準備は必要ない 卑屈で塗り固めた深夜の本音トーク

起業に準備は必要ない

起業するために準備が必要だから、とりあえずサラリーマンをやっている(もしくは就活している)という人がいます。 「経験を積むため」 「開業資金を稼ぐため」 「スキルを身につけるため」   経験から言わせてもらうと、起業に「準備」は必要ありません。 必要なのは「準備」ではなく「度胸」です。 &…
残業する人は「無能」か「お人好し」のどっちか 卑屈で塗り固めた深夜の本音トーク

残業する人は「無能」か「お人好し」のどっちか

わたしは基本的に、残業する人って2タイプしかいないと思っています。 ①単に無能なタイプと、②お人好しタイプです。   ①無能タイプ   仕事の量や難易度が許容範囲であるにも関わらず、「所定の時間内に課された仕事を終えられない」という場合、それは無能であると言わざるを得ません。 無…
会社でガンガン出世する人がやっている3つのこと 卑屈で塗り固めた深夜の本音トーク

会社でガンガン出世する人がやっている3つのこと

サラリーマンの顧客は、「お客さん」ではなく「上司」です。 某ITコンサル企業で、ITスキル、コミュニケーション、リーダーシップ、どれをとっても突出した能力のないわたしが東大卒の同期たちを抜いてダントツで出世頭になれたのは、この一点を理解していたからです。 くわしくはこちら → 出世と縁のない「能力の…
出世と縁のない「能力の高い人」が勘違いしていること 卑屈で塗り固めた深夜の本音トーク

出世と縁のない「能力の高い人」が勘違いしていること

よく勘違いしている人がいるのですが、 サラリーマンにとっての顧客とは、「お客さん」ではなく「上司」です。   会社のビジネス形態がBtoBにせよBtoCにせよ、 職種が経理だろうと営業だろうと技術者だろうと、 出世したければ「上司」だけ見ていれば良いんです。 サラリーマンの収入(給料とボー…