禅に学ぶ!美しい所作 Lv.1〜Lv.80

カテゴリー 読んでよかったレベル20以上の本たち

心を整えるのは難しいですが、所作(姿勢)を整えるのはそれほど難しくはありません。姿勢が整うと呼吸が整い、呼吸が整うと心が整います。禅では「調身・調息・調心」と言い、姿勢と呼吸と心は三位一体とされてます。

心と繋がっている「形としての所作」を整えることが、乱れぬ心、穏やかで幸せを感じられる心を手に入れる近道といえます。

では、具体的にはどうすれば所作が整うのでしょう?

 

Lv.1 毎朝、両手を合わせる

ee137c1d

 

いまは少なくなりましたが、昔はどの家にも仏壇があったそうです。朝になると誰からともなしにその前に座り、しばし静かに合掌する。

両手を合わせるのには、実はきちんと意味があります。

右手は相手の心、左手は自分の心。それを合わせることは、相手と心を一つにする、ということです。

毎朝、自分が今ここにいることの幸せをご先祖様と心を一つにして噛みしめる。昔はそういう時代だったんですねぇ。今では、「〜できますように!」みたいにお願い事をする時くらいしか、合掌する機会もそうそうないような気がします。

「心を一つにする」から遠く離れ、「自分が自分が」となって他人は二の次という生き方が普通になっているこの時代に流されず、毎朝手を合わせるという美しい習慣を復活させてみてはいかがでしょう。

 

Lv.3 裸足で生活する

 

e0264942_16483357

 

裸足になると、足の指が自由に動かせます。これは大いに健康効果があるらしく、寒さに強くなって風邪をひきにくくなるのはもちろん、第二の心臓と言われる足の血流が促され、全身の血行がよくなります。

足の冷えやむくみに悩んでいる女性は、裸足で生活してみてはどうでしょう。外側から温めたりするのではなく、自分の内側から改善するんです。そうしないと根本解決になりませんからね。

とはいえ、普通に都会で生活してる人が裸足で外を歩き回ったり、下駄や草履で会社に行くことは出来ません。まずは、家の中にいるときは裸足で生活する、というだけでもOKです。

 

Lv.10 朝、五分でいいので掃除をする

column131225_img01

一掃除二信心。まず、最初にやるべきことは掃除である、という意味ですね。塵や埃がすっかり払われて身辺が整うことは、心を整えることに直結しています。心にも、悩み、迷い、不安、嫉妬、悲しみのような塵や埃がつもります。

掃除をすることで心の塵も払われ、やり終えた時にはさっぱり爽快な気分になります。朝にもっとも相応しいのが、そのような整った心の状態です。

おススメは、曜日ごとに掃除する場所を決めておくこと。月曜日はキッチン、火曜日はお風呂、水曜日はベランダ、木曜日はトイレ、金曜日は玄関、土曜日はクローゼット、日曜日は寝室、みたいな。一カ所に集中すれば、五分でもかなり綺麗になります。

ポイントは、掃除をしている間は「拭く」「磨く」「清める」に専念するということ。丁寧に心を込めて、「いつもお世話になっています」という気持ちでやりましょう。

毎日、そういう風に感謝の気持ちをもって部屋を清潔にしている人に、悪いことが起きるのって想像しにくくないですか? 引きこもりとかDVとか生活保護を受けてる人のドキュメント番組に出てくる不幸そうな人って、必ず汚くそうで臭そうで暗いごちゃごちゃした部屋に住んでいます。そういう人だから部屋が汚いんじゃなくて、部屋が汚いからそういう人になってしまったんじゃないかと、私は思うんです。

 

Lv.30 お腹いっぱい食べない

 

yakuseki_640

食事をすると消化のtめに消化器官に血液がドンドン流れ、頭に血がいかなくなります。食事をたっぷりとった後に眠くなるのはこのため。

これが、最小限の食事で、空腹感も感じることなく栄養も十分に吸収できたとしたらどうでしょう? 理想的だと思いませんか。消化器官への負担も軽く、脳には充分な血液が流れていつでも頭が冴え渡っている!健康にも頭にも良い!素晴らしいじゃないですか!

 

ちなみに、禅の修行僧の人たちは以下のようなメニューで生活しているそうです。The 精進料理!ですね。当然、最初は空腹感との戦いだそうで。。。最初の1ヵ月で全員10キロは体重が減るとのこと。

朝食(小食):おかゆ一杯、お新香

昼食(点心):麦をまぜたごはん、香菜、味噌汁

夕食(薬石):麦をまぜたごはん、香菜、味噌汁、別菜

※香菜:薬味のこと。ごま、青じそ、ミョウガ、ゆずetc…

※別菜:おかずのこと。大根の煮物、二つ割りにしたがんもどきetc…

 

ただし、これには続きがあります。修行僧の人たちは、3ヵ月もすると胃が縮み、同じ食事でも空腹感を感じなくなります。そして肌がつやつやになり、色白になり、減りすぎた体重も適正に戻ってくるんです。

精進料理なので肉も魚もいっさいの動物性タンパク質はとらず、さらに香辛料や嗜好品といった刺激物もなく、すべてが消化の良いお腹にやさしいものばかり。こういう食事を続けていると、肌が透けるように白くつややかになるんだとか。

 

Lv.50 今日のことは、眠る三時間前までに済ませる

201108230531285b2

信念や決断力の感じられないウジウジした生き方をしないためには、何より「けじめ」が大切です。どうにもならないことにいつまでも囚われたりしていると、今自分が本当にやるべきことを見失ってしまいますからね。

上手な「けじめの付け方」というのがあります。それは、境界線を設けること。

例えば、自宅の玄関に一歩入ったら、仕事のことは一切考えないし家族にも話さない。つまり自分の玄関を境界線として、その内と外ではっきりと気持ちを切り替えているんです。

これは空間的な境界線ですが、時間的に境界線を決めておくという手もあります。

眠る三時間前を境界線として、そこでその日は終わらせてしまうんです。仕事のミスや人間関係のトラブルがあったとしても、境界線を跨いだらそこで一度ピリオドを打ちます。逆に、気分が昂揚することやうれしいことがあっても、余韻を引きずらないようにします。

その日を終わらせるけじめの言葉は「今日もいい一日だった!」です。嫌なことがあった日、散々な目にあった日をいい日だなんて言えないと思っても、言葉だけでも言いましょう。

日々是好日です。嫌なことも辛いことも、その日あなただけが出来た経験です。その後は二度と味わえないかもしれない経験です。いつか必ず、生きる糧になる。だから、どんな日もあなたにとってかけがえのない日、好日だと受け取るべきなのです。

 

Lv.80 他人を見て「素敵だな」と思ったら、100日間マネする

cc94d768

人の所作が素敵だったり、美しいと感じたなら、それを自分の所作にしていきましょう。気付いたらすぐに実践するのがポイントです。

100日間というのは、禅寺でお釈迦様の時代から続く修業期間と同じです。

修行僧は、どれほど厳しい修行でも「100日続けるしかない」という逃げ場のない状態に置かれると、最初は「到底できそうもない」と思っていたことも、自然に少しずつ身に付き、100日間が過ぎたころにはすっかり自分のものになっていると言われています。

100とか1000という数字には、不思議な力があります。100日続ければ身に付く、1000回繰り返せば誰でも上達する。しかし、100日続けたり1000回繰り返すことは、誰もができることじゃないんですね。一般的には、80%の人はやろうともせず、19%の人が途中で挫折し、1%の人が達成すると言われています。

 

 

p.s. いかがでしたでしょうか。

坐禅を始めて、なんだか新しい世界が開けてきた今日この頃です。ガラにもない記事を書きましたが、以下の参考文献の通りなので間違ったことは書いていません。寝る前に15分やる「夜坐」とかおススメですよ。興味ある人は是非!

[amazonjs asin=”B00WS6HC6O” locale=”JP” title=”禅が教えてくれる 美しい人をつくる「所作」の基本 (幻冬舎文庫)”]

[amazonjs asin=”B004AOKRZK” locale=”JP” title=”滝田商店ブランド 座禅布団(座布) 綿 1.1尺(直径33cm)◆坐禅用のふとん・坐布・座蒲・坐蒲・座禅専用の座布団【滝田商店発行 証明書付】”]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です