[システムエンジニア] ムカついた時に頭使う仕事をしなきゃいけない時の対処法

ムカついてる時に、頭使わなきゃできない仕事(しかも納期ギリギリ)をやらなきゃいけない状況になったことありませんか。例えば、バグ修正とか。

わたしはつい先日ありました。その辺の経緯は記事最後に書いているので、興味のある人だけ読んでみてください(笑)あるある、と共感してくださった方がいたら嬉しいです。

 

本題に戻ります。

「ストレスの9割は人間関係から生じる」との定説に違わず、感情の荒波は人とのコミュニケーションによって発生します。

システムエンジニアはどちらかというとひとりで黙々と作業する時間が長い職業ですが、仕事である以上、他人とやりとりしなきゃいけないシーンは絶対に避けられません。仕事って自分以外の誰かのために何かする行為ですからね。

 

人との関わりも、そこから発生する感情の荒波も、避けては通れません。

今日は、「ムカついて頭に血が上っている」状況で、冷静に頭を使った仕事をするための方法をご紹介します。

 

ちなみに、私はコミュ障ぼっちでフリーランスのエンジニアをやっています、34歳です。私のプロフィールに興味を持ってくださった方は、ページ下部の筆者紹介、Twitter(@suekiaoi)やInstagram(@aoi.sueki)などからご確認いただければと思います。

また、ぼっち社会人向けに1年かけて書いていたコラムが書籍化されました。ぜひ一度、お手にとって読んでみてください。

友達0のコミュ障が「一人」で稼げるようになったぼっち仕事術 (アルファポリス)

 

 

手順①とりあえず身体を動かして発散する

個人的な感覚では、怒りって抑え込もうとすると逆に燃え上がるんですよね。

「冷静に、冷静に、」って深呼吸しても、無理じゃないですか。ムカつくもんはムカつくじゃないですか。

 

そういう時は、怒りに身を任せて発散してしまうのが一番早いです。

問題は、発散のさせ方です。

一番NGなのは、人に当たってしまうこと。これやっちゃうと、言わなくてもみんな知ってると思いますがマジで良いこと何もありません。

では一人でどうやって発散するかというと、身体を動かすです。

筋トレするとか、階段を登り降りするとか、いろんな方法があるみたいですが、わたしは机をガンガン叩きます。で、「クソが!」って普通に叫びます。(一人暮らしの利点)

あと、うちにあるYogibo Max(↓)をボコボコにします。普通にフルパワーで殴る蹴るの暴行をします。

一応言っておくと、Yogiboを相手に見立てているとか、そういうんじゃありませんから。自分の中で発生した怒りの爆発エネルギーを、外に逃しているだけ。相手が嫌いとか、そういうんじゃないですから。

ムカついているのは、その状況そのものであり、相手じゃない。その状況を作り出した自分にも怒っています。

 

ただ、わたしの方法だと手の側面(小指の付け根)が青あざになって、次の日タイピングするときに痛かったりするので、やはり筋トレとか階段の登り降りで済む人はそっちの方が良いと思います。オフィスワークだとそもそもできませんしね。

 

手順②キッチンなどの水回りを掃除する

わたしの好きなYouTuberで大愚和尚という、禅寺のお坊さんがいらっしゃいます。お坊さんでありながら、会社経営、YouTube、書籍出版もして、結婚もして、お子さんがいらっしゃるという方です。

最初は「お坊さんなのにそんなことして良いんだ?」って興味を惹かれ他だけでしたが、動画一本見終わったらファンになってました。「仏教も、その時代時代に合わせて、人に伝わるように変わっていかなきゃいけない」と信念を持って活動されているとわかったからです。気になる人はチェックしてみてください。

 

で、その大愚和尚がある動画の中でこんなことをおっしゃっていました。

水には、浄化の力がある。水を触ってると嫌な感情が洗い流される。

わたしは、自分の中に怒りが湧いてきたら、水を触るようにしています。

 

先日、これを思い出して自分もやってみたんですが、めちゃくちゃ効果ありました。

今まではムカついたらYogiboを馬乗り殴打したり机をガンガン叩いてしまって手に青あざ作ったりしていたんですが、あんま良いことないんですよね。疲れと痛みで少しだけ我に返るんですが、仕事に取り掛かるとまたムカつく人の顔が浮かんできて集中できなくなったりしていました。

 

キッチンシンクの汚れをスポンジで擦って、水で流します。冷たい水が手に当たる感覚が、ちょっと頭の熱を冷ましてくれるような感覚でした。

水で泡を洗い流すと、シンクがピカピカに光っていて、気分が良くなりました。

ついでに研磨剤つけて磨きまくり、さらにはコンロの周りの油汚れも掃除し終わったころには、嘘みたいに気分が落ち着いていました。その時点では、まだ思い出すと多少イラッとしますが、衝動的にYogiboを殴ってしまうような激情はもう全然ありませんでした。冷めた、という表現がしっくりくる。

 

今まではそういう嫌なことがあった日ってムカついて眠れなかったりしたんですが、先日は全然、スッと寝れましたね。

ぜひ一度、騙されたと思ってやってみてください。

翌朝、水回りがピカピカになっているのも最高ですよ。

 

手順③仕事を終わらせる

手順①②をやったら、かなりマシになっていると思います。

また怒りが湧いてこないうちに、とにかく仕事を終わらせましょう。ここはひたすら、無心でやります。

また怒りが湧いてきそうになったら、その場で目を閉じて「十息」をします。

十息のやり方

  1. 1、2、3と数えながら、鼻から息を吸う
  2. 4で止める
  3. 5、6、7、8、9、10で、口からゆっくり吐く
  4. これを10回繰り返す

 

手順④二度と同じ状況にならないよう対策を考える

これは、仕事をなんとかやり終えたあなたが「怒りで寝付けない」状況を防ぐための手順です。

 

わたしの場合、スケジュールに関する上司との認識齟齬があったことがことの発端でした。で、言った言わないのマジで不毛なやりとりを避けるために我慢した結果、ムカつきの荒波にさらわれたのです。

ということは、二度と、スケジュールに関する認識齟齬を起こさないような仕組みにすれば良いんですね。

 

考えた結果、わたしは以下の方法を上司に提案することにしました。

  • タスクごとにチャットルームを作成し、ルーム名を期日始まりにする

ここまでやってようやく、安心して眠れるようになります。

実際に、アクションを起こすかどうかは、翌朝もう少し冷静になった時に判断すればOKです。

とにかく、対策まで考えることが重要です。

 

どうしようもなく相手のことが嫌い、とかなら、その環境から離れることも視野に入れて良いと思います。

転職エージェントに登録するだけでもかなり気分が変わる(楽になる。縛られてる感がない)のでおすすめです。

好きな人でも、ずっと一緒にいると窮屈に感じてしまうこともあるし、我慢して付き合い続けるよりも、少し離れた方が人間関係も良くなる、ってことだってたくさんあります。

 

つい先日、わたしがムカついたバグ修正

いきなり17時ごろに「明日デモで使うから」って言われて焦って提出したプログラムがバグっており、しかも「あーなんとか終わってよかった💖」ってゆっくり風呂に入ろうとしていた20時に「バグってる」と連絡を受けて修正しなきゃいけなくなった、ということがありまして。

 

ムカつきポイントは5つあります。

  • 17時に「明日」って急すぎませんか?
  • もう少し早めに言ってください、と伝えたら「先々週から言ってるけど…」と返された(わたしは初耳ですが)
  • 会社のタスク管理ツールをちゃんと使っているのが私だけ
  • 毎回毎回、期日決めずに仕事を振られるので自分から確認しないといけない
  • 夜は仕事したくない(頭が疲れ切っていて非効率、睡眠の質が下がる、明日の仕事の能率も落ちる)

チャットとか口頭でポロッと出たことなんて、流れていっちゃうじゃないですか。こんな感じで言った言わないになるし。

まぁ忙しくて面倒に感じるのはわかりますけど。

 

だから文面にするか、タスク管理ツール使おうぜってなって使ってるんですが、全然ダメですね。

自分としては、タスク管理ツールに期日をセットして、みんなに公開しながらその通りに仕事をこなしているつもりでした。なので、「先々週から言ってるけど」にはめっちゃムカついたんですよね。

わたししか使ってないなら、むしろツールなんか使わない方が良いですよね。わたしだけが期日公開してみんなに伝わってるものだと勘違いしちゃいますから。

最近、かなりいい感じで自分のリズムができていたので、それを理不尽に崩される感じがしてすごく嫌でした。

ちゃんちゃん。(後味悪w

 

 

余談ですが、自分が、「嫌だと感じること」に敏感になっているのは、良い傾向だなって思いました。

会社勤めしていた時とか、うつになった時って、「いやだ」って感覚そのものがマヒしちゃってるので、ブレーキ効かなくなるんですよね。だから、ちょっとしたことが「嫌だ」って強烈に感じるのは、良い傾向だってことにしています。

人は幸せになるために生まれてきたんだとしたら、もっと、自分を甘やかして良いはず。

 

まとめ:ムカついた時に頭使う仕事をしなきゃいけない時の対処法

  • 手順①身体を動かして怒りを発散
  • 手順②水に触る(水回りの掃除はGOOD)
  • 手順③十息しながら仕事する
  • 手順④二度と同じ状況にならないよう仕組みを考える

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

参考になったよ、という方はTwitter(@suekiaoi)やInstagram(@aoi.sueki)などでフォローしていただけると励みになります。

不明点・ご質問などありましたらわたしのTwitter DM(@suekiaoi)にお気軽にどうぞ!

それでは!

末岐 碧衣
  • 末岐 碧衣
  • フリーランス のシステムエンジニア。独立後、一度も営業せずに月収 96 万円を達成。1986年大阪生まれ。早稲田大学理工学部卒。システムエンジニア歴 12年。
    2009年、ITコンサルティング企業に入社。3年目でコミュ障が爆発し人間関係が崩壊。うつにより休職するも、復帰後はコミュ障の自覚を持ち、「チームプレイ」を徹底的に避け、会社組織内においても「一人でできる仕事」に専念。社内外から評価を得た。
    無理に「チームプレイ」するよりも「一人でできる仕事」に専念した方が自分も周囲も幸せにできることを確信し、2015年フリーランスとして独立。