「どう考えても辞める以外に道はない」と確信できるまで、会社を辞めない方が良い理由

月曜日が憂鬱でたまらない、仕事がつまらない、毎日おなじことの繰り返し、社畜人生にウンザリ。

そうは言っても、現実問題、会社を辞めるなんてできないよ! でも辞めたほうがいいのか!?

 

今回の記事は、そんな悩みがぐーるぐるぐーるぐる頭の中を回っているあなたにお届けします。

今日の内容を実践すれば、少なくとも、二度とこの「会社辞めるか否か」問題で繰り返し頭を悩ませることはなくなるでしょう。

 

ちなみに、私はコミュ障ぼっちでフリーランスのエンジニアをやっています、34歳です。私のプロフィールに興味を持ってくださった方は、ページ下部の筆者紹介、Twitter(@suekiaoi)やInstagram(@aoi.sueki)などからご確認いただければと思います。

 

「どう考えても、絶対に、辞める以外に道はない!」と確信できるまでは辞めない、と決める

「会社を辞めるか否か」、気づいたらぐるぐる考えてしまっているあなたが、まず第一にすべきこと。

それは、「絶対に辞めるべきだ、辞めるしかない!」と確信できるまで会社を辞めない、と心に決めることです。

なぜなら、迷いや不安・恐怖がある状態では、冷静に考え、検討することができないから。

 

会社を辞めるという決断は、あなたにかなりの負担を強いるものです。

だってすごい怖いことですから。会社を辞めるって。

これまで会社にいた時間がながければ長いほど、いきなり一人で飛び出して、路頭に迷ったらどうすんねん、と。考えるのはめちゃくちゃ普通のことであります。だからこそ、これまで決断できずに悩み続けてきたわけであって。

「会社を辞めるか否か」をいきなり考えてもぐるぐるぐーるぐるするだけなので、まずは「どうしても、どう考えても、絶対に、辞めるしかない!」と確信できるまでは辞めない、と決めてください。

それでようやく、冷静に検討できる態勢になれます。

 

「サラリーマン」はアタリ馬券。簡単に捨てていい地位じゃない

たとえば、自分の子供(もしくは親しい友人)が「オレ、会社辞めて◯◯(あなたが会社をやめてやりたいこと)になる」って言い出した状況を思い浮かべてみてください。

そうすると、第三者の視点から、そのことのリスクや成功確率を厳しく審査できます。他の方法を冷静に提示することもできるかもしれません。

厳しい審査をくぐり抜けて、「もう辞めるしかない、絶対に!」と確信できないなら、会社に残るのが正しいと、私は思います。中途半端な気持ちでエイヤって決めても、きっと後悔するから。

サラリーマンという地位は、あなたが厳しい受験戦争を勝ち抜いて、親が高額の学費を出してくれて(もしくは奨学金で)、就活で喉から血が出るほど希望動機を語って、ようやく勝ち取ったものです。大変な時間と労力をかけて、親にも助けてもらって、手に入れたもの。

そう簡単に、放棄して良いものじゃないと思うんですよ。

 

私自身、会社を辞めて独立して、いまは結果的に良かったと思っていますが、会社を辞めるという最終決断を下すまでには3年かけました。

3年間で何をしていたかと言うと、部署異動したり、業務内容を変えてもらったり、チームプレイではなく個人で仕事させてもらったり、社内でできることは全て試しました。思いつくことは全てやった上で、辞めたあとは怖いけど「もうこの会社に残る理由はひとつもない」と確信を持って辞めました。

時間はかかりましたが、社内でいろいろやらせてもらった経験が、その後の受注に繋がっていたりします。

思い立ったが吉日、とか、インフルエンサーの言葉にのせられてアッサリ辞めていたら、絶対に得られない「もうひと踏ん張り」の経験ができたと思っています。

 

まとめ

  • 不安や恐怖で凝り固まっている状態では、冷静に考えることができない
  • 確信できるまで辞めない、が正しい
  • サラリーマンは、基本的に「アタリ馬券」であることを忘れないで

 

次回はここまで読んでもまだ「会社を辞めるべきか否か」を検討したいと思ってる方に向けて、超具体的な検討ステップ5つを紹介します↓

会社辞めるか否か、辞めたらどうなるか、を明らかにする超具体的な検討ステップ5つ

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

参考になったよ、という方はTwitter(@suekiaoi)やInstagram(@aoi.sueki)などでフォローしていただけると励みになります。

不明点・ご質問などありましたらわたしのTwitter DM(@suekiaoi)にお気軽にどうぞ!

それでは!

末岐 碧衣
  • 末岐 碧衣
  • フリーランス のシステムエンジニア。独立後、一度も営業せずに月収 96 万円を達成。1986年大阪生まれ。早稲田大学理工学部卒。システムエンジニア歴 12年。
    2009年、ITコンサルティング企業に入社。3年目でコミュ障が爆発し人間関係が崩壊。うつにより休職するも、復帰後はコミュ障の自覚を持ち、「チームプレイ」を徹底的に避け、会社組織内においても「一人でできる仕事」に専念。社内外から評価を得た。
    無理に「チームプレイ」するよりも「一人でできる仕事」に専念した方が自分も周囲も幸せにできることを確信し、2015年フリーランスとして独立。