まだ間に合う!申請しなきゃ損!フリーランスがコロナ特例で利用できる給付金・補助金・助成金・優遇措置などまとめ

SNSに安倍首相への批判書いたり、炊き出し行ったりしてる場合じゃありません。税金で取られたお金、きっちり取り返しましょう! 国や自治体が出している補助金・給付金などの多くは申請が8月末で締め切られるので、まだ間に合います。

 

どうも、末岐碧衣です。

8月末までの助成金(10万円)を危うくもらい損ねるところだったことに気付き、他にもあるんじゃね?って思ったので徹底的に調べることにしました。あ、この助成金についても後述してます。

特にコロナの影響を受けていなくても、使える補助金、助成金、優遇措置、税金の支払猶予など色々あります。国や自治体のホームページって見にくいし調べるの大変ですが、数十万円〜数百万円(融資含めると数千万円)単位の報酬の仕事だと思ってがんばりましょう!

私は地方移住も考えているので、その辺も含めて使えるものがないか調べて、まとめてみました。

 

ちなみに、児童手当など私自身と関係ないものはここに載せてないので、興味ある方は以下だけでもご自分で調べて見ることをお勧めします。

内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室:支援情報ナビ

経済産業省:新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ(令和2年8月7日15:00時点版)

 

現金がもらえる系

個人向け:特別定額給付金

もらえるもの:10万円の現金

対象者:住民基本台帳に記録されている者

特別定額給付金事業 申請方法はこちら 給付対象者と受給権者 給付対象者 基準日(令和2年4月27日)時点で、住民基本台帳に記録されている者 受給権者 給付対象者の属する世帯の世帯主 特別定額給付金の給付済み金額の推移はこちら 特別定額給付金の申請方法 郵送で申請する オンラインで申請する 郵送で申請する 市区町村から受給権者宛に郵送された申請書に振込先口座を記入し、 振込先口座の確認書類と本人確認書類の写しとともに市区町村へ郵送
特別定額給付金事業 kyufukin.soumu.go.jp
特別定額給付金事業

さすがにこれ申請してない人はいないと思いますが、一応。

 

中小法人・個人事業者向け:持続化給付金

もらえるもの:200万円以下の現金

対象者:月間事業収入が、前年同月比50%以下となる月がある法人または個人

持続化給付金感染症拡大による、営業自粛等で特に大きな影響を受けている、中堅・中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧としていただくために、事業全般に広く使える給付金を給付します。
持続化給付金 www.jizokuka-kyufu.jp
持続化給付金

 

中小企業、個人事業者向け:家賃支援給付金

もらえるもの:地代・家賃(賃料)の負担を軽減する給付金(法人は最大600万円、個人事業者は最大300万円)

対象者:以下1〜3全てを満たす事業者

  1. 資本金10億円未満の中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者
  2. 5〜12月の売上高について、1ヶ月で前年同月比-50%以上、または連続する3ヶ月の合計で前年同期-30%以上。
  3. 自らの事業のために占有する土地・建物の賃料を支払い
家賃支援給付金に関するお知らせ (METI/経済産業省)5月の緊急事態宣言の延長等により、売上の減少に直面する事業者の事業継続を下支えするため、地代・家賃(賃料)の負担を軽減する給付金を支給します。
家賃支援給付金に関するお知らせ (METI/経済産業省) www.meti.go.jp
家賃支援給付金に関するお知らせ (METI/経済産業省)

これ、結構当てはまる人多いんじゃないですかね。ちなみに、今から引っ越して給付を受ける、というのは無理です。給付額の算定根拠として契約期間の証明が必要で、2020年3月31時点で有効な賃貸借契約があることが条件になります。

とっとと一人暮らししてればよかった…笑

 

給付額(月額)の賃料6ヶ月分を一括支給してくれます。素敵ですね。

申請の期間は2020年7月14日から2021年1月15日までです。

 

お得な融資を受けられる系

中小法人・個人事業者向け:新型コロナ感染症特別貸付(日本政策金融公庫)

もらえるもの(融資):新型コロナウイルス感染症の影響に伴う社会的要因等により必要とする設備資金および運転資金(8000万円以下、当初3年間が実質無利子)

対象者:月間事業収入が、前年同月比5%以上減少している月がある法人または個人

新型コロナウイルス感染症特別貸付|日本政策金融公庫
新型コロナウイルス感染症特別貸付|日本政策金融公庫 www.jfc.go.jp
新型コロナウイルス感染症特別貸付|日本政策金融公庫

 

中小企業向け:新型コロナ感染症特別貸付(商工中金)

もらえるもの(融資):運転資金、設備資金(元高2億円のお借入残高に対して、当初3年間は金利0%)

対象者:前年同月比の月間売上減少が、中小企業▲20%以上、小規模事業者▲15%以上等

corona_brochure.pdf?yclid=YJAD.1596999869.IRi0grCdcq1esJLjxhodgaoR9Ewr9WUPRc8PT2nbKjTd01A2n0KXmtztnTP0RQi81YNGJl9M845mGg8-pdf ファイル
corona_brochure.pdf?yclid=YJAD.1596999869.IRi0grCdcq1esJLjxhodgaoR9Ewr9WUPRc8PT2nbKjTd01A2n0KXmtztnTP0RQi81YNGJl9M845mGg8- www.shokochukin.co.jp
corona_brochure.pdf?yclid=YJAD.1596999869.IRi0grCdcq1esJLjxhodgaoR9Ewr9WUPRc8PT2nbKjTd01A2n0KXmtztnTP0RQi81YNGJl9M845mGg8-

 

中小企業向け:新型コロナ感染症特別貸付(民間金融機関)

もらえるもの(融資):運転資金、設備資金(実質無利子・無担保、据置5年、保証料半額または0、借り換え保証料0、金利負担実質0)

対象者:各金融機関に相談

shien-flyer2.pdfpdf ファイル
shien-flyer2.pdf www.meti.go.jp
shien-flyer2.pdf

 

中小企業・個人事業者向け:新型コロナウイルス関連融資

もらえるもの(融資):運転資金、設備資金(4,000万円〜2億8,000万円、無利子、無担保など。メニューによる)

対象者:売上高が前年同月比で5%以上減少している、または、セーフティネット保証4号、5号認定を受けた法人または個人

セーフティネット保証:指定業種に属する事業を行っており、最近3か月間の売上高等が前年同期比で5%以上減少。

20200424008-1.pdfpdf ファイル
20200424008-1.pdf www.meti.go.jp
20200424008-1.pdf

 

納税猶予、非課税など税制優遇系

個人法人の別、規模は問わず:納税を猶予する「特例制度」

もらえるもの:1年間の国税の納付の猶予(担保不要、延滞税なし)

対象者:以下1、2のいずれも満たす方(個人法人の別、規模は問わず)が対象となります。

1 新型コロナウイルスの影響により、令和2年 2 月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること。

2 一時に納税を行うことが困難であること。

brochure1.pdfpdf ファイル
brochure1.pdf www.mof.go.jp
brochure1.pdf

 

特別貸付けに係る契約書の印紙税の非課税について

もらえるもの:特定事業者(コロナで影響を受けた事業者)に対して行う一定の金銭の貸付けに係る消費貸借契約書のうち、令和3年1月 31 日までに作成されるもの について、印紙税が非課税となります。

対象者:特定事業者(コロナで影響を受けた事業者)

0020004-128_1.pdfpdf ファイル
0020004-128_1.pdf www.nta.go.jp
0020004-128_1.pdf

 

消費税の課税選択の変更に係る特例について

もらえるもの:課税事業者を選択する(又はやめる)ことができる

対象者:令和2年2月1日から令和3年1月 31 日までの間のうち 任意の1か月以上の期間の事業としての収入が、 著しく減少(前年同期比概ね 50%以上)している事業者

syouhizei1-1.pdfpdf ファイル
syouhizei1-1.pdf www.nta.go.jp
syouhizei1-1.pdf

※会社の売上高が1,000万円を超えれば、翌々年度から消費税の課税事業者となります。消費税の課税事業者となったら、「消費税課税事業者届出書」を、納税地を所轄する税務署に提出します。

 

中小企業向け:中小企業経営強化税制

もらえるもの:即時償却又は取得価額の10%の税額控除(資本金3,000万円超1億円以下の法人は7%)が選択できる

対象者:中小企業等経営強化法の認定を受けた「経営力向上計画」に基づき、一定の設備を取得や製作等した中小企業者

pamphlet.pdf#page=72pdf ファイル
pamphlet.pdf#page=72 www.meti.go.jp
pamphlet.pdf#page=72

※9月30日までの期間に申請された経営力向上計画については、特例措置とし て、設備を取得し事業の用に供した年度(各企業の事業年度)内に認定を受けたも のと、同様に取り扱うこととします。

→今から下記の計画書を提出して申請すれば、年度内に購入した物件の取得価格の10%の税金が控除されます!これはデカい。

経営力向上計画の申請:https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kyoka/ninteisinseisyo.html

経営力向上計画の書き方:https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kyoka/2019/190411tebiki.pdf

経営力向上計画の提出:https://www.keieiryoku.go.jp

登録免許税の特例:https://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/property/e08.htm#a02

 

ちょっと調べただけでもこんだけ出てきました。びっくりです。

特に融資系はすごい気前良いですね。いま借りなきゃ損!って感じ。

 

それでは!

末岐 碧衣
  • 末岐 碧衣
  • フリーランス のシステムエンジニア。独立後、一度も営業せずに月収 96 万円を達成。1986年大阪生まれ。早稲田大学理工学部卒。システムエンジニア歴 12年。
    2009年、ITコンサルティング企業に入社。3年目でコミュ障が爆発し人間関係が崩壊。うつにより休職するも、復帰後はコミュ障の自覚を持ち、「チームプレイ」を徹底的に避け、会社組織内においても「一人でできる仕事」に専念。社内外から評価を得た。
    無理に「チームプレイ」するよりも「一人でできる仕事」に専念した方が自分も周囲も幸せにできることを確信し、2015年フリーランスとして独立。