Firestoreでよく使う6つの型をまとめてみた

分類説明、できること
参照CollectionReference複数のドキュメントへの参照。後ろに.add()つけてドキュメントを追加したり、.where()をつけて絞り込んだりできる。
参照QueryCollectionReferenceのサブクラスでほぼ同じと思ってOK。whereで絞り込んだ結果への参照。
参照DocumentReference単一ドキュメントの参照。CollectionReferenceに.doc(‘<customID>’)で生成できる。.doc()だと自動採番。
スナップショットQuerySnapshot複数ドキュメントのデータ。CollectionReferenceに.get()でゲットできる
スナップショットQueryDocumentSnapshotQuerySnapshotに含まれる、DocumentSnapshotの配列セット。DocumentSnapshotと同じと思ってOK。
スナップショットDocumentSnapshot単一ドキュメントのデータ。DocumentReferenceに.get()でゲットできる。さらに特定のフィールドだけが欲しい場合は、.data()のかわりに.get(<field名>)メソッドを使う

Leave a Comment