[朝日記][1] Adsense収入2桁なので収益化は諦める / 腎臓病(クレアチニン0.98)が精密検査したら完全な健康体だった

よくSEO的に、ブログに私的な日記を書くのは良くないって言われてますよね。読者のためになる記事のほうがいいとか。

わたしも一読者の立場で考えたら100%その方がいいブログだと思います。(書いている人の私生活には興味がない)

 

そんな中、私はモーニングルーティンでGoogle Keepに書き溜めていた朝日記を、このブログに書くことにしました。

なんで!? 誰も興味ありませんけど!? って思いますよね。

理由は3つ。

朝日記をブログで垂れ流すことにした理由

  1. 「読者のためになる記事」を一人で書き切ることの難しさが骨身にしみたから
  2. 短い私的な記事でも、更新頻度が高い方が良い気がするから
  3. 自分のブログだしもっと自由に書きたいこと書いていいのでは?って思ったから

 

ここでは一つ目の理由について、ちょっと掘り下げてお話しします。

コラムを書籍化していただく活動の中で、出版社にお勤めのプロの編集者さんとやりとりさせていただきながら一年以上(2020/04/13 〜)にわたって連載を続けました。

でね、プロから色々とご指導いただき、めちゃくちゃ勉強させていただいたんですよ。少しは読み手の受け取り方を考えてものを書けるようになってきたかなぁと思いたいんですが、いまだに編集者さんからの初稿の評価が安定しないのです。

初稿の評価が安定しないと言うのは、「今回の記事、すごくいいですね!面白いです!」って時と、「うーん、これはちょっと記事にできないですね……」って時とがあると言うこと。

これは、私がいまだに「何が良い記事で、何が悪い記事なのか」を全然わかってないことを意味しています。

毎回の記事で指摘いただくことはどれも納得感があり、そうだよなぁって思って直すのですが、次の記事に生かせない。再現できないのです。残念すぎる。

で、プロからご指導を一年間ってかなり恵まれた状況に身を置いて修行したにもかかわらず、こんな感じのていたらくなので、「読者のためになる記事」をこのブログで一人で書き続けるのって無理じゃね?って思い至りました。

コラムや書籍は、編集者さんからの「こういう風に直して」という導きや調整があって、なんとか皆さんに見せられるレベルに持っていっているという感じなので、これを一人でしかも毎日とか週◯回みたいな高頻度でやるのは絶対に無理ぽ★なのです。

無料で垂れ流すだけでもアクセス集まれば収入源になるかなーって思ったんですが、それも難しそうだし。

 

↓直近のAdsense収入

 

↓過去3年間のAdsense収入の推移(2018/6/1〜2021/6/1)

3年で¥1,241,021 て、、、かけた手間と時間を考えると、コスパ悪すぎなんですよね。

しかもここ数年は特にひどい。心電図だったら「ピー」って鳴っちゃってるレベル。

まぁあんまり更新してなかったせいなのかもしれませんが、正直よくわからない。

文章力だけでいったら、3年前よりは格段にレベルアップしているはずなのに。

と言うことで、「読者のためになる記事」をこのブログで書こうとするのはやめにします。

 

一応、自己紹介(次からは省略)

私はコミュ障ぼっちでフリーランスのエンジニアをやっています、34歳です。私のプロフィールに興味を持ってくださった方は、ページ下部の筆者紹介、Twitter(@suekiaoi)やInstagram(@aoi.sueki)などからご確認いただければと思います。

また、ぼっち社会人向けに1年かけて書いていたコラムが書籍化されました。ぜひ一度、お手にとって読んでみてください。

友達0のコミュ障が「一人」で稼げるようになったぼっち仕事術 (アルファポリス)

 

朝日記 vol.1

今日の感謝

昨日、腎臓内科で検査結果を聞いてきました。(腎臓内科に行くに至った経緯はこちら

結論は、全く問題なし。食事制限とかも必要ないし運動も好きなだけやってよしと言われました。健康な体に感謝。1ヶ月弱ではありますが、腎臓病食を続けた結果、腎臓病になったらめちゃくちゃ大変であり、健康で制限なく好きなものを食べられるということがどれだけありがたい状態かを身をもって知ることができました。

クレアチニン

4/29にketsukenで測定:0.98 mg/L → eGFR cre(糸球体濾過量):53.3 ml/min →GFR 区分:G3a(軽度〜中程度低下)

5/8に腎臓内科で測定:0.76 mg/L  → eGFR cre(糸球体濾過量) :70.4 ml/min →GFR 区分:G2 (正常または軽度低下)

シスタチンC

5/8に腎臓内科で測定:0.76 mg/L  → eGFR cys(糸球体濾過量) :116.9 ml/min →GFR 区分:G1(正常または高値)

 

どの値を使うかで、CKD(慢性腎臓病)のステージが違う、、、こんなに違うもんなんですか?って聞いたら「そうなんですよ」って言われました。マジかよ。で、クレアチニンよりも腎臓の状態を精度良くみる指標が、シスタチンCなんだとか。クレアチニンは精度がそれほど高くないんだけど、簡単に安く検査できるからスクリーニングしての利用が主らしい。

つまり、簡単にできるクレアチニンで検査して、異常が見つかったら尿たんぱくとかシスタチンCとか別の数値も見て、より正確に腎臓の状態を調べる、という流れらしい。

今回、超音波エコーで両方の腎臓見てもらうということまでやって、見た目も全く問題なし、綺麗ですよって言われました。

 

自分を誇らしく思うこと

潔くブログで儲けることを諦め、自分に無理のない方法に切り替えた自分が誇らしい。ストレスは身体に悪いからね。今日もちゃんと、自分を大切にできる自分が誇らしい。

 

今日成し遂げたい成果

8:00にSNS投稿

9:00までクソアプリ(メタデータから座標取得)

9:00からXXX  ※本業(アラインのお仕事。詳細は秘密保持契約があって書けない)

 

 

それでは!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

参考になったよ、という方はTwitter(@suekiaoi)やInstagram(@aoi.sueki)などでフォローしていただけると励みになります。

不明点・ご質問などありましたらわたしのTwitter DM(@suekiaoi)にお気軽にどうぞ!

それでは!

末岐 碧衣
  • 末岐 碧衣
  • フリーランス のシステムエンジニア。独立後、一度も営業せずに月収 96 万円を達成。1986年大阪生まれ。早稲田大学理工学部卒。システムエンジニア歴 12年。
    2009年、ITコンサルティング企業に入社。3年目でコミュ障が爆発し人間関係が崩壊。うつにより休職するも、復帰後はコミュ障の自覚を持ち、「チームプレイ」を徹底的に避け、会社組織内においても「一人でできる仕事」に専念。社内外から評価を得た。
    無理に「チームプレイ」するよりも「一人でできる仕事」に専念した方が自分も周囲も幸せにできることを確信し、2015年フリーランスとして独立。

コメントする