「初めて」を楽しむ人、楽しまない人

カテゴリー 卑屈で塗り固めた深夜の本音トーク

本日のキーワード:「初めて」を楽しむ

 

どうも、初めて人間ギャートルズ、ドラム担当の白戸です。

長く読んでくださっている読者には何度かお伝えしていると思いますが、私は月に一度、「休日チャレンジ」なるものを行っています。

 

休日チャレンジとは?

休日:【名詞】仕事のことを完全に忘れ去り、精根尽き果てるまで遊びたおす日。

チャレンジ:【名詞】苦手だろうが嫌いだろうが恥ずかしかろうが、「初めて」のことを実行すること。

出典:私の辞書

 

そう、月に一度の休日チャレンジとは、法に触れない範囲内で、「初めて」のことで100%のパワーを使って遊びたおさなければならないという畢生の業。初めてなので何が起こるかわかりません。

もしやってみてつまらなかった場合、私の腹腔内で「クソみたいなことで一日を棒に振った…」という自己嫌悪が音速を超える速度で膨張し、爆発。半径6km圏内の生物は火炎を伴う衝撃波ですべて死滅するという死亡遊戯なのです。

 

 

 

「初めて」で失敗したくない人に一言

 

旅行で初めての場所に行く、未経験のレジャーに挑戦してみる、全く畑違いのバイトをやってみるetc…

「初めて」のことをやろうと思いついた時、みなさんはどう感じるでしょうか?

 

「いや、なんか面倒くさそう、、、」

「やってみてつまんなかったら嫌だな」

「確実に楽しめることやった方が良い」

 

「初めて」に嫌悪感を示す人も少なからずいます。私も、しょっちゅう「バカじゃねーの。なんでそんな無駄なことすんの」的なことを言われて顔面に唾を吐き掛けられます。

たしかに、同じ時間とお金を使うのであれば、”わからないもの” よりも “確実なもの” に投資した方が賢い選択かもしれません。いや、確実に賢い。IQも平均20くらい高い。

しかし、そういう左脳優位なロジカル機械人間、、の方に、ひとこと言いたい。

 

「その考え方が、一番つまんねぇよ!」 と。

バーカ、バーカバーカ!!!

 

ごめんなさい。ちょっと調子に乗りすぎました。でもさ、ほら、アレさ。アレですよ。たまには、そういうギャンブルもそんなに悪くないんじゃないのかな〜?って。思ったり思わなかったり、、、いややっぱり思ったり。テヘへ(白目

 

 

なぜ、わざわざ初めてのこと(しかも大抵は嫌いなこと)を休日一日潰してまでやるのか?

生まれてから30年間、一度もやる(行く)機会がなかったことって、大抵が「興味なし・もしくは嫌い」で避けてきたことなのです。好きなこと、楽しそうなことはすでにやってますからね!

なので、休日チャレンジについて、この質問はよく受けます。

 

「楽しいかどうかもわからないことを、なんでわざわざ?」

答えはとってもシンプル。そしてバカ。

 

「楽しいか楽しくないかは、どうでも良いから」です。

 

はぁ? ってなった人のためにご説明します。

私にとっては、「初めてのことをやること」自体が楽しいのであり、「やった結果、どうだったか」はどうでも良いのです。

文章で書くとちょっと変な感じなのですが、「うーわ!クッソつまんなかった〜金と時間ドブに捨てた方がマシだった、二度とやるかボケ!」となったとしても、そういう感情が芽生えたこと自体が楽しいのです。(別にマゾってわけじゃないですよ

 

理想は、毎日「初めて」を体験したい

理想を言えば、毎日全力で新しい遊びをして、新しいイベントが起こって、新しい発見があって、行ったことのない場所に行って、初対面の人とお話ししたいです。

ただ、私はもともとエネルギッシュかつポジティブなタイプの人間ではないので、家から一歩も出たくない日や死にたくなる日も少なくありません。それに生活(仕事)もあります。

毎日、全力で「初めて」を体験するにはちょっとパワー不足。

 

なので、「月に一度」と決めて全力投球しているわけです。理想には程遠いですが、惰性で過ごしていた頃に比べると何だか人生にツヤハリが出たような、気分が上向いてきたような、そんな気がします。

 

刺激が欲しい方は、自分なりの「休日チャレンジ」を是非やってみてくださいね。

それでは!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です