[絶対に仕事しない休日] 仕事関係の情報を丸1日完全に遮断する方法

どうも、末岐碧衣です。

休日にスマホいじってたら、仕事関係の人からメール(もしくはLINE)が来てるのを見つけちゃって、なんだか休まらないなぁってことありませんか?

かといって、仕事用、プライベート用でスマホやパソコン自体を2つ持ち、3つ持ちにして完全に分けてしまう、というのも難しいし、逆に不便だったりします。

 

私は休日は休日で仕事のこととか一切考えたくない人なので、仕事のメール通知(Gmailの未読バッジとか)すら見えちゃうのすら避けたいのです正直。だって、読んじゃったら返信しなきゃいけないでしょ。返信って仕事じゃん。ちょっと調べたり作業しないと返信できないことだってあるし。

こういうのを「ちょっとだしやっちゃお」ってやってると、だんだんオンとオフの境目がグズグズになっていって、「なんか最近休んだ気がしないな」ってなるんですよね。。

かといって、返信しない!断固返信はしない!メールもみない!って思っても、未読バッジを見た瞬間から「なにか仕事が振られたのかもしれない……」と仕事のことが気になりだし、「あー明日アレとコレがあるけど、追加で何か来たらやべぇな……」「アレ大丈夫かな?◯◯やったっけ?」って、休日の残りの時間をなんだかモヤモヤした気持ちで過ごすことになったりして。美味しいもの食べても味がしない、映画を見ても集中できない。

せっかくの休日が、台無しじゃボケェ!!!(血涙)

私は、オンとオフの切り替えを超大事にしています。なぜなら、オンのときに超頑張るためには、きっちりオフの時間を確保しないと無理だからです。にもかかわらず、それがすっげー難しい。リモートワークだと場所はオンもオフも自宅、GmailやLINEなどプライベードでも仕事でも使うアプリもあり、自分で境界線を引かないとマジでオンもオフもなくなっちゃいます。

24時間営業できる人間なんていないので、オフの時間は自分で守っていかねばならんのです!

すみません、なんか熱くなっちゃいました。はずい。

 

ということで、今回は「絶対に仕事しない休日」をテーマに、わたしが実際にやっている方法をご紹介します。

 

「絶対に仕事しない休日」の実現方法① スマホのホーム画面を整理する

丸一日スマホを触らないって結構難しいですよね。私は今年から基本キャッシュレス決済にしているので、スマホがないと買い物もできません。メモもGoogle Keepというアプリで取っているし、プライベードの予定もGoogle カレンダーに登録しています。友達いないぼっちだろうが、もはやスマホがないと生活もままなりません。

一方で、仕事の連絡も、Gmail、メッセンジャー、LINEなどいろいろなアプリから来ると思います。

スマホを触らないと生活できないけど、仕事の連絡もスマホに来る。何もしなけければ、休日だろうが雨が降ろうが槍が降ろうがどんなに宇宙の法則が乱れようが、仕事の連絡から逃れることはできないのです。

 

私は、Gmailとか、プライベートでもよく使うので1ページ目に置いてたんですが、これだと料理作る時にクラシル開こうと思ってホーム画面が見えた瞬間、Gmailも見えちゃうんですよね。で、赤い未読バッジが増えてたりすると、ほぼ反射的にタップして開いちゃう。

だいたい、どうでもいい迷惑メールか、仕事の連絡(別に急ぎでもなんでも無いやつ)です。迷惑メールはうざぁ!ってなるし、仕事の連絡は気になっちゃう、、、といういつもの流れになります。

だから、1ページ目にGmailとか置かなきゃ良いんじゃね!? ってひらめいたのです。

 

 

ということで、プライベートでスマホを使っても、仕事の連絡が「見えない」ようにすればOK、ってことにしました。

具体的には、仕事関連のアプリを2ページ以降に移しただけ笑

  • 1ページ目:プライベートで必要なアプリ(電子マネー、レシピ、カレンダー、メモ、やめられないゲーム笑、等)
  • 2ページ目:仕事やその連絡で使うアプリ、他

私のホーム画面1ページ目はこんな感じ。

ぼっちですが、LINEは母との連絡で毎日使うんですよね。。なので、1ページ目。

仕事の連絡も、極稀にですが、緊急の時だけ来る感じです。まぁ緊急の時は仕方ないので、1ページ目に置いてます。急ぎじゃないのにLINEにどうでもいい仕事の連絡してくる人は、その人だけ通知をオフにしておくこともできます。(LINEではトークやグループごとに通知をオフにできます)

まぁ、予め「LINEは緊急のときのみで」って伝えておけば、そんな人、滅多にいないと思いますけど。

 

「絶対に仕事しない休日」の実現方法② スマホの通知は基本「バッジのみ」にする

せっかくホーム画面を整理しても、ロック画面の「通知センター」でずらずら表示されては何の意味もありません。デフォルトだと大抵のアプリのPUSH通知はロック画面に表示されてしまうので、私は「バッジのみ許可」にしています。

あんまり共感してくれる人がいないのは百も承知ですが、ぶっちゃけ、なんかやってる途中に着信音にジャマされるのが嫌なのです(笑)邪魔者はすべて排除したいのです。とにかく、強制的に中断させられるのが嫌。たとえば、仕事中にNHKの集金人にチャイム鳴らされたらむかつきますでしょ。

なにごとも、自分のタイミングで対応したいんですよね。できるだけ。人にアレやれコレやれってピンボールみたいに転がされるの、不愉快だし。

コレ言ったら引かれるかなぁ……実は私の場合、電話も鳴りません。

着信があればバッジが表示されます。奇跡的に、たまたまスマホを触っているタイミングでかかってきたら(番号によっては)出ますけど、基本銀行からのセールスとかどうでもいいやつばっかなので、通知オフってやりました。おかげで、それ以来すごい快適。

 

……そんなんだからいつまでたってもぼっちなんだよ! 私のばかぁっ!!!

 

仕事の緊急の連絡、すぐに気づけなかったらやばくね?問題

バッジのみにしていると、緊急で電話がかかってきた時にすぐ気付けないからやばくないですか? って声が聞こえてきそうですね。もちろん、それは私も考えました。サラリーマンだった頃は、24時間365日でシステムの運用保守をしていたのでPHSを肌身放さず持ち歩いていました。

でも、それは、そういう契約だったからです。

 

「いつでもどこでも緊急対応します」って契約なら、諦めるしかないですね。でも、普通のサラリーマンやフリーランスだったら、普通は平日の9:00-17:00の契約になってると思います。仕事がどんだけ緊急だろうが、基本、時間外は従業員じゃないですから。関係ないですから。

もちろん、サラリーマンはそういうわけにもいかないって気持ちもわかります。私もそうでしたから。

でもツライなら、独立するなり、時間外までがんばって働かなくても許してもらえる会社に転職するなりで、こういうわがままも通る環境を選べたりするってことも、頭の片隅に置いておいてもらえればと。がんばりすぎて、ご自身が壊れちゃうのが一番ダメですからね。

 

「絶対に仕事しない休日」の実現方法③ Googleアカウントを分けて、ブックマークを最適化する

仕事はMicrosoftのOutlook、プライベートはGoogleアカウント、みたいにそもそも仕事で使っているサービスが違うならここは読み飛ばしてください。

 

リモートワーク、フリーランスなどの人は、仕事もプライベートもGoogleアカウントでやってるとか、結構いるんじゃないですかね? 私は以前、プライベートも仕事も同じアカウントでやっていたのですが、これがすんごい不便でして。

というのも、ブラウザの「ブックマーク」機能。仕事の時にブックマークしたいページと、プライベートでブックマークしたいページって違うじゃないですか。仕事中に、ブラウザのブックマークバーにお気に入りの動画サイトへのリンクが見えてたりすると、ついポチりたくなっちゃいます。

かといって、ポチりにくい階層までフォルダを切って保存すると、こんどはプライベートですぐ動画見たい時に面倒くさい。しかも、仕事で参照するページとかAsanaやらChatworkやらがずっとブックマークに表示されていると、ぜんぜんリラックスして休めません。

 

MacユーザはデフォルトのブラウザはSafariになっていますが、これをChromeに切り替えることで、めちゃくちゃ快適にオン/オフきりかえできるようになったので、ぜひここで紹介させてください。

仕事用と、プライベート用で、Googleアカウントを別に作ります。

で、Chromeの右上のアカウント画像をポチって切り替えるだけ。

ブックマークはアカウントごとに作成されるので、ブックマークごと切り替わります。

わたしの場合はこんなん。

<仕事用>

<プライベート用>

 

Chromeでは、Googleアカウントごとにブックマークを切り替えることができるので、めっちゃ便利です。

休日はプライベートのアカウントでChromeを使えば、パソコンを使う時も仕事を切り離すことができます。しかも、閉じたときの状態でタブも保存されるので、またいちいちいろんなページを開き直す手間が省けます。超時短。

Zoom会議とかで画面共有してうっかりプライベートでつかうブックマークが移ってしまう、みたいな事故も防げます。

Safariで仕事もプライベートもごちゃまぜな人は、すごい快適になると思うのでぜひためしてみてください。

 

まとめ

  • スマホのホーム画面の1ページ目から、「仕事」を排除する
  • スマホのPUSH通知は「バッジのみ」許可にする
  • パソコンは、Googleアカウントを仕事と私用で分けて、Chromeで切り替える

それでは!

末岐 碧衣
  • 末岐 碧衣
  • フリーランス のシステムエンジニア。独立後、一度も営業せずに月収 96 万円を達成。1986年大阪生まれ。早稲田大学理工学部卒。システムエンジニア歴 12年。
    2009年、ITコンサルティング企業に入社。3年目でコミュ障が爆発し人間関係が崩壊。うつにより休職するも、復帰後はコミュ障の自覚を持ち、「チームプレイ」を徹底的に避け、会社組織内においても「一人でできる仕事」に専念。社内外から評価を得た。
    無理に「チームプレイ」するよりも「一人でできる仕事」に専念した方が自分も周囲も幸せにできることを確信し、2015年フリーランスとして独立。