[2020年7月] Google Cloud Certified – Professional Data Engineer日本語版(プロ認定):遠隔監視(オンライン)試験の申し込み方

どうも、すえきあおいです。先ほど、GCPクルデンシャル認定資格の一つ、Google Cloud Certified – Professional Data Engineer (Japanese)の模擬試験を受けてみました。

結果は、、、まぁ気になる人はリンクから飛んでみてください。

 

模擬試験はさておき、本番試験も申し込みましたので、まとめます。

Google Cloud Certified – Professional Data Engineer(プロ認定)とは?

Professional Data Engineer は、データを収集、変換、公開して、データに基づく意思決定ができるようにします。Data Engineer には、セキュリティとコンプライアンス、スケーラビリティと効率性、信頼性と忠実性、柔軟性とポータビリティに特に重点を置いて、データ処理システムの設計、構築、運用化、保護、モニタリングを行う能力が必要です。また、既存の機械学習モデルの活用、デプロイ、継続的なトレーニングができなければなりません。

データエンジニアは、主に機械学習の分野で活躍する人たち。例えば、機械学習で使うデータセットを適切に選んだり、学習できる形に整形したり、モデルをどれにするか選んだり、運用するにあたってのログ管理、コストも考慮したビッグデータの扱いなどなどが主な仕事というイメージです。

Googleはこれを資格化していて、主に以下の能力があるかどうかを試験します。合格すると晴れてプロ認定されます。

  • データ処理システムの設計
  • データ処理システムの構築と運用化
  • 機械学習モデルの運用化
  • ソリューションの品質の確保

 

Google Cloud Certified プロ認定試験の申し込み方法

こちらのページの「登録」から進みます。Webassessorのアカウントを作ってログインし、試験や日程を選択、決済までやります。

こんな感じ。

遠隔監視(オンライン)でも日本語版が用意されてて、ありがたいですね。

まぁ特に迷うことはないと思うのでこれ以上の説明はなしです。

あとは、スケジュール選んで

決済するだけ。

このあと申し込み完了メールが届きますが、確認するだけで特にすることはありません。(確認用リンクをクリック、とかもない)

 

注意点

キャンセル、日程変更:72時間前までなら、キャンセル料なしでキャンセル・日程変更が可能です。それをすぎると払戻できなかったり変更手数料がかかったりするらしいので気をつけろ!

落ちた場合:再受験の制約があります。1回目の不合格なら14日過ぎてから、2回目の不合格なら60日を過ぎないと再受講できません。3回不合格になると、今度は1年再受講できません。

 

遠隔監視(オンライン試験)を選択した場合

コロナ禍のご時世、せっかくなのでオンラインで受験することにしました。

監視用のソフト『Sentinel』 をインストールして生体認証プロファイルを設定する必要があります

オンサイトだと監視員がいるのですが、自宅で一人だと他のタブ開いてググったり本を調べたりカンニングしたり別の人に受けさせたりという不正行為をされる可能性があるので、監視用ソフトを事前に入れておく必要があるのですね。

こんな感じで、ネットワークスピードの要件を満たしているかもチェックします。まぁこの辺は試験の招待メールに書いてあるのでそっちを読んでください。

試験中はカメラで録画されるみたい。ピャー

 

模擬試験の受験方法(無料・登録不要・受験者IDも不要)

とりあえず模擬試験だけ受けたかったんですが、受験方法がわからなくて2時間くらい立ち往生しました。最初に受験者IDを持ってるかを聞かれるので持ってないとダメなんだと勝手に思い込んで1ヶ月後に$200で遠隔監視(オンライン)受験の申し込みしちゃったんですが、受験者IDなしでもできました。おバカさん★

この辺はこちらの記事に具体的な方法を載せてありますので、興味ある人はどうぞ。

無料だしすぐ受けれるので、力試ししたい人は気軽に受けてみると良いと思います。

認定試験の形式

ありがたいことに選択式!日本語も対応していてよかったです。英語だったら絶望的でしたw

ただ、試験時間2時間というのが気になりますね。。。問題いっぱい出るんだろうか。

模擬試験だと60分で32問だったので、単純計算すると本番は64問。多いな……まぐれ当たりで合格するのは難しそうです(←当たり前w

 

  • 時間: 2 時間
  • 登録料: $200(税別)
  • 言語: 英語、日本語
  • 試験の形式: 試験は選択式で、テストセンターで受験します。お近くの試験会場は、こちらから検索してください
  • 前提条件: なし
  • 推奨される経験: 業界経験が 3 年以上(GCP を使用したソリューションの設計と管理の経験 1 年以上を含む)

なお、何点以上は合格、みたいないわゆる「合格点」は公開されていません。その時々によって変わるみたいです。あと、問題の中には正解しても得点にならないものも含まれているらしいです。

ただ、私のように問題の意味すらよくわからないとか、正答率50%とかだったら、多分ダメでしょうね(笑)頑張って勉強しましょう。。。

 

それでは!

末岐 碧衣
  • 末岐 碧衣
  • フリーランス のシステムエンジニア。独立後、一度も営業せずに月収 96 万円を達成。1986年大阪生まれ。早稲田大学理工学部卒。システムエンジニア歴 12年。
    2009年、ITコンサルティング企業に入社。3年目でコミュ障が爆発し人間関係が崩壊。うつにより休職するも、復帰後はコミュ障の自覚を持ち、「チームプレイ」を徹底的に避け、会社組織内においても「一人でできる仕事」に専念。社内外から評価を得た。
    無理に「チームプレイ」するよりも「一人でできる仕事」に専念した方が自分も周囲も幸せにできることを確信し、2015年フリーランスとして独立。