【第4夜】指宿旅行〜真冬に人生初のソロテント泊。寒すぎて悪夢を見たよ編〜

カテゴリー 時を加速させるプライベート★ライフ

どうも、白戸です。2018/1/6、7の土日を使って指宿(いぶすき)に行ってきました。

 

前回まで(↓)の続きです。

【前夜】指宿旅行〜すべての無駄を排除した完璧な旅行計画〜

【第1夜】指宿旅行 〜レンタカー借りてものの5分で事故りそうになった編〜

【第2夜】指宿旅行〜開聞岳(1回目)登山に失敗したおバカな理由とは!?編〜

【第3夜】指宿旅行〜浦島太郎伝説の地を観光!たまて箱温泉、長崎鼻、竜宮神社編〜

 

現時点における完璧な旅行計画と現実とのズレ(その3)

<計画>

初日の計画は、10:00行動開始。人生初のレンタカーで人生初の高速に乗り、指宿スカイラインをドライブ。11:40には「かいもん山麓ふれあい公園」に到着し、テント設営。12:00に開聞岳のソロ登山(一回目)を開始し、遅くとも17:00には下山。そのまま「かいもん山麓ふれあい公園」にてテント泊。満天の星空を楽しみながら一杯、、、

の、はずでした。

 

<現実>

スカイレンタカー鹿児島中央店の受付係が私を30分間無視したためレンタカー屋を出るのが遅れ、その後レンタカーで部屋に戻る際に横着してナビを使わなかったせいで5分で着くはずが30分を要す。

なんだかんだで結局1時間遅れの13:00に「かいもん山麓ふれあい公園」に到着。急いで開聞岳を登り始めるも、水を忘れるという致命的なミスを犯す。結局、初日の開聞岳登頂は断念。

時刻はまだ14:15。余った時間で2日目の旅程にあった指宿名物の「砂蒸し温泉」、「浦島太郎」伝説の地の観光を済ますことに。竜宮神社でのご朱印もギリギリ間に合い、時刻は17:00。17:17に日没予定の夕日を眺めながら、まだテント設営をしていないことを思い出し、慌ててキャンプ場に引き返す白戸だが、、、

 

コンビニで水とビールとキャンディーを買う

まぁ、コンビニ着いた時点で17:30。もう日は完全にくれてます。ちょい明るめの夜って感じでwww

急いでも意味ねーなってことで開き直りました。で、コンビニで今日さんざん苦しめられた水を2Lと、晩酌用にビール、あと(ストレスかな…?)甘いもんが欲しくてキャンディを袋買いしました。

Werther 's Original Sugar Free Butter Candies by WERTHERSウェルダースオリジナル、体重56kg時代には大好物だった

 

さて、後ほど、この買い物がことごとく裏目に出ます。

 

1230円払い、真っ暗&無人のキャンプ場で世界一孤独なテント設営作業を開始

テント張るのもタダじゃないんですね。

キャンプ場管理棟でテント張っていい場所だけ聞こうと思ったのですが、カネ取られました。後々何度も思ったんですが、気づかないふりして無断でテント張ったとしてもバレないと思います。そして、管理棟の人も別に損もしないと思う。客が汚したりゴミ置いてったりするなら話は別でしょうが、そんな人めったにいないだろうし、、、まぁいいや。

 

管理棟の近くにコインランドリーがあり、今日(無駄に)汗だくになった登山ウェアを洗おうか迷いましたが、乾燥機が壊れてたりして乾かなかったら最悪なのでやめました。この旅が始まってから、挑戦する心がガンガン弱まっている気がします。

 

さて、時刻は18:00。コンビニでゆっくりしすぎました。

つか、キャンプ場についてびっくりしたのですが、誰もいません。

ひとっ子一人、いません。

 

え、場所間違えた?っておもってさっき管理棟でもらった地図を何度も見たのですが、やはりここで間違いありません。

そばのロッジは何棟かあかりが灯っていましたが、キャンプ場は真っ暗です。昼間、隣でパットゴルフやゴーカードを楽しむ幸せ家族で賑わっていたのが嘘のように、完全無人です。そして真っ暗です。

 

さすがのポジティブの神、こと私でも「やりぃ!これこそ私が望んでいたシチュエーション!キャンプ場と星空を独り占めだぜぃ!」と小さい声で呟いて自らを励ますのが精一杯でした。

 

早速、せっかくなので広場の真ん中にテント設営を開始。

途中、管理棟のおじさんが私の心にトドメを刺すために掘った罠なのか、無駄にデコボコした斜面でつまづいて一度荷物を全てばらまく形で転んだためすっかり意気消沈していましたが、テントが5分で無事設営できたことで持ち直しました。心が。もうギリギリです。心が。

 

人生初のソロテント泊!よく考えたら今って1月だけど大丈夫?

さて!

こちらが出来上がったテントです。なかなか上出来でしょ!?

リアル・ドラクエテントwww

もうちょっと遠くから撮ったやつ。

ぽつーーーん

人の心に潜むと言われている、暗闇を怖がる本能のせいでしょうか。幸せ家族が近くにテント張ってたら落ち着けなくて嫌だなって思ってたキャンプ場が完全に無人で怖気付いたせいでしょうか。

ちょっと怖くなっちゃっいまして。

普段、お化けとかそういう系って一切信じていないのですが、写真を撮ってるうちになにか「別のもの」が映り込みそうな気がして、これしか撮っていません。バッテリーも充電できそうなとこないし、節約しないとね。

 

一応、キャンプ場の中だし管理棟にも21時までは人がいるっておじさんが言ってたので、緊張と恐怖心を紛らわすためにビールで乾杯。

いやぁ。今日はよく頑張りました、私。

冷たいビールが既にかじかんでいた指先、喉、そして体内まで染み渡ります。

寒いです。このクソ寒い中冷えたビールって、、、バカ!

 

でも不思議と飲まずにはいられません。ストレスでしょうか。つかなんで休暇でわざわざストレス感じるような旅してるんでしょうか。真冬に一人でこんなとこにテント張って私は何をしているんでしょうか。

今さら我に返っても時既に遅しですね。

 

諦めて寝袋に入り、震えながらビールを飲みました。

つまみは、「竜宮神社」の駐車場を使う代わりに買わされたかつおの乾物みたいなヤツ。夜のお供は、指宿が生んだ豪商・山木の浜崎太平次の伝記小説「豪商伝」です。寝袋に入ってるとだんだんあったかくなってきて、小説も面白いし、ちょっとホッとしました。テント泊も悪くないな、と。

[amazonjs asin=”B00MQJZ1B6″ locale=”JP” title=”豪商伝 薩摩・指宿の太平次 (角川文庫)”]

 

トイレ地獄!真冬のテント泊、寝る前にビールを飲むべからず!

本を読みながら寝落ちしてやろうと思ってたのですが、20:00ごろ、とうとう我慢できなくなってトイレへ。

管理棟は21:00に閉まるけどトイレのドア(裏口)は常時開放しているので、夜中にもよおしても安心です。

帰り道、そういえば満天の星空!!と思い出して眺めてみましたが、あいにくの曇り空。月も星もぼんやりとぼやけてはいましたが、たしかに星はちょっと多い気がしました。

 

管理棟までの往復ですっかり目も冴えてしまったので、ついでに明日の準備をすることに。

今日登った感じだと、荷物はペットボトル一本あれば事足りるなーと思ったのですが、屋久島では今日の大きさのザックを背負い、さらに片道10時間も登り続けなければなりません。しかもかなりの確率で雨。

やはり練習は必要だろう、ということで、ザックには寝袋や着替え、クッカーなど一式詰めて登ることに決定。

 

あと水ね!!!

水は絶対忘れちゃダメだから。つか、水さえあればなんとかなるから。

500mlのペットボトルに水を満タンにセットし、ザックのサイドポケットにセット。あとは、起床後、歯を磨いて水を飲んでザックに寝袋を詰めて、出発するだけ。

これで、明日の朝凍死していない限りは忘れずに水持参で開聞岳に挑むことができます。

 

さて、あとは酒飲んで寝るだけ。なのですが、なかなかビールが減りません。そうです、寒いからです。1月のテント泊と冷たいビール、相性最悪です。でも200円以上するビールを残すなんてもったいないこと、私にはできず。。。

 

なんとか飲みきる頃には20:30を過ぎていました。そろそろ寝なきゃなーと思って小説を読んでいると、またちょっと眠くなると同時にトイレに行きたくなってきまして。

おかしい。30分前に行ったばかりです。が、膀胱がどんどんパンパンになってきて、全然眠れる気がしないのでまたトイレに。管理棟まで往復5分。しかも外気はキンキンに冷えており、一寸先は闇です。

寒さと恐怖でまた交感神経が完全活性化し、全然眠くない!

また本を読んでいると、10分後、またトイレに行きたい。

え。嘘でしょ? この歳で頻尿!? まだピチピチの31歳ですよ!?

 

とにかくまた我慢できなくなってトイレへ。もう面倒くさい。

いちいちテントのチャック開けて、靴履いて、管理棟まで歩くの、マジ面倒くさい!!!

 

なんか知らんけど急に頻尿になった私は、この夜、23:00まで14回トイレに行きました。もちろん一睡もしてません。おいおい、普段(22:00就寝)より夜更かししてるよコレ!!

もう最悪です。昼間に水がなくて渇き死にそうになったことを体が覚えていたのか、ビールの他に水も結構飲んじゃったのでそれも効いたんでしょうね。

ようやく眠くなって尿意も落ち着いて、ライトを消したのは0:00を過ぎていました。

 

起床。寒すぎて全然眠れなかった…

4:40、目覚ましで起床。眠いです。全然寝た気がしません。ライトを消した後も、ガンガン寒くなりまして。芋虫みたいに丸まって震えながら寝がえりを打ちまくっていたので、なんか寝た気がしません。

 

隣にパットゴルフ場があるというのを脳が覚えていたのか、寝ているところにゴルフボールが飛んできて(テントは消えてる)、幸せ家族に囲まれた状態で見下ろされ、「パパ!見て!こんなとこに寝てる人がいるよぉ!!」「あっはっは、本当だねぇ」「あらあら、なんでこんなところでどうしたんですかぁ」的なセリフと嘲笑を浴びせられ、ついでにゴルフボールをぶつけられるという夢を見た記憶があるので一応寝たんでしょうけど、、、

すげー疲れました。あと心が傷つきましたwww

私の、幸せ家族に対する猜疑心が生み出した悪夢なんでしょうけど、真冬に無人のテント場でひとりテント泊っていうシチュエーションも相まって、なかなかハードでした。

 

さて、気を取り直して。

日の出は7:17。

つまり、まだ暗いうちから登山を開始し、日の出前に登頂。そして山頂で、朝日が登るのを眺めながらモーニングコーヒーをいただいちゃおう計画なのであります!!むふふ。

ただ、暗くて寒い山頂で何分も太陽待ちするのはキツイ、ということでジャストインタイムの山頂につく時間で出発したいなと。

昨日のペースだと、水もあるし、たぶん2時間で登頂はできるなと予測。ってことは、出発は5:17、少し余裕をみて5:10に出ればいいなと計算。

となると、まだ30分ほど時間があります。

 

あったかいものを食べたい!インスタントラーメンを作り始めるが、、、

テントの中でただ待つのも暇です。そこでふと、昨晩テントで食べる用に持参していたインスタントラーメンでも食べようかなと思い立ちます。(昨日は16:30という中途半端な時間に食事したので、夕食はいらなくなっちゃったのです)

 

で、昨晩からずっと凍えていたので、いい加減あったかいものを食べたい、という気持ちが爆発しまして。

2Lの水も半分以上余っていたので、それを使ってお湯を沸かし始めます。

ガス缶にテント内で火をつけちゃダメよって注意書きがあったので、テントの外(テント内から手を伸ばして届く距離)にクッカー置き、お湯が沸くのを待つこと5分。

はやく沸け〜♫

蓋を開けてみるも、湯気すら立ち上がりません。蓋も手で触れるレベル(つか、ちょっとあったかい程度)。

嘘でしょ!?と。

 

前日、部屋でテストした時は5分でぐつぐつに沸いたのに!

そこでハタと気づきました。あの時、部屋はエアコン(24℃)が効いてて、少なくとも20度以上でした。現在の気温は、スマホの天気予報で調べると7℃。(でも絶対もっと寒かった!2℃くらいだと思った!)

寒いから、なかなかあったまらないんだ!と気づきました。

 

で、ガス栓をもうちょっと開け、火力をマックスに。ゴーって音が聞こえます。これならすぐだろって思ったのですが、、、

 

待つこと10分、ようやくうっすら湯気がたってきた。

さらに10分、底に気泡が出来始めた。でもまだ沸騰はしてない。

 

あと5分で出発予定時刻なのですが、まだラーメンを投入していません。ラーメンは沸騰したお湯に入れてからさらに5分煮ないといけないのでもう間に合わないことがこの時点で判明。

しかし、あったかいものが食べたい欲が抑えられません。もう日の出とかいいから、とにかく熱々のラーメンを食べたくて仕方ないのです。体の芯からあったまりたくて仕方ないのです!!

 

完全に沸いてないですが、これ以上待てないってことで、お湯を沸かし始めてから30分後(ちょうど出発予定時刻のAM5:10笑)にインスタントラーメンをお湯に投入。

ここからさらに5分。待って開けてみましたが、かろうじて湯気がたってるだけで、ラーメンは投入した時の丸い形で固まったまま。

はぁ!?と。

しかし火力はすでに最大。(また)パニクって、食べる直前に入れる予定だった液体タレを投入してしまいました。

さらに待つこと10分、ようやく麺がほぐれ始めたので、もういいや!ってことで食べ始めます。

 

麺はまだ茹だってないせいかパサパサで固く、しかもぬるい。しかも、お湯の量が多すぎたせいで味も薄い。まさに最悪のラーメンです。ラーメン屋でこれ出されたら店主にぶっかけてやるレベルのまずさ。でも、あったかい…😍

あたたかい食べ物ってこうも人を幸せにするものなんですね。

ぬるくて薄くてパサパサのラーメンでしたが、完食。スープも飲みきりました。すると、なんだか元気が湧いてきたというか。あのゴルフ場の悪夢とか寝不足の疲れとか吹き飛びました。

あったかいものって偉大です。

クッカーを洗い、ザックに詰めて歯を磨いたら時刻はなんと5:40!www

出発予定時刻を30分もオーバーしています。

しかも登頂には2時間というギリギリのタイムで計算しているので、日の出を見るのはこの時点でかなり絶望的です。でもラーメンが食べたかったんだから仕方ありません。仕方ないのです。

 

とにかく、悔やんでもラーメンに費やした時間は戻ってきません。もうこれ以上テントでやることもないのでとっとと出発することに。もちろん、水は持っています。ちゃんと指差し確認したので間違いありません。

真っ暗なので、慌てて転んで滑落とか道に迷って遭難とかしなきゃそれでいいや、とアッサリ目標を引き下げ、ライトをザックの肩紐にくっつけて出発!

 

果たして、日の出には間に合うのか!?つか、登頂できるのか!?

続く!

【第5夜】指宿旅行〜開聞岳、人生初のソロ登山は真っ暗闇でスタートしました編〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です