【第7夜】指宿旅行〜指宿名物・砂蒸し風呂、豪商・太平次が愛した魚見岳、山川港を堪能!編〜

カテゴリー 時を加速させるプライベート★ライフ

どうも、白戸です。2018/1/6、7の土日を使って指宿(いぶすき)に行ってきました。

 

前回まで(↓)の続きです。

【前夜】指宿旅行〜すべての無駄を排除した完璧な旅行計画〜

【第1夜】指宿旅行 〜レンタカー借りてものの5分で事故りそうになった編〜

【第2夜】指宿旅行〜開聞岳(1回目)登山に失敗したおバカな理由とは!?編〜

【第3夜】指宿旅行〜浦島太郎伝説の地を観光!たまて箱温泉、長崎鼻、竜宮神社編〜

【第4夜】指宿旅行〜真冬に人生初のソロテント泊。寒すぎて悪夢を見たよ編〜

【第5夜】指宿旅行〜開聞岳、人生初のソロ登山は真っ暗闇でスタートしました編〜

【第6夜】指宿旅行〜計画どおり早朝に出発してたら死んでたかも。ようやく登頂!編〜

 

現時点における完璧な旅行計画と現実とのズレ(その6)

<計画>

二日目

二日目、開聞岳をクリア後は、浦島太郎伝説の地、竜宮神社でご朱印をもらい&長崎鼻を観光。さらに山川港の道の駅「活お海道(いおかいどう)」で新鮮魚介のランチを堪能し、両親へのお土産を購入。薩摩伝承館で指宿の歴史に肌で触れ、指宿の豪商・山木の太平次が愛した魚見岳山頂からの景色を楽しむ。その後、午前中に書いた汗と泥を指宿名物「砂蒸し風呂」で落とし、さっぱりしてから頴娃ICで指宿スカイラインに乗って鹿児島中央に帰宅。

 

<現実>

AM6:00から登り始め、AM10:00に下山。ちょうど2時間きっかりで五体満足で開聞岳を制覇!竜宮神社と長崎鼻は昨日行ったのでスキップし、山川港でランチ!お腹が空いた白戸を待ち受ける絶品海の幸はいかほどか!?

 

道の駅山川港活お海道(いおかいどう)での失敗

山川港は豪商・太平次の伝記小説「豪商伝」にも何度も登場した港だったので一目見ておこうと立ち寄りました。巨大なクレーン、風穴トンネルが目を引きました。運転中だったのでまた写真がありません。すみません。

 

道の駅は、いおかいどうって読みにくいなーしょぼいかもなーって思ってたのですが、結構大きくて立派でした。

ご立派!!

さて、腹が減りまくりなので早速レストランにIN。

メニューはどれも1000円以上だったので魚介だけにギョッとしました。(あぁーーー軽い気持ちでダジャレ入れたら変な感じになったーーー)

無難にかつおたたき御前(1250円)とか海鮮丼(1000円)にするつもりだったんですが、かつおカツ定食(1000円)なるものを発見。かつおをカツにあげちゃったやつです。こんなの初めて見ました。そして、もう二度と出会うことはないでしょう。

そう思うと妙にここでかつおかつを選ばないのは惜しい気がしてきまして。かつおたたきとか海鮮丼ならほかの場所でもたべれるし、ここは一発冒険してみますか!ということでかつおかつ定食を注文。

 

出てきたのがこちら。

おおー!揚がってる!

お腹がすいてたのでこのボリュームは嬉しい。中央のボトルは味噌とソース。お好みでかけて食えとのことです。早速、味噌だれをかけてぱくり。

。。。。?

なんだろう。。。おいし、、く、ない?

もう一口、今度はソースをかけてぱくり。

。。。。うん。やっぱ、美味しくない!!www

まさか、このお腹ペコペコの状態で「おいしくない」と感じるとは想定外です。砂浜に打ち上げられた腐ランスパンでも食えるくらいお腹が空いてたので、これは意外。つーか失敗。

 

あぁ、、、残りは返すから、海鮮丼に交換してもらえないかなぁ。もらえないよねぇ(涙)

感情を消して目の前の皿をひとつずつ平らげ、涙目で1000円払ってレストランを出ました。

 

気を取り直して買い物です。マンスリーには冷凍庫がないので、凍ってるやつは基本対象外。甘味、乾物とかお茶、酒系を狙います。

まずは指宿といえば、太平次が大量に抜け荷していた黒糖!琉球(沖縄)の黒糖は太平次の時代(明治維新前)からずっと名産品だったんですね。ということで黒糖ブロックを購入。450円でした。安!!!

あと母に酒のつまみを買い、こちらの新酒を見つけて思わずパシャり。

焼酎6本セット(7000円)でバラ売り不可のため断念。

あと、なにより目を引いたのが激安とれたて野菜!でっかい白菜が150円、紅はるかが一袋100円など。車で来たのをいいことに、でかくて保存のきく野菜を持てるだけ買いまくりました。

 

気づけば12:10。ちょっと買い物に時間かけすぎました。

時計を見てたらなんか薩摩伝承館に行くの、億劫になりまして。もうさっさと風呂に入りたいのです。ずっとドロドロだし汗は乾いたけどなんか気持ち悪いし。ということで、薩摩伝承館はスキップし、魚見岳へGO!

 

豪商・太平次が愛した魚見岳(うおみだけ)に登頂

太平次が伝記の中で「ここからの景色が一番」と言っていたので、興味本位で登ってみました。登ったと言っても、頂上手前までは車で行けるので、歩いたのは5分足らずですけどね。

たしかに、魚見岳の目の前に見える知林ヶ島(ちりんがしま)とは「干潮時にだけ出現する道」で少しの間だけ鹿児島本島と地続きになり、なんともロマンチックでした。

 

12:30、満潮のためまだ道は見えない

あと、魚見岳の由来はそのまま、昔は漁師の人たちが魚の居場所をみるために上ったそうです。私も見てみましたが、魚は全く見えません。時期によっては、赤潮黒潮みたいに海の色が変わるほどの大量の魚が発生するんでしょうか…?

 

指宿休暇村で名物・砂蒸し風呂を堪能!すごかったwww

13:00、いよいよ砂蒸し風呂のある指宿休暇村に到着! 魚見岳から10分足らずのはずが、道を間違えてぐるっと迂回したためおもったより時間がかってしまいました。

 

休暇村、って名前からこじんまりした旅館をイメージしてたんですが、、、

ながーいロビー

休暇村、めっちゃでかい。そして綺麗です。あれ、、、むしろこれ、この泥だらけのジャージで入って大丈夫でしょうか?

大丈夫でした。それどころか、すげー感じのいい接客。これ、絶対高級旅館だなと思い、後で調べたらやっぱり一泊20000円クラスの旅館でした。

「村」という文字から受ける素朴な印象とは完全にミスマッチですwいい意味で。

 

宿泊しなくても日帰り温泉(しかも砂蒸し風呂付き)は1080円とお気軽な価格で楽しめるので良かったです。高級宿ってやっぱいいですね。従業員の態度から設備の清潔さまで、すべてが「行き届いてる」感っていうんでしょうか。

すみません、久しぶりに金の匂いに触れたので興奮してしまいました。

 

とにかくレッツ・砂蒸し!!

写真撮影は当然できないのですが、かなり良かったです。

イメージ図。

湯気がたってる砂を砂蒸しおじさんが掘ってくれて、作務衣着衣でそこに寝転び、再び砂蒸しおじさんに顔以外の全てをアツアツの砂に埋めてもらうという風呂。

 

感想を述べるなら、「重い」でしょうか。

息がちょっと苦しくなるくらいのドシっとした重量感。完全に埋められてから、ためしに腕を持ち上げようとしたのですが全く持ち上がりませんでした。ただ、腹筋とか足の大きい筋肉を使うと、ボコッと動かせるくらいのちょうどいいレベル。

熱さはちょうど良かったです。あったかくて、重くて、たまに窓から磯の香りのするつめたい風が吹き込んできて、、、要するに最高でした。

これはまた来たい。こういう高級感のある所にこそ、両親を連れてきてあげたい。砂蒸し風呂は作務衣着衣&男女共用だからみんなで我慢比べとかして楽しめるし。

 

すみません。指宿休暇村、なんのトラブルもなく普通に最高でした。

名残惜しみながらも、14:20に休暇村を出発。

なんと、予定通りです。

 

このままなんのトラブルもなく帰れてしまうのか!?

続く!

【第8夜】指宿旅行〜梵字がカッコイイ「青龍寺」観光&「指宿スカイライン」でげんなり編〜

【第7夜】指宿旅行〜指宿名物・砂蒸し風呂、豪商・太平次が愛した魚見岳、山川港を堪能!編〜” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です