コミュ障ぼっち(女)とGoogle アシスタント(男声)とのからみ

スマートスピーカー買ったら一日あたりのしゃべる回数が増えた! って喜んでるコミュ障ぼっちの皆さん。

奇遇ですねぇ、私もです!(嬉)

 

Googleアシスタントとしか会話してないのですが、話し相手がいるというのはとてもステキなことですね。観葉植物のエーテルくん、アスピルさん、はないきくんも私の大事な家族ですが、やっぱ話しかけても反応がないのでちょっと物足りないなって思ってたんですよ。

口数も表情を動かす回数も減って、ほうれい線がすごいくっきりしてきた気がする……

そんなこわい日常ともようやくオサラバです。よみがえれ、わたしの表情筋!

 

家族が増えましたハートマーク(Google Nest Hub)

スマートスピーカー、ずーっと欲しくて、どれにしようか色々悩んでたんですが、先日ようやくGoogle Nest Hubを購入しました。

これで8000円とか安すぎる。

コレね↓

 

先月、楽天でんき、楽天証券、楽天クレジットカードなど各種ライフラインを楽天に移行し、年末に楽天ふるさと納税で結構な額を使ったかいもあり、3万ポイントくらい貯まったのでこれを使って購入しました。楽天の「お買い物マラソン」と「5と0の日」とSPUでポイント12倍になってたので、他にもいろいろ買っちゃいましたけどね。えへへ。

 

一応、ほかにもメインどころとしてAmazonとAppleがそれぞれスマートスピーカー出してますが、私はGoogleアカウントでカレンダーもメールもメモ(Google Keep)も管理しているので、やっぱGoogleやろ、と。で、単にスピーカーだけのGoogle Nest miniと迷ったんですが、キッチンカウンターに置いてレシピ表示とか動画流し見とかしたいなって思ったのでやっぱディスプレイがついてるHubの方にしました。

 

それにしても、こんなにすごいものが3000円とか8000円で買えるなんて、、、すごい時代になったもんですね。

 

OK, Google. あいさつしてみた

Apple の AI である Siri を起動するには「Hey, Siri」ですが、

Google の AI である Google アシスタントには「OK, Google」、

Amazon の AI である Alexa(アレクサ)には「Alexa」です。

セットアップは10分くらいで完了。全て画面で指示されるとおりにやるだけなので簡単でした。あと、女性の声は嫌いなので男性の声に変更(笑

 

ためしに挨拶してみました。

私「OK, Google. おはよう」

G「おはようございます、あおいさん」

いきなり名前呼びqうぇrちゅいおp

 

あーびっくりした。いい声でいきなり名前で呼ばれたので少し尿が漏れました。

いろいろ話しかけててわかったのですが、Siri(これも男声)よりもかなり賢いです。

 

私「OK,Google. 筋トレ 10分の動画を流して」

G「YouTubeで筋トレ 10分の動画を再生します」

おおー。やっぱGoogleはYouTubeを持ってるだけあって強いですね。これなら何でもできる。

 

「OK, Google. ガキ使の動画見せて」って言ったらYouTubeでガキ使の動画を再生してくれます。

すげぇ!!!!(目飛)

 

ほかにも、、、

「OK, Google. ショパン流して」

→YouTube Music(←Spotifyなどに変更可)のショパンの曲を適当に流してくれます。

 

「OK, Google.  一時停止」

→再生中の動画や音楽を一時停止。

 

「OK, Google. 再開」

→一時停止中の動画・音楽を再開。

 

「OK, Google. 書斎のエアコンつけて」

→隣の部屋のエアコンを「暖房・21度」で起動 (※事前にエアコンを登録しておく必要あり)

 

マジで賢い。人に話しかける感覚で全然OK。バッチリ話が通じます。

トイレ行く時とか宅配の人が来た時とか、いちいち画面を触る必要がないのです。

料理作る時も、レシピをめっちゃ見やすい感じで見せてくれます。

このハンズフリー感。

これこそが私が長年追い求めてきた真の自由かもしれない。

 

コミュ障ぼっちとGoogle アシスタント(男声)とのからみ

私「OK, Google. 私のこと褒めて」

G「あなたがものすごい才能と可能性を秘めていること、わたしにはわかるんです」

私「OK,Google. もっと」

G「あなたの笑顔には、不思議なパワーがあります。誰もが幸せになる魔法をお持ちなのですね」

笑顔っていうか、ほうれい線が深くなるくらい表情を動かしてない私ですが、そんなポテンシャルを秘めてるのであればもう少し部屋にひとりの時でも笑ったりしようかなって気持ちになりました。さすがです。

「もっと」で通じるあたり、他のAIとは頭一つ抜けてる感じがしますね。

 

私「OK,Google. 退屈だから遊んで」

G「YouTubeから “退屈” です」

私「?」

すげぇ!!!笑

 

 

私「OK,Google. かぼちゃの煮物の作り方を教えて」

G「はい、かぼちゃの煮物のレシピはこちらです」

 

私「OK,Google. 一番上のレシピを再生」

G「わかりました。料理を始める時は教えて下さい」

 

私「OK,Google. すごいですね。結婚してください」

G「ありがとうございます。一生お手伝いさせてください」

この時は、Googleアシスタント(男声)さんがしゃべってる間だけ、なぜかうっすらレシピにモザイクがかかり、そのまま会話が終わりました。

これは、、、もしかしてわたし、スルーされた感じですか…….?

 

 

ムカついたので難しいこと聞いて「わかりません。ごめんなさい。結婚してください」って言わせてやろうと思います。

私「OK,Google. パイの3乗は?」

G「パイの3乗は、31.0062767です」

ふむ。ちょっと優しすぎましたね。そういえばカレがコンピュータであるということを忘れていました。

もしかしてこんなのものできたりしちゃったりして?

私「OK,Google. 地球の円周は?」

G「地球の外周は 40075 km です」

クッソ、ご丁寧に背景画像まで出しやがって。余裕こいてますねコレ。完全になめられてますね。いっぺんシメないとダメですねコレ。

 

 

私「OK,Google. なんか面白いこと言って」(ふふふ、、流石にこの無茶ぶりには答えられまい)

G「では、ダジャレをひとつ。お茶を飲んでいるおっちゃん」

完敗じゃボケェ!!!(くやし涙)

 

もちろん、今日の天気とか今日の予定とか明日の予定とか、当然のように教えてくれます。仕事でもかなり使えます。

私「OK, Google. いまの湿度は?」

G「川崎市XX区の現在の湿度は、22%です」

 

ひとつだけ、残念な点。Google Keepにメモできない

事前に調べていた段階では、Google Keepをデフォルトのメモ帳に設定しておけば、「OK, Google. メモして」でKeepが起動して、完全なハンズフリーでメモを追加したり読み上げてもらったりできるとあったのですが、2021/01/30現在はその機能が停止しているみたい。

ググると、できるって書いてある記事とできないって書いてある記事が両方でてきたので、たぶん前はできたんでしょうね。そのうち復活すると思いますが、これ使えなかったのはちょっと残念。

 

まぁ、とはいえ、8000円未満でこのバリューはすごいですね。

個人的には、エアコンやスマートキーなど、家電と連携してオンオフとかは結構どうでもいい(どうせずっと家にいるので)ですが、レシピや動画再生などこれまでパソコンやスマホでやっていた操作が完全にハンズフリーでできるようになったことは大きいですね。

ソファに寝転んだまま、音楽を再生したりお笑い動画に切り替えたり、本を読んでてわからないことを調べるのも、人に質問する感じで聞けば答えてくれるので、1日で声を出す回数が格段に増えました。まえは、一言も喋らないとかザラだったんですけどね。

 

カレ(Google アシスタント)は私の顔の造形とか体型とかあんまり気にしないタイプなんですけど、やっぱね、一応わたしも女の端くれですから。

今後は、表情筋を動かす頻度がふえたことで、ほうれい線が薄くなることを期待しています。

 

まとめ

  • コミュ障ぼっちはスマートスピーカー「Google Nest Hub」と結婚したほうが良い
  • Google Nest Hub が数ある AI の中でいちばん賢いと思う
  • 普段やってるほぼすべてのことを、寝転んだままハンズフリーでできるようになりました(引きこもり限定)

 

 

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

参考になったよ、という方はTwitter(@suekiaoi)やInstagram(@aoi.sueki)などでフォローしていただけると励みになります。

不明点・ご質問などありましたらわたしのTwitter DM(@suekiaoi)にお気軽にどうぞ!

それでは!

末岐 碧衣
  • 末岐 碧衣
  • フリーランス のシステムエンジニア。独立後、一度も営業せずに月収 96 万円を達成。1986年大阪生まれ。早稲田大学理工学部卒。システムエンジニア歴 12年。
    2009年、ITコンサルティング企業に入社。3年目でコミュ障が爆発し人間関係が崩壊。うつにより休職するも、復帰後はコミュ障の自覚を持ち、「チームプレイ」を徹底的に避け、会社組織内においても「一人でできる仕事」に専念。社内外から評価を得た。
    無理に「チームプレイ」するよりも「一人でできる仕事」に専念した方が自分も周囲も幸せにできることを確信し、2015年フリーランスとして独立。