[不動産投資][合同会社][決算] 自力でやる!神アプリを使った決算・申告のやり方と注意点(小規模な会社向け)

どうも、末岐碧衣です。

突然ですが、小さな会社の社長さん、自力でかんたんに決算・申告して税理士費用を浮かせたい、って思いませんか。

 

私は不動産投資を法人(合同会社)で行っていて、いわゆるひとり会社の社長ってやつなのです。さきほど、初年度の決算〜確定申告まで書類作成を終えて提出してきました。税理士に頼まず、自力でやりました。

自力と言っても、本を読んで一生懸命勉強して電卓ポチポチしながら手書きで申告書を作ったわけではありません。もちろんExcelでもない。

いまは会計・申告関連の神アプリが充実しているので、法人だろうが小規模ならこれで全然問題ないのです。私はド素人もいいところですが、全部自力でできちゃいました。

丸1日かければ、初めてでも取引登録、決算から申告までできちゃいます。電子申告すれば、もっと速いかも。1日で終わる作業に、20〜30万円も税理士費用を払うのって、ちょっともったいないですよね。

 

使うアプリは後述しますが、マジですばらしいありがたい。

 

法人の決算は素人には無理、と言われる理由

自力でやってみて、ググると「会社の決算は素人には無理だから税理士費用は20〜30万円を見込んでおけ」って記事ばかりな理由もわかりました。

私が使ったのはFreeeという会計アプリ。法人の会計にも対応していて、会社設立のときからお世話になっています。取引登録などもFreeeでずっと行ってきました。

Freeeでの決算は、個人事業でやっている確定申告と同じようなもんだと思っていたので、取引登録だけちゃんとやっておけば、あとはほぼ自動でFreeeに決算書を作成してもらって、そのまま提出すればいいだろ、と甘く考えていました。

ここが勘違いで、

「決算」と「申告」は別なのです。

会社の決算=個人の確定申告、ではないのです。会社の場合、決算して、それから青色もしくは白色で確定申告をするのです。

なにいってんの、当たり前やろって思った人もいるかもしれませんが、、、ここに超デカい落とし穴がありまして。

 

「決算」までは会計Freeeでほぼ自動でできるんですよ。けど、それを「申告」するときに必要な書類というのが別であり、会計Freeeでは作成できないのです。

正確に言うと、Freeeでも申告の対応はしているんですが、申告Freeeという税理士専用の機能みたいになってて、一般ユーザでは利用できないのです。(事務所を持ってる税理士さんがアドバイザー登録すると使えるようになる)

だから、決算書は作成できるけど、申告書は作成できない↓↓。。。マジか、と。

ちょっとわかりにくいのですが、「法人税申告書(各種別表)」の別表とはなんぞや?ってのが以下。

で、公式(国税庁のHP)に飛んで説明を読もうとしたんですが、、、、

ズラァァァ……っと。

なんすかこの長い表。

よくわかんないけど、もう無理っぽい、と(笑)

 

つまり、決算までは自力でFreeeの力を借りてできたパンピーも、申告するには税理士に頼まざるを得ない、と言う感じでした。これがわかった時には絶望しかありませんでしたね。

ただ、ご安心下さい。救いの神アプリを見つけました。

 

 

自力でやる!決算・申告(小規模な会社向け):準備するもの

会計アプリ、申告アプリを使います。それぞれ有料。

Freeeと全力法人税なら、年間利用で約4万円。税理士に丸投げした場合の相場20〜30万円に比べたら破格です。

創業間もない会社なら、なにかと物入りだし、キャッシュは残しておきたい社長も多いのではないでしょうか。自力でやって間違ってたらどうすんねん!って思うかもしれませんが、仮に間違ってても修正申告すればOKなので。修正申告も、規模が小さければ1万円とかでできるので、そんなにリスクも高くないと思います。

 

自力でやる!決算・申告(小規模な会社向け):作業の流れ、所要時間

会計アプリ(Freeeもしくはマネーフォワード)でやること

  1. アカウント作成: 5分
  2. 銀行口座の登録: 5分
  3. 銀行口座の入出金明細登録(API使えなかったら手動): 5分(1時間)
  4. 1年間の取引登録: 2〜3時間 ※都度やっとけばよかった笑
  5. 固定資産台帳の作成: 1時間
  6. 何パターンかで減価償却のシミュレーション: 5時間
  7. 決算書の作成: 10分
  8. データのエクスポート: 30分

6以外については、UIも丁寧でやり方が書いてあるので、実際はほとんど迷うことも無いと思います。

※3については、BizStationが使えないせいで8時間くらいかかったけど、必要な明細作成は1時間です。UFJのATMに行って通帳記帳して内容を手動で書き写しながらCSVファイルにしました。まぁ、単にデータ入力ですね。だるかったです。

6は手続き上必要、というわけじゃないのですが、やるとやらないのとでは数年後のキャッシュフローの残り方が全然違ってくることもあるので、このタイミングでやっておくことをオススメします。不動産投資でよくある黒字倒産のリスクも回避できます。こちらは私の方でも実例を出して過去の記事でやり方を紹介しているので、興味ある人は覗いていって下さいね。

[不動産投資][法人] デッドクロスが来る時期を実例でシミュレーションしてみた

[不動産投資][法人] 一番お得な減価償却方法を知りたい! 具体的なシミュレーションの仕方(実例あり)

[不動産投資] 不労所得でホクホク顔の新米大家さんが知らない破産・黒字倒産のリスク

 

ここまで終わったら、次はエクスポートしたデータを申告アプリに取り込んで、申告書を作っていきます。

申告アプリ(全力法人税)でやること

  1. 基本情報登録: 10分
  2. データのインポート: 10分
  3. 固定資産台帳・勘定科目内訳書の作成: 1時間
  4. 申告書の作成: 30分
  5. 出力(印刷もしくは、 e-TaxとeLTAXで電子申告※): 1分
  6. 次年度への切り替え :5分

これは、全力法人税の案内に従って入力していくだけでOK。会計アプリ側で正しく取引登録できていれば、あとはほぼ自動で正しい申告書が出来上がるようになっています。

ちなみに、こんな感じ。私が全力法人税のフォームに沿って入力していったら、勝手にここにたどり着きました。いやぁ、すごい良く出来てる。悩みそうな所はぜんぶ先回りで説明リンクがついていて、すんなり完了しました。ありがやたありがたや〜ヽ(=´▽`=)ノ

 

※出力に関する注意点

電子申告は、Windowsのみです(2021/01/17時点)。

これはもちろん全力法人税のせいではなく、e-TaxとeLTAXがMacユーザのことをガン無視しているせいですね。銀行(UFJのBizStationとか)もそうですが、なんで金融系・政府系ってみんな当然のようにWindowsのみなんでしょうね。両方使ったけど、使いやすさ・性能・デザインどれをとっても圧倒的にMacの勝ちなんですが……安さ? でもMacもM1シリーズからIntelとお別れしたおかげでめっちゃ安くなりましたからね。今後はMacが主流になってほしい。そしてMacに対応してくれる政府系・金融系サービスが増えてほしい。

すみません、散々遠回りさせられたうっぷん的ななにかが吹き出してしまいました。

 

Macユーザーは紙に印刷して郵送せざるを得ないので、そのつもりで。封筒に住所書いて切手貼ってポストに投函とか死ぬほど面倒ですが、まぁ、、、年一回の儀式だと思って一緒に耐えましょう。

 

自力でやる!決算・申告(不動産投資の法人決算向け):要注意ポイント

①家賃収入の課税区分

Freeeだと、勘定科目「売上高」はデフォルトで課税10%で取引登録されてしまうのですが、家賃収入は「不課税売上」です。

取引登録が間違っていると、後の作業ぜんぶやり直しになるので、ここは決算処理に入る前に確認しておくと吉。(私はぜんぶやり直しになって3時間くらい溶かしました)

あと、口座の入出金明細を取り込むと、自動で取引登録が作成されます。上の図で「自動で経理」ってなってますでしょ。

口座明細を取り込む前に先に手動で取引登録すると完全に無駄になるので気をつけろ!

私は手動で登録した後に口座明細を取り込んだので全ての取引が重複登録されてしまい、結局手動で登録したやつを全部削除しました。ここでも、3時間くらい溶かしましたね。全てはBizStationが悪い、と思ってる。断じて、私が間抜けなせいじゃない!笑

 

②木造の場合の建物・設備の減価償却

木造の場合、建物と設備を一体として償却するか、建物と設備を7:3に分けて償却するか選ぶことができます。償却期間がそれぞれ違うので、シミュレーションしてキャッシュフローが一番残るやりかたで償却しましょう。

 

③リフォーム(リノベーション)費用の減価償却

また、中古の物件を購入して、20万円以上かけてリフォーム(リノベーション)した場合、リフォーム費用も減価償却の対象となります。ただし、償却期間は元の物件の償却期間と合わせる必要があります。

 

たとえば、年度始め3ヶ月後に400万円で築30年の木造建物を購入し、200万円でリフォームした場合 ↓

 

建物の耐用年数:法定耐用年数22年 × 20% = 4年

<まちがい>

建物の購入費用の減価償却費:400万円 ÷ 4年 × 9/12 = 75万円

リフォーム費用の減価償却費:200万円 ÷ 22年× 9/12 =  2万円

当年の減価償却費 合計:77万円

<せいかい>

建物の購入費用・リフォーム費用の減価償却費:(400万円+200万円) ÷ 4年 × 9/12 = 112.5 万円

 

建物・設備を分ける場合も同じです。

要するに、建物のリフォーム費用は、購入費用に含まれる、と考えればOKかと。

Freeeだと、固定資産台帳に登録するときに償却期間や償却方法も入力するので、事前にシミュレーションして決めた内容で登録します。

 

④火災保険・地震保険の仕訳(取引登録)

物件を買うと、火災保険や地震保険に加入すると思います。通常、10年とか5年とか、一括で支払います。

どうやって仕訳するねん?ってところで、私は迷ったので載せておきます。こんな感じ。

<取引登録>

まずは、一括で支払った金額を勘定科目は「長期前払費用」として登録します。

<固定資産台帳>

次に、固定資産台帳に登録します。償却方法は「定額法」、耐用年数に年数をいれます。今回、火災保険は10年、地震保険は5年だったのでそれぞれ同じ年数で登録してあります。固定資産台帳に登録することで、あとはFreee側で残りの年数ずっと自動で減価償却してくれます。

 

⑤物件を購入した時と、リフォームした時の仕訳(取引登録)

<物件を購入した時>

土地と建物をまとめて購入した場合、固定資産税評価額で按分します。土地は消費税の対象外ですが、建物は課税10%なのできちんと分けて登録しておきます。

 

<リフォームした時>

リフォーム費用は、木造の場合、建物と設備を一体として減価償却するか、7:3で分けて減価償却するか選ぶことができます。どっちでやったほうが良いかはモノによる、人によるので減価償却のシミュレーションをして判断してください。

私は分けて償却したので場合、支払った費用を以下のように7:3に按分して登録しています。(ちなみにリフォーム費用は前金・残金と2回に分けて支払いましたが、やり方は同じ。以下の仕訳は残金の時のやつですね)

 

⑥融資を受けた時の仕訳(取引登録)

私はリフォーム費用を日本政策金融公庫から受けました。着金したら、勘定科目は「長期借入金」で取引登録します。これは課税対象外。そして、振込手数料分引かれているのですが、これは「支払手数料」です。課税10%なので、分けて登録します。

 

⑦公庫に返済した時の仕訳(取引登録)

融資を受けたら、毎月、元金および利息の返済が発生します。元金は「長期借入金」、利息は「支払利息」とそれぞれ勘定科目が違うので、分けて登録します。消費税区分は、どちらも課税対象外。

 

まとめ

  • 決算と申告は別! 法人の場合、会計アプリ(Freeeやマネーフォワード)だけでは足りない
  • 申告アプリ「全力法人税」が神すぎる。みんな使ったほうがいいよ
  • Macユーザは気をつけろ!電子申告とかAPI連携とか、Windowsしか対応してないサービスが結構あるよ

 

ひとまず自力でやりきれてよかったです。それにしても、疲れた。TSU・KA・RE・TA!!!笑

今日はがんばった自分を抱きしめてあげたいです。

 

それでは!

末岐 碧衣
  • 末岐 碧衣
  • フリーランス のシステムエンジニア。独立後、一度も営業せずに月収 96 万円を達成。1986年大阪生まれ。早稲田大学理工学部卒。システムエンジニア歴 12年。
    2009年、ITコンサルティング企業に入社。3年目でコミュ障が爆発し人間関係が崩壊。うつにより休職するも、復帰後はコミュ障の自覚を持ち、「チームプレイ」を徹底的に避け、会社組織内においても「一人でできる仕事」に専念。社内外から評価を得た。
    無理に「チームプレイ」するよりも「一人でできる仕事」に専念した方が自分も周囲も幸せにできることを確信し、2015年フリーランスとして独立。