【秋の北海道】小樽&札幌、母との1泊2日旅行ダイジェスト【食い倒れ】

カテゴリー 時を加速させるプライベート★ライフ

どうも、白戸です!

9月もあっという間に終わりですね。寒暖差も激しく、日本は台風やら地震やらで色々と大変でしたが、私はまた久し振りにオフィスに通勤する日々を淡々と過ごしてました。あと失恋してました。

仕事が恋人だと精神が安定しますね。仕事は急に音信不通とかにならないですから。結婚するなら仕事みたいな男性(?)が良いですね!アイダノコイダノと眠たいこと言ってる男女は全員やっつけてやりましょう。

すみません、取り乱しました。

 

実は先日から母と二人で食い倒れ旅行という色気ゼロの北海道旅行に来ています。2日目です。この記事は小樽〜札幌間の電車で移動中に書きました。食べ物にしか興味がないので、海沿いのステキな景色をガン無視してブログを書きました。

皆様にも幸せのおすそ分けですね(白目)

それで行ってみよう!

新千歳空港(昼)ラーメン道場編

麺星 開高「十勝ホエー豚麺」980円(13:40)

新千歳空港内「ラーメン道場」。北海道中の有名ラーメン店が一箇所に集結した最強のラーメン博物館っぽい場所。平日(木曜)の13時半にもかかわらず結構人がいました。

ちなみになぜ13時半かというと、飛行機が1時間遅延したせいです。ちなみに成田空港までのバスも渋滞で1時間遅延したので7時から13時半までの6時間半、ほぼ座りっぱなしで超疲れました。あとムカつきました。

本当は小樽まで行って海鮮丼を食べる予定でしたが、小樽まで行くとしたら到着が15時になってしまうのでやめました。初日から飲まず食わずで夕方とか、そんな山場は必要ないですからね!

あと、「お腹空きすぎて死ぬ」と母も私も不機嫌になっていたのもあります。日常で積もり積もったお互いへの不満が旅先で爆発する前に、緊急措置としてラーメン道場に駆け込んだ次第です。

ラーメン道場。ラーメン店がいっぱい

味噌バターコーンラーメンと死ぬほど迷ったのですが、お腹空きすぎてガッツリしたものが食べたかったので「麺星 開高」というお店の十勝ホエー豚めん(980円)に決めました。

開高 十勝ホエー豚麺。肉が半端なく美味い

3秒後

豚がすごい濃厚で甘かった。

濃いめの味付けだったけどお腹すいてたから最高に美味しかったです。

食い倒れレポート小樽(昼)食べ歩き編

山中農場 「牛乳ソフトクリーム」350円(15:34)

小樽駅からまっすぐ運河まで歩く途中にありました。ラーメン食べた後で甘いものが欲しかったので牛乳ソフトクリーム(350円)を購入。

めずらしく母がはしゃいでる

こちらも牛乳の味がすごいしておいしかったー。

そして、なんということでしょう。もう夕方です。新千歳空港から小樽まで1時間半。北海道広すぎwww

「蟹まん」500円(16:00)

蟹まんって見たことあります?

こんな贅沢なジャンクフードは世界中探してもここにしかないと確信しました。なので買い食いしました。

いやぁ、食い倒れ旅行っぽくなってきましたね!

蟹まん(500円)

食べかけの蟹まんと母

美味しかったけど、蟹まんを食べ終える頃にはすでにかなり満腹。やばい。まだ海鮮丼食べてないのに16時時点でしかも満腹です。やばい。苦しい。

「夕張?メロン」500円(17:05)

すみません、写真撮り忘れました。メルヘン通りに売ってたカットメロンです。夕張かどうかは写真がないので不明。でも美味しかったしオレンジ色だったからきっと夕張メロンだと思いたい。

北一ホール「中ジョッキ」780円(17:23)

観光ブックで母が付箋をつけてたお店。むかし懐かしいファンヒーターの匂い(灯油の匂い)につられて入ってみたら偶然見つけました。

北一ホールみっけ!

カフェとは思えない雰囲気のお店ですが、なんと18:00閉店のカフェなのです。マジかー。絶対バーにすべきだと思うけど。

鼻血が出るくらいロマンティック

灯油の匂いの正体、アルコールランプ。

25:00ラストオーダーの風格を醸し出してますが、バーではなくカフェです。そして中ジョッキで生ビール頼んだら東京でいうところの大ジョッキで出てきました。

冗談抜きで、お腹が爆発しそう。この時点でお腹いっぱい食べまくる喜びは感じていません。あるのは苦痛のみ。もはや「食い倒れの業」状態。

食い倒れレポート小樽(夕方)甘味・おみやげ編

六花亭「□△◯(まるさんかくしかく)」2200円(17:37)

ビールの炭酸で周囲5km四方を巻き込んで大爆発しそうだったのでお土産を選んで消化を待つことに。

六花亭。小樽なのでレンガ造りの倉庫風

まるさんかくしかく

嬉しかったのが、六花亭はお菓子をバラ売りしてくれてたこと。

土産を買うより自分で食いたいというお一人様に超優しいお店でした。

ひとりだと、箱で買うと一個でおしまいじゃないですか。カロリー的にも値段的にも。

でもバラ売りだから店内のあらゆるお菓子をひとつずつ楽しめるのです!

ありがとう六花亭さん。

甘いものを見てテンション上がりすぎたせいでまた写真を撮り忘れましたが、一個数十円、百円ちょいくらいで美味しい六花亭のお菓子をカゴに入れまくりました。

お土産はルタオで買うつもりだったので、六花亭では自分が食う用にバラ売りの甘味をたくさん購入〜

まるさんかくしかくとバラ売りお菓子を山もり買いました。年内のおやつはこれでもたせます。

LeTAO(ルタオ)「陽気な花(ミックス)」1600円(17:56)

ご存知、ドゥーブルフロマージュで世界的に有名なルタオ。小樽(おたる)に本店があるからルタオ。

わたしにも母にも全く関係ないのですがハロウィン真っ最中。クリスマス並みの電飾ですごい綺麗でした。あと光に集まる虫みたいにカップルが群れてイチャつきながら自撮りしてました。こんなことならホテルから一歩も出なきゃよかったです。

手と同じサイズのパイ

ドゥーブルフロマージュは日持ちしないし冷蔵保存なので、帰りに空港で買うことに。

とりあえず職場の皆様にお土産でクッキー買いました。あとぼっちの自分に陽気な花(ミックス)を買いました。

ホテルで一個食べたのですが、母も私もすごく陽気になりました。もしかしたら食べた人を強制的にハッピーな気分にさせる魔法の粉が使われているのかもしれません。もしくは母とわたしがビール飲み過ぎたか、どっちかですね。

食い倒れレポート小樽(夕方)夕食編

澤崎水産3号店「特選丼」3500円(18:59)

小樽の出抜小路にある超こじんまりしたお店、澤崎水産3号店

実は、母が観光ブックに付箋を貼っていた二つ目のお店「万次郎」で安くて新鮮なポセイ丼(海鮮丼)をガッツリ食べる予定だったのですが。

17:00閉店でしたー

マジかよ。

どのお店もCLOSEDだおwww

ビールとか飲んでる場合じゃなかった。

母と肩を落としながらすっかりシャッター通りと化したメルヘン通りを戻り、昼に「蟹まん」買い食いしてほぼスルーした出抜小路で空いてるお店をようやくみつけ、クソ高い海鮮丼(特選丼)をいただきました。

クソ高いので当たり前といえば当たり前ですが、超〜美味しかった。

はるばる北海道まで来た甲斐がありました。そして3500円払った甲斐がありました。

なまら美味い!

5秒後

やはり北海道は海の幸で決まりですね。この時点で食べ過ぎてマジでお腹痛くなりましたが、吐かずにこらえました。

っていうくらいの満腹レベルだったにもかかわらずすげーおいしかった。ウニってあんなに甘いんですね。知らなかった。

なると屋「ザンギ」780円(20:06)

すみません。これも写真撮り忘れました。

出抜小路には20店舗の小さいお店が入ってるんですが、そのうちの一つ「なると屋」でザンギを買いました。特選丼ですでに動くことすら苦痛、という満腹具合でしたが、どうしてもザンギは外せず。

なんせ、北海道で食べるべきリストTOP3(自分調べ)にランクインしていたのですから。

ザンギとは、北海道風に味付けした鶏の半身揚げです。まぁ、すごい巨大な唐揚げです。

別名・カロリーおばけ。

でも旅先ではカロリーのことは考えないのでノープロブレム。1時間休んでちょっとだけ回復したので、ホテルの部屋で母と半分こしながら、チューハイ飲みながらいただきました。

食い倒れレポート小樽(夜)飲み放題編

小樽倉庫No.1「小樽ビール飲み放題・時間無制限」1000円(21:06)

小樽運河沿いにある倉庫を飲食店に改装したオシャレな大人のスポットがあるのですが、中でも圧倒的に盛り上がっていたのがこちら、小樽倉庫No.1

木曜限定で、時間無制限の飲み放題が2200円がさらに安くなって1000円!

お店は絶対赤字だと思いますが、、、無礼講なんでしょうか。いえ、オクトーバーフェスタでした。

ラッキー!

この日は朝から利用した交通機関が全て遅延したり小雨が降ったり万次郎が閉まってたり食べ過ぎて死にそうになったりカップルの自撮りを見せつけられたらハロウィンだったりと散々でしたが、最後の最後に幸運の女神が舞い降りたようです。

ビールとビールとビールと、あとビールをいただきました。しかも全て冗談みたいなサイズの大ジョッキで。

トイレ付近はゲロの匂いが漂ってましたが、酔ってたので全然気になりませんでした。普段だったらカリカリしだしてブログにボロクソ書くところでしょうけど、この時はすごくハッピーな気分でした。さっき食べたルタオの陽気な花の効用かもしれません。

昼間メルヘン通りにいたたくさんの観光客とカップルたちが17時過ぎて魔法みたいに消えたねって母と喜んでたんですが、全員ここにいました。いや、全員かは知らないです。テキトーなこと言ってすみません。

盛り上がってますねー、日本とは思えないノリです。クラブじゃないですよここ。居酒屋とも雰囲気違うのですが。

一番しっくりくるのは「酒場」ですね。ドラクエに出てきそうな酒場ですね。

ここでパーティを作って酔った勢いで魔王を倒しに行きたかったですが勇者不在の上に遊び人しかいなかったので諦めました。あ、演奏していたドイツ人のグループの皆さんは武闘家っぽかったです。

小樽倉庫No.1「マルゲリータ」1200円(20:44)

マルゲリータ 1200円

ビール飲むとピザ食べたくなるのってなぜでしょうね。マルゲリータ自体はそんなにうまくなかったけど、ビール飲み放題でみんなのテンションも最高潮で、満足度は高い。

旅の思い出 priceless

ドイツ人すごいデカイw 全員2Mくらいあった。縦にも横にもデカイ!そして明るい!

すげー楽しかった。もう飲めないし食べれないし踊れないので22:00に退店。

小樽運河。日本じゃないみたいー

札幌編に続く!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です