飛行機なう。オフラインの時間を最大限に有効活用する方法を考えてみた

カテゴリー 卑屈で塗り固めた深夜の本音トーク, 時を加速させるプライベート★ライフ

どうも、白戸です。

突然ですが、出張の移動時間ってクソ長いですね。無駄ですね。

 

飛行機って待ち時間長すぎじゃね?

これを書いてるのは空港へのバスの中なのですが、時間を持て余しまくってどうしようもないので、これをネタに記事を書いています。

同じく、ヒマでヒマで精神崩壊しそうという方は、お付き合いください。

 

バス(自宅→空港) 2時間
飛行機(羽田→鹿児島) 2.5時間(待ち時間込み)
バス(鹿児島空港→オフィス) 1.5時間
移動時間 計:6時間

 

飛行機が曲者。9時に羽田発の飛行機に乗るために、5時半に起きないといけないとか、すごい違和感があります。搭乗口前で30分ちかく待たされるのも、、、仕方ないと思いますけど、やっぱ無駄だなーと思っちゃいますね。頻繁に飛行機乗ってる人は大変ですね。

 

つか5時半に起きたのに、実際に仕事を始めるのが12時ですよ(正確にはランチ行くから13時だけど)。移動だけで6時間って。6時間あったらその日の仕事ほぼ終わりますよ。荷物の準備の時間とかも入れたらもっとかかってるし。

 

極端な話、自宅でフリーでやってる分には起きて5分(歯磨き・着替え)で仕事を始められるので、その感覚でいるとなんか違和感がありますー。

いまどき、FaceTimeもあるし、これほどのコスト(お金・時間)をかけてリアルで会いにいく必要ってあるんですかね。まぁ私は自腹切らずに鹿児島に行けるのでありがたい限りですけど。。なんか、みんなコレが普通と思ってるのかなぁってちょっと疑問を持ちました。

 

効率のいい移動時間の使い方を考えてみた

さて、私はそんな頻繁に飛行機で行ったり来たりするわけじゃないのですが、それにしても移動時間が無駄になるのはちょっと許せません。時間って命ですからね。命を無駄にするのは1分だって嫌なのです。ケチなので。

移動中、私は「WiFiを持ってない&スマホも格安プランでネットはほぼ使えない」なので、基本的にはオフライン。オフラインでできることってなんだろう?と考えてみました。暇なので。

 

①考えごと

仕事のことだったら、事前に内容がキッチリ頭に入っているのが前提。
とはいえ、頭の中だけで済ませようとすると、忘れたりいつのまにか別のこと考えてたりとなかなか難しいので、人生を見つめ直すとか、休日やりたいことをリストアップする類の考え事は、頭の中だけでモヤモヤするだけでなく(それは「考える」とは言わないと個人的には思ってる)、ちゃんと書き出しましょう。

先日の記事「最近頭が悪くなった、太りやすくなった、インドア好き、、、日頃の「疲れ」を自覚していない人たちとは?」で紹介した、ワーキングメモリのリセットとかも、移動中にできるのでオススメです。

あとは、「誰でもできる!20個の単語リストを1発で覚える記憶術 〜記憶の神殿の作り方〜」で紹介した記憶の宮殿を歩き回るとか。レクター博士みたいでカッコいいですね!

 

②ブログ・日記の執筆

スマホで1文字ずつ打つのはさすがにだるいのでPCがあった方がいいですが、どっちにしてもメモ帳機能さえあれば普通に執筆はできます。紙とペンで書いてもいいけど、個人的には書き写す(電子化する)時間がもったいないと思う。

本のレビューとかなら、事前にポイントだけメモっとくみたいな準備が必要。日記記事ならPCだけでOK。

このブログも2年続いてますが、結構いいお小遣い稼ぎになってます。楽しいし、オススメ。

 

③読書

紙の本だとかさばるのが難点。でもKindleは小説だけとか、私のように使い分けしてる場合は、読む本が限られてくるのでちょっと微妙。

 

④ダウンロードしておいた映画・ラジオなどの視聴

イヤホンとスマホがあればいいので、歩きながらでもできるのがポイント。スキマ時間を無駄にしたくなかったら、これで勉強することもできる。私はTEDとかダウンロードして英語のヒアリングとかします。

気が乗らなかったらラジオ(伊集院光の深夜の馬鹿力が超好き)でリラックス。

 

⑤プログラミング

ソースがローカルにあればできないこともないが、詰まった時に調査とか当然できないので、簡単なことしかできない。ホント、Google先生がいないと何もできないなわたし。悲しい。

 

⑥寝る

んーでも座って寝るのとかあんま休まらないし、微妙かも。15分間の仮眠に使えるくらい。

ちなみに、日中の仮眠は30分以上とると睡眠が深くなりすぎてしまい、夜眠れないとか逆に頭がぼんやりしちゃったりするので、注意が必要です。

 

ネット娯楽に溺れる現代っ子にこそ、オフラインな時間は貴重

以上、オフラインでできることって結構ありますね。というか、オフラインでいる時間がほとんど無いっていう現実にいまさらながら驚いてます。子供の頃とか何してたっけw?

現代っ子のほとんどは寝ている時間以外はほぼオンラインで過ごしてるんじゃないですかね。みんな隙あらばスマホいじってるし。

 

でも、オンラインだと誘惑が多すぎるので、強制的にオフラインにされる貴重な時間は大切かもしれません。移動時間って積み重ねると結構な時間になってたりするので、スマホゲームとかで潰すにはあまりにもったいないです。

ぜひ、有効活用しましょう!

余談ですが、たまに祖父母の家に行ったりするとWiFi飛んでないので一日中オフラインになるのですが、こういう時ってめちゃくちゃ読書とか筋トレとかできます。普段だったらサボっちゃう人も、ネットに繋がらないと映画も漫画もゲームもできない環境に身を置くと有意義に過ごせるかもしれません。って考えると、自己コントロールって意味では、昔の人たち(歴史上の偉人)って現代人より有利な気がします。自分の研究とか仕事以外、脳内麻薬出まくりみたいな娯楽ってないわけだし。

ネットが一般的になり、娯楽がめちゃくちゃ手軽かつ豊富になった今、昔の人に比べると自己コントロールの難易度は上がっている気がします。

たとえば侍みたいに、厳しく自分を律してた人たちって現代では激減してるんじゃないかなー。うーん、自分次第なのかなー。わたしがクソ甘ったれなだけなのかなー。

 

まぁ生まれた時代は変えられないので、割り切って自分と戦うしかないですね。筋力と同じく意志の力には限界があるので、娯楽を我慢できないという人は、環境を変えるのが手っ取り早いと思います。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です