副業禁止の会社(ブラック)で働くサラリーマンの皆様へ

副業したいけど、会社が禁止してるからできない。

こういう人は結構多いんじゃないでしょうか。

 

実際、どれくらい多いのか。なぜ会社は副業を禁止するのか。そもそも就業時間外の行動を縛る権限が会社にあるのか、などについてデータを見ながら考察していきたいと思います。

 

ちなみに、私はコミュ障ぼっちでフリーランスのエンジニアをやっています、34歳です。私のプロフィールに興味を持ってくださった方は、ページ下部の筆者紹介、Twitter(@suekiaoi)やInstagram(@aoi.sueki)などからご確認いただければと思います。

 

副業・兼業・ダブルワークは必要なのか?

結論から言うと、必要です。絶対に。

投資の世界では「卵を一つのカゴにいれるな」という有名な格言があります。これは、仕事においても同じ。何か一つに頼り切っていると、その一つがダメになっただけで「詰み」になってしまいます。

 

私の連載『友達0のコミュ障が「一人」で稼げるようになったぼっち仕事術』の中でも述べていますが、いまは一つの会社に頼りすぎるのは危険、という考え方をするひとが増えてきていますね。

システムエンジニアは他の業種に比べると高収入で、しばらくは食うに困らないというのが一般的な認識だと思いますが、実は、やっている仕事内容・分野によってはシステムエンジニアだろうが「人あまり」になる、いつまでも売り手市場じゃないよ、という予測も出ています。

この辺の詳しい内容は以前記事にしたので、興味ある人は先にコッチ↓を読んでみてください。

いつまで続く? システムエンジニアの人材不足。需給ギャップ逆転のタイミング

 

話を戻します。

じゃあどうしようか? と考えたときに一番お手軽な選択肢が、副業です。

副業は、いまの仕事はキープしつつ新たな収入源を作るということなので、初期投資100万円でキッチンカーを買うとかおかしなことをしなければ、リスク0で簡単に始めることができます。具体的には株や債券など紙の資産への投資、ネット系副業(ブログ、YouTubeなど)が一般的ですね。

でもまぁ、なにをやるにしてもそれなりに時間やお金、労力が必要だったりするわけで。

 

副業禁止されてるとこが多いんじゃないのとか、そもそもなんで副業禁止?なんの権限があって? などよくわからないことも多いのが実情です。なのでデータを見ていきましょう。

 

日本人全体の副業率

まずはシステムエンジニアの話をする前に、日本全体のデータを見ていきましょう。コロナ前なのでいまはもう少し増えている気がしますが、ベースの参考値にはなると思います。

こちらは、日本人の副業者比率。

副業をしている就業者は約 268 万人で有業者に占める比率は 4.0 % で、

副業を希望する人は約 424 万人で有業者に占める比率は 6.4% です。

出典:リクルートワークス研究所『06 副業・兼業 労働政策講義 2019 』より抜粋

このグラフから読み取れることを列挙します。

  • 副業をしている人は、全体の 4%
  • 非正規の副業率は、正規の約 3 倍
  • 副業率は基本的に横ばい。正規はむしろ下がってる
  • 従業員の副業・兼業を許可しない企業が75.8%
  • 企業が従業員の副業・兼業をしない理由が「過重労働になり本業に支障をきたすため」82.7%

 

非正規の人数比率が増えていけば、副業率も増えていくでしょうね。とはいえ、4%とは。

個人的には副業とか当たり前でしょって思っていたので、この数字の低さに驚愕しております。まぁ私の主観なんてどうでもいいですね。すみません。

 

副業・兼業を希望する人は増えている(45歳以上)

 

出典:リクルートワークス研究所『06 副業・兼業 労働政策講義 2019 』より抜粋

このグラフから読み取れることは、

  • 2012年から2017年の5年間で、副業を希望する人が増加
  • 副業を希望する人の増加率は、正規の方が多い
  • 副業・兼業を希望するうちの約7割が、40歳以上

つまり、中高年層のサラリーマンの人たちの中で、副業・兼業したい熱が高まっているということですね。この2012年から2017年の5年間で何があったかと言うと、政権交代・アベノミクス(2012年)、消費税増税延期、外国人観光客激増・爆買(2015年)、日銀マイナス金利(2016年)、日産の品質データ改ざん、電通の違法残業事件、トランプ政権発足(2017年)などなど、、、まぁ不安になるような、大企業にしがみついていてももうダメかも、と思わせるようなニュースが続いたんですよね。

 

サラリーマンでは人生逃げ切れない、という年齢のミドル〜シニア予備軍、くらいが「やべぇ…」てなったんだと思います。でもまぁ、なってない人の方が圧倒的大多数ですけどね。みんな度胸ある。。

 

副業禁止の会社(ブラック)で働くサラリーマンの皆様へ

正規の従業員、つまりサラリーマンは、会社から許可が降りないからやりたくても副業なんてできねーよってことですね。南無阿弥陀仏。。

私もフリーになる前に勤めていた会社は副業禁止でしたね。なのでわかります。

「へたに副業なんかして会社にバレたら人生終わる」

て思いますよね。そもそも、会社で残業しまくって休日はベッドから出ることすらできないほど疲れ切ってる中で、さらに副業とかムリだと思います。当たり前。

 

……うーん。ちょっと書くか迷ったのですが。ズバリ言ってしまおうと思います。

悪いことは言わないので、そういうブラック企業は辞めたほうがいいです。

独立せよとか言うつもりはないですが、もっと環境のよい会社を探す、くらいはした方がいい。どんなに疲れ切っていても。まずは求人サイトを除くだけ、エージェントに登録するだけでも。

放っといたら、マジでブラック企業に人生食い尽くされますよ。

私は本当に、辞めてよかったと思っています。

 

まとめ

  • 日本人の副業・兼業者比率は 4%(希望者は6.4%)
  • 従業員の副業・兼業を許可しない企業が75.8%
  • 企業が従業員の副業・兼業をしない理由が「過重労働になり本業に支障をきたすため」82.7%
  • 副業・兼業を希望する正規は増えているのに、実際の副業率は減っている
  • 企業からすると、従業員が副業することにメリットがない
  • 従業員からすると、一つの企業にすべてを捧げることは、リスクでしかない

 

次回は、システムエンジニアの副業率について見ていきましょう。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

参考になったよ、という方はTwitter(@suekiaoi)やInstagram(@aoi.sueki)などでフォローしていただけると励みになります。

不明点・ご質問などありましたらわたしのTwitter DM(@suekiaoi)にお気軽にどうぞ!

それでは!

末岐 碧衣
  • 末岐 碧衣
  • フリーランス のシステムエンジニア。独立後、一度も営業せずに月収 96 万円を達成。1986年大阪生まれ。早稲田大学理工学部卒。システムエンジニア歴 12年。
    2009年、ITコンサルティング企業に入社。3年目でコミュ障が爆発し人間関係が崩壊。うつにより休職するも、復帰後はコミュ障の自覚を持ち、「チームプレイ」を徹底的に避け、会社組織内においても「一人でできる仕事」に専念。社内外から評価を得た。
    無理に「チームプレイ」するよりも「一人でできる仕事」に専念した方が自分も周囲も幸せにできることを確信し、2015年フリーランスとして独立。