[リスキリング] 平均年収1000万円オーバー、2030年以降も食いっぱぐれない、AI人材・先端型IT人材になる方法

社内SEとかSESでつまんない従来型ITの仕事をやりつつ、しかも社内で落ちこぼれているというあなた。

AI人材に転身して、年収1500万円稼いで、あなたを見下しているやつら全員1500万円札でビンタしてやりましょう。

 

今日は、企業の従業員(システムエンジニア)が、AI人材に転身するための「リスキリング」という方法について、解説していきたいと思います。

ちなみに、私はコミュ障ぼっちでフリーランスのエンジニアをやっています、34歳です。私のプロフィールに興味を持ってくださった方は、ページ下部の筆者紹介、Twitter(@suekiaoi)やInstagram(@aoi.sueki)などからご確認いただければと思います。

 

リスキリングとは?

リスキリングとは、新しい職業に就くため、あるいは今の職業で必要とされるスキルの大幅な変化に適応するために、主には企業が従業員に必要なスキルを獲得させることです。

 

Re スキル、つまり、学び直しってことですね。初心にかえってがんばろ、的な。

 

企業が従業員に、なのでフリーランスの人にはあんまり馴染みがないかもしれません。あと若い人にもピンとこないと思います。でも、最近は大企業の幹部クラス(中高年層)でDX(デジタル・トランスフォーメーション)だのリスキリングだのという言葉が流行っています。私も仕事でお世話になっている方から聞いて知りました。

パリッとしたスーツ着て日経とか読んでるナイスミドルが、よく言ってるイメージ。

 

「DX」とか「リスキリング」とか、ダサくない?

私は34歳というビミョーなお年頃なので、自分を若いとも年配だとも思っていません。まぁ、ちょうど中間層、ということにしています。

そんな中間から20代の人たち、40代以上の人たちの両方を見た時、やっぱDXとかリスキリングとかいう言葉の馴染み方が違うなって。

 

20代の人たちからしてみたら、子供の頃からデジタルで育ってきているので「はぁ? いまさらデジタルトランスフォーメーションとか何言ってんの?マジすか?」ってなる。要するに、トランスフォームする必要がそもそもないから、ピンとこないw そして強烈な「いまさら感」に失笑、、。

リスキリングも必要ない。最初からAI系のスキルを学べばいいのでReじゃないんですよね。

 

逆に、はるか昔にエクセル関数(エンジニアならJavaとかCとかもっと古い言語とか)を勉強した思い出を後生大事に持ち続けてきた 40代以上の人たちからは、「脱アナログしてデジタルを推進しようとしているオレは、最先端を行っている!時代を切り開いている!」的なテンションを感じます。個人的には「デジタル」という言葉が、すでになんかちょっとダサくてあんま好きじゃない。デジタル時代とかデジタル人材とかって、、ねぇ。ですが、それはまぁ置いとくとして。

 

ただまぁ、高齢化の進んだ日本の大企業では、「デジタル化」すらしようとしない抵抗勢力の方が多いので、その中で「DX」とか「リスキリング」とかやってると「自分は最先端だ!」って思うのもムリはないと思いますけどね。

日本では若くてイケイケの人でも、見る人から見たら「え、まだスマホで天気とか調べてんの? ラズパイとIFTTT(イフト)でGoogleHomeに自動読み上げさせれば?」って思われるかもしれません。

要は、まわりにどんな人が多いかというだけの違い。

 

個人的には、常に陳腐化しないように学び直し、成長していこうぜ!というのは大賛成です。

企業が従業員に対して、という狭義のリスキリングではなく、個人だろうがフリーランスだろうが20代だろうが、常に学びなおしていく、というのは必要だと思います。

 

リスキリングの具体的な事例

AT&Tという、世界最古・アメリカ最大手の電話会社が行ったリスキリングの事例をみつけたので紹介したいと思います。

ちなみに、AT&Tは、電話を発明したグラハム・ベル(Alexander Graham Bell)が1877年に創業した「ベル電話会社」を前身とする会社。歴史を感じますね。。

 

AT&Tの事例

従業員 25万人のうち、事業に必要なサイエンスやエンジニアリン グのスキルを持つ人は約半分に過ぎず、約10万人は10年 後には存在しないであろうハードウェア関連の仕事に従事 しているという衝撃的な事実が明らかになった。

 

これが、2008年の調査。

で、AT & T は2020年までに10億ドルを 投下して10万人の従業員のリスキリングを行うことを目指しました。

 

 

 

AT&T のリスキリング施策① ワークフォース2020

リスキリングを促進し、社 内の人材異動を円滑にするための環境整備。

社内の ジョブは、似たスキルを必要とするジョブごとに統合され、 必要なスキルや能力が明示化された。さらに、会社に とって重要性の高いスキルの保有者や関連する訓練コー スでよい成績をおさめる従業員に報いる報酬体系が導 入された。

 

AT&T のリスキリング施策② キャリアインテリジェンス

従業員のキャリア開発支援ツール。従業員が 社内の就業機会を検索し、その部門の今後の見通しや 賃金の範囲などの情報を入手し、そのポストに就くために 自分に必要なスキルを知ることができる。

 

AT&T のリスキリング施策③ オンラインの訓練コース

外部の教育プラットフォームとも連携し、WEB開発、データ分析、プログラミングなどで単位を取得できるコー スを提供するほか、複数の大学と連携し、データサイエ ンスやサイバーセキュリティなどの学位プログラムも提供し ている。

 

大企業だと、環境(評価とか報酬とか)から整えなきゃいけないからすごい時間かかりますよね。。2008年から2020年の取り組みって、、、、気長やぁ。

比較して、個人とかベンチャーは身軽で良いですね。私は一生身軽で行きたいとおもってますw

 

2030年以降も食いっぱぐれない、AI人材・先端型IT人材へのリスキリング

以前、システムエンジニアにも従来型、先端型の2種に分けることができる、という話をしました。

システムエンジニアの年収幅が異常な理由(300〜1500万円)

でね、なんで私がリスキリング大事って思っているかと言うと。給料が安いとかもあるんですが、もっとおおきな問題があるのです。

従来型は、2030年には需給バランスが逆転している可能性がある、ということ。

出典:IT 人材需給に関する調査(みずほ情報総研株式会社)

このグラフだと、従来型は2028年で需要が供給を下回ります。つまり、「人あまり」の状態になるってことです。仕事が減って、取り合いになっちゃうよってことです。

いまはどこも人が足りないからテスターだろうがプログラマだろうが未経験だろうが探せば仕事はみつかります。しかし、この状況も長くは続かんよってことです。この2028年の需給ギャップ逆転に備えて、いまからリスキリングしといたほうがいいぜ、と思うのです。

しかも、リスキリングは早ければ早いほど良い。なぜなら、いまはマジでAIできる人が全然いないので超ブルーオーシャンだから。

私とか普通にIT企業で社畜やってた頃はクソ落ちこぼれでしたから。それでも、ちょっとAIかじっただけで年収3倍になりました。ホントにオススメ。機械学習、いろんなことができて楽しいしね。自分が一番くわしいから、「そんなことも知らないの?」て怒られたり呆れられたりすることもありません。

社内SEとかやって社内で落ちこぼれているくらいなら、AI人材に転身して社内で古臭いスキル振りかざしてるやつら全員見返してやりましょう! 1500万円札でビンタしてやりましょう!!!(昔のことを思い出して燃w

 

まとめ

  • DXとかリスキリングとか、若い人にはピンとこないw
  • でも一生学び直し、一生勉強という意味では、リスキリングには大賛成
  • いまAI人材にリスキリングしたら年収3倍〜5倍になる

 

参考文献

『リスキリング 〜デジタル時代の人材戦略〜』リクルートワークス研究所 (2020/09)

reskilling2020.pdfpdf ファイル
reskilling2020.pdf www.works-i.com
reskilling2020.pdf

 

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

参考になったよ、という方はTwitter(@suekiaoi)やInstagram(@aoi.sueki)などでフォローしていただけると励みになります。

不明点・ご質問などありましたらわたしのTwitter DM(@suekiaoi)にお気軽にどうぞ!

それでは!

末岐 碧衣
  • 末岐 碧衣
  • フリーランス のシステムエンジニア。独立後、一度も営業せずに月収 96 万円を達成。1986年大阪生まれ。早稲田大学理工学部卒。システムエンジニア歴 12年。
    2009年、ITコンサルティング企業に入社。3年目でコミュ障が爆発し人間関係が崩壊。うつにより休職するも、復帰後はコミュ障の自覚を持ち、「チームプレイ」を徹底的に避け、会社組織内においても「一人でできる仕事」に専念。社内外から評価を得た。
    無理に「チームプレイ」するよりも「一人でできる仕事」に専念した方が自分も周囲も幸せにできることを確信し、2015年フリーランスとして独立。