[目はエンジニアの命][目を節約] 視力が下がる!絶対にやってはいけない行動9選(眼球体操、アイ◯ン、市販のドライアイ目薬…)

最近、目がかすむ・乾く・見えにくい。システムエンジニアのみなさん、こんな症状にお悩みではありませんか。

 

エンジニアでなくても、オフィスワーカーは特に、職業柄、目を酷使しますよね。

もし目が見えなくなってしまったら何もできない、  という人も多いのではないでしょうか。そんな中、視力がどんどん悪くなっていくのはとても怖いですよね。わたしも最近、急激に目が見えにくくなってきたので焦って視力について勉強し始めた感じです。

参考文献はこちら!

世界一の眼科外科医がやさしく教える 視力を失わないために今すぐできること』です。

前回の記事でもスクリーンタイムが視力低下と有意な相関がありそう、と言う話をしたので、良かったらのぞいてみてください。

[目はエンジニアの命][目を節約] 視力が下がる!絶対にやってはいけない行動9選(眼球体操、アイ◯ン、市販のドライアイ目薬…)

 

目の寿命は、65〜70年

ところでみなさん、緑内障、白内障、網膜剥離などの怖い病気について聞いたことはあるけど、自分とは関係ないと思っていませんか。

こういった病気が現れ始めるのは65歳から70歳ごろ。

一方で、目の寿命は65〜70年と言われており、こういった病気になるのは目の寿命がきたため、とも言えそうです。

※目の寿命が65〜70年、の根拠はこちらの記事をご参照ください。

ちなみにわたしは200歳まで生きたいと思っているので、人生の序盤も序盤である65歳で目がダメになると言うのは絶対に避けたいと考えています。残りの4分の3の人生、目がよく見えないとか地獄ですからね。

わたしほど長生きしたくないと言う人でも、「人生100年時代」とか言われているので、60台で目の寿命が来てしまうというのは非常に怖い話だと思います。

 

今日が人生で一番若い日です。あなたが何歳であれ、今のうちから予防できることがないか、チェックしておきましょう。

↓↓↓

目の寿命を伸ばすために避けるべき行動

本著で紹介されていた、巷で広まっている間違った「目が良くなる」情報も含め、やってはいけない行動を抜粋してみました。

  1. 眼球体操
    • 硝子体が揺れて網膜剥離になる可能性がある
    • 絶対にやるな!
  2. 目をかく
    • アトピー、花粉症、アレルギーなどで痒くなった時、かきむしるのは絶対NG
  3. ステロイド内服薬
    • 眼圧上昇して白内障になるからやめよう
  4. コンタクト
    1. 角膜への酸素不足→内細胞の破壊を引き起こす
    2. 最大でも1日8時間までにしよう
  5. 太陽を直視
    1. 直射日光は目へのダメージ大。
    2. サングラスかけよう
    3. 濃い色のサングラスは瞳孔が開いてしまうので、薄い色のサングラスの方がベター
  6. 目を洗う
    1. アイボン厳禁
    2. プールや海ではゴーグルつけよう
    3. 目は涙が勝手に洗ってくれているので、人間がやる必要はない
  7. 40代以降でレーシック手術
    1. あとで白内障になって手術ってなった時、レーシックやってると難しくなる
    2. レーシックではなく、有水晶体レンズを使う方がいい
  8. メガネをかけない
    1. メガネかけると余計に目が悪くなる(老眼含む)は、都市伝説
    2. 適正な視力矯正しないと視力は悪化する
  9. 栄養満点の目薬
    1. 目薬濫用は視力低下につながる
    2. ドライアイの原因の85%は、皮脂不足(水分不足は6%)
    3. 皮脂不足の原因は、化粧品とかで分泌腺が塞がっていることが多いらしい

眼球体操はかなり強めの語り口で、絶対やるなと書いてありました。マジかよ(涙)と膝から崩れ落ちたのはわたしだけじゃないと思います。結構多いですよね、目のストレッチとか言ってぐるぐるやってる人。なんでこんな間違った方法が当たり前に流布しているのか、、怖いですね。気をつけましょう。

 

レーシックも最近、やってる人増えてますね。芸能人とか。わたしはマコなり社長が「レーシックやって良かった」と言っているのを聞きました。今は良いかもしれませんが、50代で50%、80代でほぼ100%の罹患率を誇る「白内障(加齢や目の酷使が原因でおこる水晶体の濁り)の手術に影響がある、と言うのは知らなかった人も多いのではないでしょうか。

あと、コンタクトは角膜への酸素不足→内細胞の破壊を引き起こすため、1日8時間までとした方が良い、とか。

わたしは結構知らないことが多くて目からウロコでした。コンタクトだけに(←寒

 

まとめると、目には余計なこと(市販の目薬、眼球体操、アイボン、ステロイド…)すんな、ってことで。

極力、触らない、動かさない、ちゃんと休める、と言うことが、目の寿命を伸ばすには大切だとわかりました。いやぁ、勉強になった。

 

まとめ

  • 目の寿命は65〜70年
  • 80代の白内障罹患率はほぼ100%
  • 視力落としたくないなら、余計なことはしない

 

 

参考文献はこちら!

世界一の眼科外科医がやさしく教える 視力を失わないために今すぐできること』です。

前回の記事(↓)でもスクリーンタイムが視力低下と有意な相関がありそう、と言う話をしたので、良かったらのぞいてみてください。

[悲報][システムエンジニア] 現代っ子の約7割は視力1.0以下!? 視力低下につながるスクリーンタイムは◯時間以上と判明

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

参考になったよ、という方はTwitter(@suekiaoi)やInstagram(@aoi.sueki)などでフォローしていただけると励みになります。

不明点・ご質問などありましたらわたしのTwitter DM(@suekiaoi)にお気軽にどうぞ!

それでは!

末岐 碧衣
  • 末岐 碧衣
  • フリーランス のシステムエンジニア。独立後、一度も営業せずに月収 96 万円を達成。1986年大阪生まれ。早稲田大学理工学部卒。システムエンジニア歴 12年。
    2009年、ITコンサルティング企業に入社。3年目でコミュ障が爆発し人間関係が崩壊。うつにより休職するも、復帰後はコミュ障の自覚を持ち、「チームプレイ」を徹底的に避け、会社組織内においても「一人でできる仕事」に専念。社内外から評価を得た。
    無理に「チームプレイ」するよりも「一人でできる仕事」に専念した方が自分も周囲も幸せにできることを確信し、2015年フリーランスとして独立。