127

【注意喚起】公認会計士にドル建て終身保険「スマートドルS」に2000万円突っ込めって勧められた話www

どうも、すえきあおいです。

今日は、お金のプロとも言える「公認会計士」といえども、簡単に信用しちゃいかんよって話をします。

というのも、私が相談した公認会計士が、最終的には「ドル建て終身保険『スマートドルS』に2000万円突っ込めば老後は超安泰ですよ」とアドバイスされたからwww

どないやねんっ(白目

資格をたくさんもってる公認会計士が良いわけじゃない。むしろ薄く広くであまり信用できない…

先日、公認会計士に人生のファイナンシャルプラン(お金のプラン)を相談しに行きました。要は資産形成ですね。『金持ち父さん貧乏父さん』のロバート・キヨサキの本に何度も

専門家と相談してお金に関するプランを決めなさい

と書いてあったので、素直にFP(ファイナンシャルプランナー)をネットで探して、星の数ほどいるFPの中から公認会計士の資格を持ってて不動産投資にも強いってタグがついてる人3人に依頼メッセージを送りまして。

そのうちに2人から返信があったので、うち一人とアポ取って先日会ってきました。

いやぁ、、、ひどかった( ̄▽ ̄)

まず部屋に入っていきなり、セミナー用なのかセールス用なのか知りませんが、長々と30分ぐらい自己紹介プレゼンされまして。どの大学を出てどの会社に勤めていつ結婚して子供が何人いていつ公認会計士として独立しました、みたいな話ですね。まぁこっちとしてはかなりどうでもいいというか、興味ないですよね。

その中ですごく強調していたのが、

  • 資格をたくさんもってます(公認会計士、FP、宅建etc…)
  • 公認会計士になる前は生命保険会社のセールスマンを10年以上やってた
  • 不動産投資の勉強もして、勝どきにタワマンの区分(ワンルーム)買ってこの事務所にしました

って話でしたね。

資格持ってることはもともと知ってるし、だからこそこうしてはるばる相談しに行ったわけですから。ただこの自己紹介で気になっのが、不動産投資の勉強をしたにもかかわらずオリンピックの選手村が見える位置にあるタワマンの区分を購入しちゃってるという点。

普通に考えて、オリンピック終わって選手村が売りに出されたらその周りの物件の価値って暴落しますよね。だからわざわざ勝どきでワンルームを買う意味ってなんなんだろう、と。

「本当に不動産投資のことまでこの人に相談していいんだろうか?」

ってのが自己紹介を聞き終わった時点で、一番頭に浮かんだことですね。

公認会計士がメットライフ生命の「スマートドルS」に2000万円突っ込めってゴリ押ししてきた件

その公認会計士が

「すごくいい商品があるんですよ」

と言って進めてきたのが「スマートドルS」というドル建て終身保険。以下にメリットとデメリットをまとめます。

ドル建て終身保険「スマートドルS」のメリット

  • 「円」より「ドル」で持ってたほうが安心(←?)
  • 終身保険なので、年金みたいに死ぬまで受け取り続けることができる
  • 生命保険もついてる

ドル建て終身保険「スマートドルS」のデメリット

  • 途中で解約すると元本割れする
  • 「いま持ってる現金」が減る(=不動産投資の際に融資が通りにくくなる)
  • 市場に左右されるので、運用して利益が出るとは限らない
  • 40年、50年後の「ドル」の価値は誰も保証できない

だったらiDeCoの方がマシじゃねwww? と。

普通に考えて、保険会社の従業員に払う給料とか、その投資額に上乗せされてるわけでしょ。だったら自分で運用した方がいいよね。どうせインデックス投資なんてほぼ自動なんだから自分でできるし。「運用手数料」とか無駄に持ってかれるの嫌だし。

この時点でもうあんまり本気で話を聞く気も失せた(別の人に相談しよ。。。って思ってた)のですが、ブログのネタになるかも、と一応最後まで聞くことにしました。その人の主張をまとめると、

「ここに、今すぐ1000万円突っ込んで、さらに毎月20万円ずつ積み立てれば70歳以降はすごい優雅にラグジュアリーな老人ホームで過ごしたり旅行できたりしますよ」

です。

要するに、私の話(こちらの希望)をぜんぜん聞いてないんですよね、この人。。

保険を売りつけることにしか興味ありません(^^)って感じでしたね。

だってもともとは、不動産投資とビジネスで資産を増やしていくにはどうしたらいいですか、って相談だったんですよ。老後の心配ももちろんありますけど、だからこそ今から資産形成したいって相談だったんですよ。。。

ちなみに、スマートドルS詳細はまた別記事で載せるつもりですが、わかりやすい&説得力のある解説が載ってたので興味ある方はこちらをご覧ください。

私がその公認会計士を「信頼できない」と見切った決定打

まず、その勝どきの選手村が眼下に見えるタワマンのワンルーム区分を買ったという不動産音痴の宅建持ってる公認会計士(笑)が、「スマートドルS」の資料を印刷して渡してくれたんですが、、、

決定打その① 保険の資料に「担当」として名前が載ってるwww

ただの保険のセールスやないか〜い( ̄▽ ̄)

つか公認会計士が保険のセールスもやるんですね。それは知らなかったです。勉強になりました。

決定打その② メットライフ生命の「スマートドルS」にご加入の際は弊所をお通しくだされば、今回の相談料2万円はお返しいたします

相談料の2万円(←高い。。。)を支払い、スマートドルSへの加入については帰ってから検討する、と言って帰ろうとドアを出た時、その公認会計士が言ったのが、

スマートドルSに加入する場合は、うちで手続きしますのでご連絡ください。

もしスマートドルSに加入していただけるなら、今回の相談料2万円はお返ししますので。

だったんですよ。

なんでやねんっwww と。思わずツッコミそうになりましたね。

なんで保険入ったら公認会計士への相談料が無料になるねんwww と。

本当は公認会計士も宅建もウソで(資格の証明書を確認したわけじゃないのでマジでウソかもね)、ただのメットライフ生命のセールスマンじゃねーのって思いましたね。

だって、私が馬鹿みてーに「スマートドルS に加入しますぅ〜手続きお願いしまーすぅ( ´∀`)」って言ったら、相談料2万円なんてカスだと思えるくらいのリターンを、その公認会計士が受け取るってことでしょ。

完全にナメられてる。完全にカモだと思われてる(白目

ムカつく。

士業はピンキリ。「お任せモード」は危険

医者とかも、名医からヤブ医者までピンキリだし、公認会計士も同じですね。士業ってマジでわからん。自分でなんの知識も入れずに「お任せモード」でいくとやべーなってのが今回、一番の勉強になりました。

皆さんもお気をつけください。

自分である程度勉強しないと、カモにされちゃうかもしれませんよ、ということで、今回は注意喚起の記事を書かせていただきました。

それでは!

すえきあおい
  • すえきあおい
  • 2019年現在、32歳。元女社長で、今はフリーランスのブロガー兼SE。
    アプリ作成・システム構築みたいにモノ作りもやるし、ITコンサルみたいなアドバイザーもやってます。ブログもこの通り、時々更新してます。
    <経歴>
    早稲田理工の新卒で某ITコンサル会社に入社。でも6年で鬱になって退職。
    個人事業主として起業し、2015年(28歳)でフリーランス生活が始まる。
    ITから離れたくて小説家を目指すも1年で挫折したり、株式会社を立ち上げてビジネス始めようとしたけど軌道にのらないから休眠させたりと、支離滅裂な人生をエンジョイしてます。
    最近ようやく安定して高収益な仕事もらえるようになってきた。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です