【投票】こんなアプリ作ろうと思うけど、どう?

どうも、白戸です。今回は初の投票企画です。

 

サクッと1週間くらいでアプリを作ってみることにしました。5ヶ月かけても当たらないと意味ないので、作戦名「たくさん作って数打ちゃ当たるかも」に変更しました。

 

こんなん欲しいな〜と個人的に思うものをいくつか考えたので、みなさま、投票をお願い致します。単純に、一番票が集まったやつから作り始めます。

投票期間は、私が死ぬかサーバーが落ちるまでとさせていただきます。

 

No.1 いちばんシンプルな目標達成カレンダー

イメージっていうか、既にある目標達成カレンダー。でもこれよりシンプルにする。

紙のカレンダーに、シールを貼っていく感覚に近い。

・カレンダー(ホーム)画面と設定画面のみの超シンプル構成。

・予定の日に通知してくれる。

・カレンダーの日付を1回タップすると予定「?」、2回タップすると完了「✅」。過去の日付はグレーアウトで表示。

[yop_poll id=”1″]

No.2 俺の寝言コレクション

<NO IMAGE>

寝言だけ抽出して録音し、一覧にするアプリ。

寝言の抽出ってどうやるのか見当もつきませんが、ニーズがあるなら調べて作ります。寝る前にONにして、起きたらOFFにするだけ。一覧で、行をタップするとあなたの珠玉の寝言を再生する。

[yop_poll id=”2″]

No.3 電話帳De断捨離

<NO IMAGE>

電話帳で、1年以上通信(通話、SMS、LINE)がないものを抽出して表示するアプリ。ワンタップで「誰だっけ?」ってやつを電話帳から削除できる。脳内からも。

[yop_poll id=”3″]

No.4 ジジババに送るフォトアルバム

<NO IMAGE>

写真を選択して、共有用のサーバーにアップするだけのアプリ。有料(送料+現像料)で、月初日に、自動で、現像した写真を指定住所にお届けする。

[yop_poll id=”4″]

No.5 iPhoneさわりすぎじゃね?

<NO IMAGE>

iPhone触ってた時間を記録して表示するだけのアプリ。初回起動時に予想を入力させて、それより触ってたら嫌味をつぶやく機能も搭載。

[yop_poll id=”5″]

No.6 世界で一番愛してますよね?

<NO IMAGE>

彼氏・彼女・親・子供など、相手に言ってほしい言葉を登録すると、相手にランダムで通知してしまうアプリ。

[yop_poll id=”6″]

No.7 曲がった角の数

<NO IMAGE>

その日、曲がった角の数をカウントして表示するだけの、今までにない斬新なアプリ。今までにないのは、誰も欲しくないからかもしれない。

[yop_poll id=”7″]

No.8 朗読しナイト!

<NO IMAGE>

青空文庫の朗読音声だけを共有するSNSアプリ。朗読特化型のYouTube、みたいな。

[yop_poll id=”8″]

No.9 ランダムギフト

<NO IMAGE>

海に手紙いれた小瓶を流すアレのアプリ版。

アプリに表示されるプレゼント一覧から一つを選んで購入。メッセージを登録すると、後日、ランダムで選ばれた別の会員にプレゼントが届く。自分には、相手の会員のプレゼントとメッセージが届く。

・もらえるプレゼントは、自分のプレゼントと同じ価格帯。

・相手に送られなかったら返金される。

・これをきっかけに文通が始まるかも。

[yop_poll id=”9″]

No.10 ビビッとくる!俺の名言コレクション

イメージ

偉人たちの名言集じゃなく、自分がビビッときた名言を保存するアプリ。私は自分がビビッときた言葉をEverNoteで箇条書きにしてるんですが、見た目とかおしゃれにして通知もしてほしいな、と思いまして。

つか、上の画像がある通り、これは今もう作り始めてるんですけどね。投票の結果次第では、個人利用のみでAppStoreで公開はしなくてもいいかなとかモヤモヤ中。

・縦書き表示。日本人だしね。

・毎日、指定時間にランダムで名言を通知できる

・追加、削除ができる

[yop_poll id=”10″]

 

以上です!

投票してくれたみなさま、ありがとうございました!結果は後日公開します。

他にも「こんなアプリつくってほしいんだけど」というのがあればお気軽にご連絡ください^^

それでは!

末岐 碧衣
  • 末岐 碧衣
  • フリーランス のシステムエンジニア。独立後、一度も営業せずに月収 96 万円を達成。1986年大阪生まれ。早稲田大学理工学部卒。システムエンジニア歴 12年。
    2009年、ITコンサルティング企業に入社。3年目でコミュ障が爆発し人間関係が崩壊。うつにより休職するも、復帰後はコミュ障の自覚を持ち、「チームプレイ」を徹底的に避け、会社組織内においても「一人でできる仕事」に専念。社内外から評価を得た。
    無理に「チームプレイ」するよりも「一人でできる仕事」に専念した方が自分も周囲も幸せにできることを確信し、2015年フリーランスとして独立。