日: 2016年1月25日

無名の新人作家は、稀代の傑作よりも出来の悪い三文小説を読め!? スティーブン・キング小説作法 小説・シナリオ半熟セミナ

無名の新人作家は、稀代の傑作よりも出来の悪い三文小説を読め!? スティーブン・キング小説作法

素晴らしい傑作は、適切な人物描写、完璧に整合した結末、上手なセリフ運びなどの技術を教え、感動を与えてくれます。 しかし一方で、単なる一読者を小説家志望に変え、「こんなすごいの、自分には生まれ変わっても書ける気がしない」という絶望に突き落としもします。   小説家志望者は、「稀代の傑作」をお…