コロナの影響で求人数↓↓ IT業界の求人倍率↑↑↑↑↑ システムエンジニアの求人倍率↑↑↑↑↑↑↑↑

コロナのせいで仕事がない!IT業界とかシステムエンジニアはいいよなぁ…

と思っているそこのあなた。あなたは圧倒的に正しいです。

いますぐジョブチェンジして転職しましょう。なぜなら、システムエンジニアになるだけで、あなたは「あぶれてる人」から「引っ張りだこにされる人」になるからです。

 

ちなみに、私はコミュ障ぼっちでフリーランスのエンジニアをやっています、34歳です。私のプロフィールに興味を持ってくださった方は、ページ下部の筆者紹介、Twitter(@suekiaoi)やInstagram(@aoi.sueki)などからご確認いただければと思います。

 

コロナの影響で求人倍率はどうかわったか?

dodaが最新(2021年2月)の求人倍率を公開していたのでこちらを見てみましょう。

コロナの影響で求人数がガックシいっちゃってますね。ただ、まだ転職希望者数より求人数の方が多いのであぶれちゃう人は少なそう。

 

出典:dodaエージェントサービス「転職求人倍率レポート(2021年2月)

 

[最新] IT業界の求人倍率はどうなってるのか?

ただ、業界別にみると、やっぱ偏ってますね。

出典:dodaエージェントサービス「転職求人倍率レポート(2021年2月)

 

ITの求人倍率だけ 5.75 。

求職者1人につき6つの会社からオファーが来る状態ですね。ハーレムですね。

 

予想通りではありますが、小売・外食では求人数がすくなく、この業界で職探ししても失敗する可能性が高いですね。2人に1人は落とされる。まぁ統計データですが参考にはなりましたね。

 

最後に職種別で見てみましょう。

出典:dodaエージェントサービス「転職求人倍率レポート(2021年2月)

 

目立つのが、技術系(IT)8.76倍、専門職 5.78 倍ですね。つまり、システムエンジニアは平均9社から「うちに来てください!」って言われてるってことですね。やばー

 

結論。

システムエンジニアの皆さん。転職・副業するなら今でしょ! ←古

めっちゃいい条件にランクアップできる可能性がすごい高い。エンジニア取り合いですから。血で血を洗う争奪合戦が繰り広げられています。あなたがシステムエンジニアなら、「私のために戦わないでぇ!」っていうお姫様ポジションが用意されているんですよ? 最高ですね。

 

更に上を目指したい、システムエンジニアにオススメの副業

すでに、システムエンジニアというだけでかぐや姫 with 7人の王子たち状態だという話をしました。

「わらわの望むものをくれた会社に就職しましょう」って条件出せる立場にあるも関わらず、姫の座にあぐらをかきたくない、自分はさらなる高みを目指したい、という上昇志向のつよいシステムエンジニアの方に、オススメの副業を紹介したいと思います。

 

それは、副業で、スタートアップと絡む(できれば開発もする)ことです。

理由は二つ。

  • マネジメント経験のあるシステムエンジニアはめちゃくちゃ市場価値が高いから
  • スタートアップは新しいスキルを身につけるのにもってこいだから

 

スタートアップに絡む方法としては、以下のパターンがあります。

  1. 自分でスタートアップを立ち上げる
  2. スタートアップ・ベンチャーで「副業でもいいから手伝って!」という求人に応募する

1の場合、サービス・アプリの開発は企画から自分でできるから楽しいし、自分のペースで勧められるので本業が忙しいという人には向いています。

2の場合、スタートアップの実情を知ることができ、貴重な経験を積むことができます。また、新しいスキル(言語・フレームワーク・アーキテクチャ)を要求されることが多いので、大手のぬるま湯ですでにできるとわかっていることをやるよりも段違いにスキルアップできます。これすごい。

 

….よくプログラミングスクールとかにお金払って新しいスキルを学ぼうとする人がいますが、どうせならお金もらって勉強すればいいのにって思います。ホントに全く畑違いの、例えば営業職とかでまったくITとかわかりません、という人は別ですけどね。

 

話がそれたので戻しますが、システムエンジニアは副業でわざわざ全く違うことをやる必要はないと思いました。

なぜなら、いまめちゃくちゃIT職の単価が高い(求人倍率が高い)から。

稼ぐ、という観点だけから言うと、ITのスキルを伸ばすのが一番効率が良いです。

 

システムエンジニアで、スキル(実績)があり、かつマネジメントや会社の立ち上げ経験があるという人は、どこでも引っ張りダコです。なんでも好きなことやらせてもらえます。

社内SEとかやりながらつまんない、って腐ってる人は、副業でもいいので求人探してみて、応募してみると良いと思います。

 

まとめ

  • なのでシステムエンジニアは稼ぎたいなら転職がいちばん確実
  • システムエンジニア1人につき8社から求人がある(2021年2月現在)
  • 目先の金より市場価値を高めるを優先するなら、スタートアップと絡んだ副業がオススメ

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

参考になったよ、という方はTwitter(@suekiaoi)やInstagram(@aoi.sueki)などでフォローしていただけると励みになります。

不明点・ご質問などありましたらわたしのTwitter DM(@suekiaoi)にお気軽にどうぞ!

それでは!

 

末岐 碧衣
  • 末岐 碧衣
  • フリーランス のシステムエンジニア。独立後、一度も営業せずに月収 96 万円を達成。1986年大阪生まれ。早稲田大学理工学部卒。システムエンジニア歴 12年。
    2009年、ITコンサルティング企業に入社。3年目でコミュ障が爆発し人間関係が崩壊。うつにより休職するも、復帰後はコミュ障の自覚を持ち、「チームプレイ」を徹底的に避け、会社組織内においても「一人でできる仕事」に専念。社内外から評価を得た。
    無理に「チームプレイ」するよりも「一人でできる仕事」に専念した方が自分も周囲も幸せにできることを確信し、2015年フリーランスとして独立。