衝撃スイーツ。「うちのたまご」アイスブリュレのおいしさの舞台裏

カテゴリー 時を加速させるプライベート★ライフ

なんか甘いものが食べたいなぁと思い立ち、何の気なしに博多駅地下街で買った「うちのたまご」のアイスブリュレ。

食べ物ネタは初ですが、絶品すぎるので思わず記事にしちゃいました。

スクリーンショット 2016-01-17 04.43.11

めちゃめちゃ濃厚で、上にかかってるカラメルソースもシャバシャバじゃなくてすっごいとろとろなんですよ。写真だと私が雑にもち運んだせいでちょっと溢れちゃってますが、このソースとブリュレ?の部分がベストマッチング。食感としてはプリンと硬めのチーズケーキのちょうど中間くらいでしょうか。

 

以前、北海道は小樽にあるかの有名洋菓子店「ルタオ」ドゥーブルフロマージュを取り寄せて食べたことがあるんですが、あれ以来の衝撃でした。(ルタオのドゥーブル・フロマージュは私の中での別格スイーツの試金石)

[amazonjs asin=”B00CP1ROWE” locale=”JP” title=”ルタオ (LeTAO) ドゥーブルフロマージュとショコラドゥーブル 【Amazon.co.jp 限定】お試しセット / チーズケーキ”]

 

とにかく、世の中にはこんなに美味しいものがあるのか!と。マジ刮目して見よですよ。見よっていうか食べよですよ。(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー

アイスブリュレというもの自体あまり食べたことがないのですが、どれもこんなに美味しいんですかね? いや、びっくりしました。

 

 

「うちのたまご」ってご存知ですか?

あの美味しさがあんまりにも衝撃だったので、ちょっと「うちのたまご」について調べてみました。

「うちのたまご」というのはたまごのブランド名。生産者はJR九州ファーム株式会社です。私でも名前くらいなら知っていたレベルなのでかなり有名なのかも。

feelings_photo1

全国の「うまや」系列店を始め、高級料亭が利用

全国の「うまや」を始め、別府や湯布院の温泉宿、かの有名なクルーズトレイン「ななつ星」などでも、「うちのたまご」を食材として利用しているようです。信頼の品質ですね!

 

スクリーンショット 2016-01-17 05.55.34

「うまや」とは、歌舞伎俳優・三代目市川猿之助さんディレクションの飲食店です。(こんな副業までやってらっしゃるんですね!)

市川猿之助さんといえば、去年2015年、スーパー歌舞伎でワンピースのルフィを演じられた時はすごくニュースになりましたね。つい先日も「ダウンタウンなう 本音ハシゴ酒with志村けん」に出演されたとか。

 

スーパー歌舞伎、復活狂言、京劇との合同公演など、しきたりを重んじる歌舞伎界の中で、「型破り」と言われながら、常に新しいことに挑戦し続けている三代目市川猿之助さん。
「無から十のものを創りあげるのは、私の趣味のようなものですから」と笑う猿之助さんが、歌舞伎俳優のカラを破り、飲食店をディレクション。
企画から1年、猿之助さんの並外れた発想と行動力の結晶により「うまや」が誕生しました。

羽田空港内にある「赤坂うまや」(港区赤坂のうまや出張店)は、東京の方なら結構見たことあるんじゃないでしょうか。私も出張で羽田を利用した時、お土産にプリンを買ったことがあります。

 

 

たまごの品質を落とさないために「洗わない」!?

index_oreno_btn

 

親鶏から産まれたたまごはクチクラ層というタンパク質の幕に覆われて守られています。クチクラ層は空気は通すけれどカビや細菌は通さないという天然のバリアなんですね。通常のたまごの場合はサルモネラ菌を洗浄するために、たまごを殺菌消毒するのですが、「うちのたまご」では風味・品質を守るためにそれはしないということ。

 

なるほど。でも、え、じゃあサルモネラ菌とか大丈夫なん?(¬з¬)って思いますよね。

綺麗な鶏舎と健康な親鶏

見てください、このピカピカの鶏舎を。リノリウムの床が光ってます。私のイメージの鶏舎って藁が敷いてあって抜けた羽毛がそこここにこんもり、みたいな感じなんですが。すごいですね!なんかパッと見、電車の中みたいw

feelings_photo2

JR九州ファームの養鶏場はオールイン・オールアウトシステムにより病原が常在しない清浄を保っています。一つの鶏舎には120日齢の若鶏を一斉にオールインし、15ヶ月飼育後にオールアウトします。空になった鶏舎をきれいに水洗・消毒して約1ヶ月休みます。この遊休期間が清浄な養鶏場に保ちます。

オールイン・オールアウトシステム。

初耳でした。これ、元々はアメリカの養鶏・養豚で生み出された技術らしいです。15ヶ月ごとに大掃除してくれているなら安心ですね。(逆に言うと、通常の養鶏場は鶏舎を空っぽにして丸ごと洗浄はしていないんですよね。。。何年も続いているとなると、なんとなく不衛生な気がするので不思議)

 

ちなみにこのオールイン・オールアウトシステムは、「セイアグリー健康卵」の本家株式会社セイアグリーシステムの監修のもと実施しているとのこと。余談ですが、セイアグリーシステムのHPを見てみると、卵大学の開校(元農林省農林技官のいせ とよひこさんが学長)とか面白い事やってました。

 

安心の品質・風味。私が出会った「うちのたまご」のアイスブリュレの美味しさの秘密も、食材の良さが大きいのかも。今度は店舗についている食堂でワンコイン卵かけご飯も食べて見たい!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です