驚愕!男性が “セクシー画像” を見た時に活性化する脳の部位とは

カテゴリー 卑屈で塗り固めた深夜の本音トーク

どうも、白戸です。

 

最近、とんとご無沙汰だった恋愛関連の書籍を読み漁っています。なんというか、子供の頃に好きだったひたすら甘いだけのお菓子を久々に食べた時のような感覚。

新たな出会いに向けて、自分の中でスイッチがONになったのを強く感じます。もしくは、単に躁鬱病のぶり返しかもしれませんので、「躁」ギアの今のうちに記事を書いてしまおうと思います。

 

なぜ、いちばん好きな人とうまくいかないのか?」という本で面白い文章を見つけました。

 

「自分という存在がありながら、彼がAVを見ていた」

彼の部屋にAVが隠してあるのを見つけてしまった。心にしまっておくべきか、彼に言うべきか?

と悩む女性(27)の相談に回答する形で書かれていました。

個人的には「ほぁ〜、世界は思ったより平和なんですね」と鼻クソをほじりながらピンと指で飛ばしたくなるような相談内容ですが、あまりdisると若くてピュアな乙女の人たちに叩かれそうなので話を先に進めます。

筆者も、女性はそういうものを見つけて嫌悪感が起こるのは当たり前、というフォローをしっかり入れた上で、結論は「心にしまっておけ」というものでした。

その根拠として、示された心理学の実験の話が面白かったです。

 

露出の高い女性の写真を見ている男性の脳の部位

プリンストン大学の心理学者スーザン・フィスク氏の心理学的な実験で、男性の脳をスキャンした結果、肌の露出度が高い女性の写真を見せられたとき、男性の脳は「道具の使用」と関わる領域が活性化することがわかりました。「もの」として見ているという傾向が、科学的に実証されたことになります。

男性は知らない裸の女性の画像を見た際、相手の意図を考える時に反応する脳の領域が全く働かない男性もいるらしい。

女性を外見的魅力がある存在として認識するものの、その女性の心については全く考えていないという男性も多いのです。もちろん、恋人の画像であれば心に関する脳領域も活性化するとのことですが、人間の画像を見ているのに社会的認知に関わる領域が活性化しないというのも、よく考えたらぞっとしない話ですね。

ちなみに女性は、セクシーな男性の裸を見たら人間として認識するらしいので、その辺の行き違いなんでしょうね。

 

AV的なものを見つけてしまったら、、

女性の皆さんは、パートナーのプライベート空間でAV的なものを見つけたら、「知らない大工道具を見つけた」くらいに考えて、風呂入って屁こいて寝ちゃえば良いのではと。

 

私も若い頃は、少女漫画の主人公の真似をして「くだらないことでいらん波風を立てて彼氏を困らせ、彼氏が離れていかないことで愛情を確かめる戦術」を試したことがありますが、相手をイラッとさせてこちらもイラッとするだけで愛情は全然確認できなかったので、まぁそういうのは二次元の世界だけで楽しむ方が良いですね。きっと。

 

[amazonjs asin=”4413039793″ locale=”JP” title=”なぜ、いちばん好きな人とうまくいかないのか?”]

それでは!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です