[Flutter][Tips][9][2020年最新] 既存のFlutterプロジェクトをGitHubリポジトリに保存する方法

どうも、すえきあおいです。

Flutterで2Dゲームを作るチュートリアルを完了したので、早速自分のアプリを作り始めました。できるだけ早い段階でバックアップを取りたいので、ソースをリポジトリで管理することにしました。ミスったときに戻せたりするから便利ですよね。

で、毎回既存のプロジェクトをGitHubリポジトリに登録するやり方を忘れるので、備忘録としてここに記録しようと思います。

ちなみに環境は以下の通り。

macOS Catalina 10.15.5

AndroidStudio 4.0

Dart 2.9.0

Flutter 1.20.0-2.0.pre  (channel dev)

① Gitインストール、GitHubへの接続確認

インストールは終わってるので、ターミナルを開き、gitのバージョンを確認します。

git --version
git version 2.24.3 (Apple Git-128)

次に、設定を確認します。

git config --list
credential.helper=osxkeychain
user.name=ふがふが
user.email=ホゲホゲ

ここで何も返ってこない場合は、以下のように設定してからもう一度やってみましょう。

git config --global user.name "ふがふが"
git config --global user.email ホゲホゲ

ここまでできたら次に進みます。

 

git init してローカルに空のリポジトリを作る

ちなみにコマンドinitは、ターミナルでgitと打ち込むとそれぞれのコマンドの説明(ヘルパー)が出てきます。

git initはと言うと、

init      Create an empty Git repository or reinitialize an existing one

init      空のGitリポジトリを作成するか、既存のGitリポジトリを再初期化します

でした。

では行ってみましょう。

Android Studioのターミナルでgit initってすると空のリポジトリが作成されます。

 

作成した空のローカルリポジトリに現在のプロジェクトのソースを登録する

続けて、Android Studio のターミナルで以下を実行します。

git add .
git commit -m "first commit"

ちなみに「git commit -m」の-mはmasterのmです。マスターブランチに登録することを意味しています。(まぁ最初なのでマスターブランチしかないんですけどね)

 

もう一つ補足すると、何かのパスワードとか、人にみられたくない情報が含まれるファイルは「.gitignore」ってファイルに追記しておけばとリポジトリに登録されません。

ignore=無視

 

GitHubにリモートの新規リポジトリを作る

GitHub のページにログインして、新しいリポジトリを作ります。

これはリモートリポジトリです。さっき作ったのはローカルリポジトリ。gitによるソース管理の基本は、ローカルでOKにした(Commit)したソースを、リモートにpushすることでローカルとリモートの同期を取っていきます。

なんで二重やねんって思うかもしれませんが、チームで開発する時にはこのCommit、pushがないと大変なのです。まぁその辺の話は本題とは関係ないので割愛。

新しいリポジトリを作る時は、privateかpublicを選べます。ソースを人に公開したくない場合はprivateを選びましょう。

initializeのとこにチェックはいれず、そのまま作成します。

 

リモートリポジトリ(GitHub)に、ローカルリポジトリのソースをコピーする

先ほどの画面でCreate repositoryをすると、以下の画面に遷移します。そしたら、赤枠のURLをコピーします。

git remote add origin さっきコピーしたURL
git push -u origin master

usernameとpasswordを聞かれるので入力。

本来ならここで完了。

 

のはずが。なんかパスワードがちゃいまんねんってエラーになりました。この辺の対応は以下にまとめましたので、同じエラーが出た人はご参照ください。

remote: Invalid username or password. への対応

はい、ではいろいろあってもう夕方ですが(涙目)、GitHubにソースが保存されたか確認します。

できた。

 

これで、パソコンが壊れたり無くなったりしても、ソースは消えません。苦労して書いたソースが消えちゃったらと思うと、心配で夜も眠れない、と言う方は、早めにソースをGitHubのようなリモートリポジトリで管理すると良いでしょう。

 

ちなみに、コードのバックアップと言うだけでなく、Issues、Projectsなどでタスク管理もできるので、「いつまでにこの機能を作って、、、」みたいな計画もここで管理できます。

一人だとその辺テキトーになっちゃうんですが、バシッと手順化すると迷いがなくなって開発に集中できるかも!

 

それでは!

末岐 碧衣
  • 末岐 碧衣
  • フリーランス のシステムエンジニア。独立後、一度も営業せずに月収 96 万円を達成。1986年大阪生まれ。早稲田大学理工学部卒。システムエンジニア歴 12年。
    2009年、ITコンサルティング企業に入社。3年目でコミュ障が爆発し人間関係が崩壊。うつにより休職するも、復帰後はコミュ障の自覚を持ち、「チームプレイ」を徹底的に避け、会社組織内においても「一人でできる仕事」に専念。社内外から評価を得た。
    無理に「チームプレイ」するよりも「一人でできる仕事」に専念した方が自分も周囲も幸せにできることを確信し、2015年フリーランスとして独立。