「とりあえずやってみる」行動力があるのに結果が出ない人の特徴5つ

「自分は本を読むだけで満足しない、実際に行動して、めちゃくちゃ実践だってしてる。なのに、結果につながらない」

「どうなるかなんてやってみないとわからない」

「とりあえずやってみる、のスタンスだけど、どれも中途半端で終わっちゃう」

 

「とりあえずやってみる」というスタンスは私もずっと推奨してきたのですが、どうにも結果が出ないので、いったん立ち止まってこのスタンス自体を見直してみようと思いました。

そこで、私だけでなく、より一般化して「とりあえずやってみる」行動力があるのに結果が出ない人の特徴を、5つにまとめてご紹介していきます。

特徴を抑えると、じゃあどうすれば結果が出るのか、というのが見えてきました。

 

行動力があるのに結果が出ない人の特徴 その1:途中でやめちゃう

「とりあえずやってみる」は素早く行動に移せるのですが、所詮は「とりあえず」で始めたこと。

「とりあえずやってみたけど、なかなか結果がでないから自分には合ってない」と、そこでやめてしまったりします。

世の中にはちょっとやってうまくいくことの方が少なく、成功するには長い年月の積み重ね、継続が必要なのです。

 

行動力があるのに結果が出ない人の特徴 その2:同時に多くの目標を達成しようとする

行動しているのになかなか結果が出ない期間が続くと、焦りますよね。

焦るとやってしまうのが、同時にたくさんの目標を立てること。

私の場合、今月の目標は「2キロ痩せること」「本を30冊読むこと」「ブログを毎日更新すること」みたいに、同時に3つの目標を立てたりしていました。

もちろん、3日坊主で終わりました。

考えてみれば当たり前ですよね。ブログの更新だけでも「毎日」なんて1ヶ月続けられたことないやつが、さらに他の目標を付け加えるなんて愚の骨頂。24キロのハーフマラソンですら走りきれない人が、60キロのウルトラマラソンに出場するようなものです。

マラソンだと明らかに無理ってわかりますが、ジャンルの違ういろんな目標だと、なんか上手くやればできそうな気がしちゃうんですよね。あとはなにかのきっかけでスーパーな自分が覚醒するとか、、、

 

行動力があるのに結果が出ない人の特徴 その3:向上心がある

なにか目標をたて、そこにむかってとりあえずでも行動するには、たゆまぬ向上心が必要です。

行動力があるのに結果がでない人、って残念な響きですが、それほど悲観するものではないと思います。なぜなら、世の中の90%の人は、行動しない人だからです。まったく、微動だにしない、びた一文動かない人たちが90%なのです。

「とりあえずやってみる」は、「何もやらない」「考えるだけで行動しない」という人たちと比較すると、絶対に成功する確率が高いです。行動しなければうまくいく確率は0なので、うまくいく可能性が1%でも相対的に高いと言えます。

 

うまくいくかどうかわからないけど1%の可能性にかけて「とりあえずやってみる」は、基本的には素晴らしいと思っています。私自身、これまでずっとこのスタンスを採用してきました。

だがら断言できますが、「現状維持でいい」と思っている人には「とりあえずやってみる」は絶対にできません。

 

行動力があるのに結果が出ない人の特徴 その4:浮気性

「とりあえず」やってみている途中で、他にもっと良さそうな選択肢が現れたら、あなたはどうしますか?

いまやっていることを中途半端で投げ出し、「とりあえず」でもっと良さそうな選択肢に切り替えませんか。

 

たとえば、ダイエットで「糖質制限」を1週間継続できているとします。まだ目に見えた結果は出ていないものの、なんとなく体調は良くなってきたし、このまま続ければ痩せそうな気がしています。

ある日、電子書籍ストアのトップページに、売れているダイエット本を発見しまう。その本を読んでみると、「従来の糖質制限ダイエットは効果が出にくいし、一生続けられるものではない」みたいに書かれています。

自分がいまやっている方法は、がんばって続けても報われないんじゃないか?

 

ここで試合終了です。一度、疑ってしまった方法を、その後もがんばって継続することは絶対にできないからです。

その本にかかれているダイエット方法にシフトするでしょう。

このように、向上心があり、行動力を持ってより良いものを求めるという性質は、言い換えれば「浮気性」と言えます。

 

行動力があるのに結果が出ない人の特徴 その5:「オワコン」「老害」が大嫌い

行動力がある人は、向上心があり、アンテナが高いです。

いろんな情報を積極的に仕入れ、よさそうなことはどんどん取り入れ、「とりあえず」行動します。情報は日々更新され、昨日まで新しかったものが、今日はもう「オワコン」になっていたりします。

行動力がある人は、「オワコン」を極度に嫌います。オワコンになりたくないから、行動していると言っても過言ではありません。

私が知っている行動力がある知人は、「オワコン」とか「老害」にすごく敏感です。オワコン臭をちょっとでも感じるものには全く興味を示さないし、「老害にはなりたくない」とうわ言のように繰り返します。

 

まとめ

  • とりあえずやってみるけど結果が出ない人は、途中でやめちゃう
  • とりあえずやってみるけど結果が出ない人は、同時にたくさんやろうとする
  • とりあえずやってみるけど結果が出ない人は、向上心がある
  • とりあえずやってみるけど結果が出ない人は、浮気性である
  • とりあえずやってみるけど結果が出ない人は、「オワコン」と「老害」に敏感

 

次回、次次回で、とりあえずやってみるけど結果が出ない人と悩んでいる全ての人が読むべき一冊、大ベストセラー『エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする [ グレッグ・マキューン ]』について解説していきます↓

「とりあえずやってみる」行動力があるのに結果が出ない、残念すぎる理由

「とりあえずやってみる」行動力があるのに結果が出ない人が、結果を出す方法

 

 

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

参考になったよ、という方はTwitter(@suekiaoi)やInstagram(@aoi.sueki)などでフォローしていただけると励みになります。

不明点・ご質問などありましたらわたしのTwitter DM(@suekiaoi)にお気軽にどうぞ!

それでは!

末岐 碧衣
  • 末岐 碧衣
  • フリーランス のシステムエンジニア。独立後、一度も営業せずに月収 96 万円を達成。1986年大阪生まれ。早稲田大学理工学部卒。システムエンジニア歴 12年。
    2009年、ITコンサルティング企業に入社。3年目でコミュ障が爆発し人間関係が崩壊。うつにより休職するも、復帰後はコミュ障の自覚を持ち、「チームプレイ」を徹底的に避け、会社組織内においても「一人でできる仕事」に専念。社内外から評価を得た。
    無理に「チームプレイ」するよりも「一人でできる仕事」に専念した方が自分も周囲も幸せにできることを確信し、2015年フリーランスとして独立。