母との会話に耐えられず、こっそり片耳イヤホン付けて上の空で返事してたら冷戦勃発www

81

どうも、白戸です。

 

母と喧嘩しました。原因は、たぶん母はわかってないと思いますが、私は確実にこれってのがわかってます。はい、コレです↓

[amazonjs asin=”B01N3U6W0B” locale=”JP” title=”Bluetooth イヤホン Bovon ワイヤレス 片耳 ミニサイズ 軽量 Bluetooth 4.1 ステレオヘッドセット ノイズキャンセリング搭載 高音質 ヘッドフォン マイク内蔵 ハンズフリー通話 USB磁気充電式 iPhone iPad Arrows Nexus Sharpなど対応 ブラック”]

 

母(56)と娘(30)の夜散歩Days

2016年春に実家に戻ってきたので、実家暮らしももうすぐ1年。そんな私ですが、越してきてほぼ同時期くらいから続いている習慣があります。

母との、夕食後の散歩です。

最初は食べ過ぎて苦しい私の豚腹ごなしに始めたのですが、夏ごろポケモンGOがリリースされてからはポケモン採りながら散歩しています。歩けば卵も孵るし、まぁちょうどいいねと。

雨の日も雪の日も極寒の風が吹く日も、距離やコースはマチマチではあれ、歩き続けてきました。

 

そんな仲良し親子であった我々ですが、最近めっきり会話が減りまして。

 

聞き流す力

※ビジネス新書コーナーにありそうなサブタイですが、全然ちゃんとした記事じゃないのでご安心ください(?)

 

私は「どうでもいいことをうまく聞き流せないタイプ」の人間なので、心に余裕がないと、ちょっとした小言をきっかけに、脳内ですごく悶々としてしまうのです。

 

例えば、、、

寒くて家の中でダウンを着てうろついていたら「脱ぎなさい!動いてたら全然寒くないよ!」と言われたりすると、脳内で

「こっちはあんたが日頃節約節約ってうるせーから電気代節約のために我慢してダウン着てんのに何脱げとか言ってんの? そっちは帰ってきたばっかで暖かいか知んないけど、こっちは一日中PC作業してんだよ。だいたい寒いとか熱いとかは個人の感じ方の問題であってあんたが暑いからってこっちも暑いとか決めつけてんじゃねーよ!つかダウン着てること自体だれにも迷惑かけてないよね?なんで、え、なんでそんなこと命令されなきゃいけないの? そもそも早朝に筋トレしてっから運動量的に言えばこっちの方が全然動いてっからね! おめーがタバコ吸ってパチンコやってる間、こっちはアプリ作ったりブログ書いたり筋トレしたりしてんだよ!知らねーだろ!言ってないからね。私はお前と違って言っても意味のない情報は口に出さないからね!誰も聞いてもこねーし」

…的なトークが、そうですね。だいたい30分くらいは延々続く感じですかね。もちろん、その間は脳内トークがやかましいため機内モード(外部の声は一切届かない電波状態)になってます。たぶん、専門の病院に行ったら正式な病名があると思います。なので病院にはいきません。

 

小言を言われた29分以内に次の小言を言われると、前の小言を消化する前に次の小言が来ちゃうってことになるので、もう完全にオーバーフローしてしまうのです。機内モードの時は単に無表情&無言(これは私はデフォルトがそんな感じなので誰も気にしませんが)で、オーバーフローするとこれに「&無感情」が付け加わります。

皆さんもご経験ありますよね? あからさまに感覚が鈍磨する感じ。

「もう夕ご飯の味が全然しない」とか「水の中にいるみたい」とか「ライターで手のひらを炙ってみたけど全然熱くない、、っていうか、ほわぁー。炎ってじっと見てると綺麗だなぁ。あれ、なんか手のひらから焦げ臭い煙が…」でおなじみのアレです。(最後のはねーよ!www)

 

”聞いてあげてる感” がもうしんどい。

ぶっちゃけ、最近は母との会話が「しんどい」と感じ始めてます。母の会話は、92%くらいが小言か不平不満か言い訳。

それでも心に余裕がある時はにこやかに聞き、ユーモアで切り返したりしていました。そういう時って、自分がユーモアを思いついたこと自体が楽しかったりするので、会話も結構楽しめたりするんです。

しかし最近はアプリ開発がエラーでどハマりして全然進んでいないことに焦ってまして。おそらくドミネータ向けられたらリーサルモードで排除されるだろうなってくらいメンタルがアレなのです。(©アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス VOL.1【Blu-ray】」より、でございます)

[amazonjs asin=”B01F29U8FK” locale=”JP” title=”Cerevo DOMINATOR SPECIAL ED. サイコパス CTP-DM01A-SP”]

 

まぁそんなこんなで、母のどーでもいい小言やパチンコ屋で隣になったおじさんに対する不平不満とかタバコを吸いすぎる言い訳とか、「ちょっと耐えがたいなー」と。

 

片耳イヤホンをこっそり装着して散歩に同行した結果

で、軽い気持ちでこないだ買った片耳イヤホンをこっそり装着して、夜散歩に行ったわけです。イヤホンからは、あらかじめiPhoneに落としておいたゼノブレイドのサントラとか伊集院光の深夜の馬鹿力とかを流しながら歩きました。母の会話は片耳で聞いています。

これが、もうすんごい楽でして。気持ちが。

だって話のプロの伊集院光が右耳でずっと面白トークをしてくれてるんですよ。夜空の星を数えながらゼノブレイドのザトールの曲を聴くのとか、もうすんごい癒される。

 

もちろん、左を歩く母のトークは聞いてるふりをしてたまに相槌を打ったりします。初日はそれで母にもばれず、私の心は癒され、ポケモンも獲れて、もうなんの問題もなかったわけです。

これ最強じゃね?と。全てを手にいれた気分でいました。

 

 

母子夜散歩冷戦勃発(2017)

味をしめた私は、その後も毎回、片耳イヤホンを装着して母と散歩に出かけました。

が、だんだん、右耳(イヤホン)のトークや音楽を聴くのに、左耳から入ってくる音が邪魔に感じてきたんです。考えてみれば当たり前でした。

どうしても同時に左右から聞こえてくる音声なので、比較しちゃうんですよ。すると、「(右耳)伊集院光のラジオトーク vs (左耳)母の小言&愚痴」という構図になり、、、こんなもんハナから勝負になるわけもなく「もう右耳だけがいいわー」と思うようになっちゃいまして。

で相槌とかもだんだん減っていくし、「うるさい」と感じているので表情もむすっとしてしまい、、、

 

ついに母が「なんか喋れよ。だまーーって歩いてるだけでさ。つまんないの?」と文句を言ってきました。

 

「はい、つまんないです」って即答するわけにもいかないじゃないですか。

で、「そもそも私に文句ばっか言うけど、その前に楽しい話とか返事したくなるような話してみようとか、そういうのは全然考えないんだね」と。

これは口に出して言いました。そしたら、今度は母がむすっと黙り込みまして。

「あーあ。最近なんか散歩するの疲れてきちゃった」とか独り言つぶやいて、何のアピールか知りませんが私から3Mくらい離れて歩いたりして。

 

イヤホン付けて会話そっちのけにした私も悪いですけど、100%じゃないでしょ。そっちも私のことゲロ袋扱いして不平不満のはけ口にした挙句、どうでもいい小言いってストレス解消の道具にしてたわけだから、私がちょっと上の空になるくらいしょうがなくね? もちろん人と話すのにイヤホン付けっぱってのはいくらばれてないとはいえ、それは私が最悪ですけど? 便所虫ですけど? 所詮はシビュラシステムに認めてもらえずにドミネータで爆発させられる負け犬ですけどなにか?!

 

すみません、取り乱しました。

明日はイヤホン付けずに行こうと思います。母がまだ行く気なら、ですが。。。ふぅー。今日はもう何もやる気がおきません。眠いけど眠れる気もしません。今飲んでるコーヒーも味がしません。(久々来たかコレ?鬱ビッグウェーブきたかコレ?)

 

それでは(・x・ )

 

 

白戸
  • 白戸
  • 2019年現在、32歳。元女社長で、今はフリーランスのブロガー兼SE。
    アプリ作成・システム構築みたいにモノ作りもやるし、ITコンサルみたいなアドバイザーもやってます。ブログもこの通り、時々更新してます。
    <経歴>
    早稲田理工の新卒で某ITコンサル会社に入社。でも6年で鬱になって退職。個人事業主として起業し、28歳でフリーランス生活が始まる。
    ITから離れたくて小説家を目指すも1年で挫折。その後、株式会社を立ち上げてビジネス始めようとしたけど軌道にのらないのでいまは休眠中。
    フリーランス活動しながら、裏でシコシコ次のビジネスを立ち上げ中w
    あ、あと、彼氏募集中!(←強調

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です