コンドームのないところに挿入はない

最近はいろんなコンドームが出ていますね!部屋に置いても違和感ないやつも沢山〜ついつい見入っちゃいましたw

 

さて、先週「あなたのパートナーは大丈夫? 「いきなりエイズ」が国内でじわじわ増加中。。」という記事でも書きましたが、性病と妊娠は他人事じゃないんです。男性の方も!

性病なら治療すれば良い、妊娠したら堕ろせばいい。そんな風に安易に考えていてはダメです。取り返しのつかないことになってからでは遅いですから。

 

セックスがもたらす「取り返しのつかないこと」

それは、妊娠とSTD。

※STD:性病・性感染症。性行為により感染する病気、すなわち「セービョー」のことです。“Sexually Transmitted Diseases”の頭文字を取っています。

 

①HIV感染とAIDS発症

 

言うまでもない事ですが、HIVに感染した場合、ウイルスを完全に排除することはできません。2015年現在でも、完治させる方法は見つかっていません。この怖さについては前回たっぷり書いたのでここではあえて触れません。

HIVは感染力が低いとされていますが、ナマでやったりフェラやクンニでも感染する可能性があります。「外だしすればOK」とか「決まったパートナーとしかセックスしないから」と考えずに、きちんとゴムをしましょう。

 

②無精子症、不妊症

 

性病のうち「どの病気が無精子症や不妊症になるか?」と言うと、すべての性病に無精子症、不妊症になる危険性があります。

男性:尿道炎 → 精巣上体炎 → 精子の通り道の閉鎖/精子が作れなくなる → 無精子症

女性:子宮頚管炎 → 子宮内膜炎 → 卵巣炎(排卵障害) → 骨盤付属器炎(卵管の通過障害)→不妊症

感染期間が長いほど、また感染回数が多いほど元の状態に戻れない細胞が増えてしまい、最悪、無精子症や不妊症へと発展してしまいます。性病感染の疑いがある場合は一刻も早く検査・治療を受けましょう。

そして検査や治療よりも優先すべきは、ゴムを付けることです。

 

※性病によって検査できるタイミングが変わる※

エイズのように、感染してすぐに検査できるものもあれば、感染から一定期間経たないと検査出来ない性病もあります。感染しているのに、陽性反応が出ない期間があるという事です。「あーなんか昨日の相手、ちょっと遊び人ぽかったし一応検査しとくか」と言って翌日してもダメな場合があります。

ナマでヤッた翌日に検査したときは感染してなかったからダイジョーブ

といって放置していると、取り返しのつかない症状に発展することもあります。「重大な」性病ほど、タイミングは遅くなると思っておいた方がいいかもしれません。

<感染日からどれくらい経ったら検査できる?>

  • クラミジア 2日~3日
  • 淋病 2日~3日
  • トリコモナス 2日~3日
  • 梅毒 1か月後
  • B型肝炎 2か月後
  • HIV 3か月後

性行為を人並みにするなら、一年に一度は性病検査をやることをおススメします。

「特定のパートナーとしかしないから安心」?

いえいえ。いえいえいえいえ。特定のパートナーが外で別の人とヤッてたらどうするんですか。感染したことを言えなくて(これはすなわち、浮気の事実を打ち明けるということですから)黙っているケースも結構あるみたいです。

気持ちはわからなくもないですが、最低です。。。まー既婚者の場合、性病がきっかけで浮気がバレて離婚、とかになったら、ある意味「取り返しがつかない」ですね。まーどうでも良いですが。

あ、今思ったんですが、探偵事務所に何十万も払って浮気調査とか依頼するより、性病検査した方が安いし有益ですよね。自分に実害があるかどうかがハッキリ調べられるし、お金だって1人1万円もあればほぼ全ての性病感染を自宅で検査できるんですよ。

「別に相手が浮気してようが何だろうがどうでも良いけど、性病移されるのだけは勘弁」って人はSTDチェックは最適ですね。もし相手が拒んだりしたら、それだけでチョー怪しいってわかるし。
性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!

③取り返しのつかない中絶・堕胎

 

妊娠した場合、23週を過ぎると赤ちゃんに「人権」が発生しますので中絶はできません。故意に流産させようとしたり、堕胎しようとすると「殺人罪」になります。

中絶手術を受けられるのは、妊娠22週未満(6ヵ月)までです。過ぎてしまったら22週までで死産届や赤ちゃんの火葬が必要になります。

  • 死産届:医師等が発行する死産証書、死胎検案書と一体になっている。
  • 死胎火葬許可申請書:申請書には火葬場の指定を記入する欄がある。この手続きの後、死胎火葬許可証を受取る。

ちなみに中絶は「取り返しがつかない」わけではないが、お金がかかります。

妊娠初期(5〜12週)の場合は費用は術前検査と手術で、20万円くらい。「掻爬法(そうはほう)」と「吸引法」の二つの手術方法があり、体への負担も少なくて済みます。比較的、ですが。

12週以降は中期中絶といって、麻酔なしの出産です。正式には「人工死産」といい、法律的にも死産届を区役所に出す必要があります。埋葬許可をもらって、赤ちゃんを火葬し、最後は霊園におさめる手続きが必要です。術前検査、手術費、入院費(約50万円)プラス赤ちゃんの火葬費40万円で、合計90万円くらいかかります。

 

20万払って超鬱イベント「堕胎」を経験するより、海外旅行にでも行ってパーッと楽しみたいじゃないですか。「外出し」とか当てにしてはいけませんよ。ホント、外だしすれば大丈夫とかいう男、マジでぶっ飛ばしたい。昏倒するまで殴りたい。

デキたら結婚すればいいやって人も中にはいますが、ちょっと私には理解できません。「デキなかったら結婚しない」くらいの相手と、「結婚」という超高リスクな長期(無期限)契約に踏み切るなんて、、、何を考えているんでしょうか?

 

私は遊び人ではありませんが、クラミジアに感染しました

実は私、クラミジアに感染していたことがあります。

ある男性と付き合いだしてすぐの頃、彼から「話がある」といつになく深刻な顔で言われ、「君とセックスをしてからどうやらチンコが痛いんだ。調べたら、クラミジアだと言われた。僕はここのところ君以外としかセックスをしていないから、時期からみても君から移されたのは間違いないと思う。とにかく、君も一度病院へ行った方が良い」

私もその頃は不特定多数の男性とセックスをするような女ではなかったので、移されたとしたら前の彼氏なんですよ。でもそんなの別れちゃってるし、もう調べようがないじゃないですか。あぁ悔しい。そして超恥ずかしかった&申し訳なかったです。

 

クラミジアに限らず、女性と男性で症状の出方が異なる性病は結構あるみたいです。パートナーに言わずにこっそり自分だけ治療して、またパートナーから移されて、という「ピンポン感染」も実際にはよく起こることです。それに、前述した通り検査のタイミングによっては検出できないこともあります。

私の場合、相手の男性が誠実な対応をしてくれたから良かったものの、彼に言われなければ全く気付く事が出来なかったわけです。そして前述したとおり、性病は長期間放置すると不妊症(男性の場合は無精子症)にも繋がります。

私は必要以上に性病を恐れているように見えるかもしれませんが、こういう経緯があって、「ゴム無しでのセックスは絶対にしない」と決めました。コンドームをすれば9割以上の確率で性病も妊娠も防ぐ事が出来ます。

「一夜の遊び」や「パートナーとのマンネリセックス」で、性病になったり妊娠したりするわけにはいかないのです。

<性病&妊娠回避の3原則>

  • NO SEX(セックスをしない)
  • STEADY SEX(セックスの相手を限定する)
  • SAFER SEX(より安全なセックスをする)

 

まー「尖圭コンジローマ」のように皮膚同士の接触で感染する性病もあるので、童貞だから、処女だからといって100%安全というわけではないのですが、100%の安全なんてこの世にはないし、それはもう防ぎようがないと諦めるしかないですね。

要は、確率の問題です。そして、セックスの有無に関わらず性病検査はした方がいいと。

参考:女性経験なしでも性病重症化する男性たち ドーテー襲う最凶の病原菌とは

 

会社の「健康診断」って、なんで性病検査しないの?

 

サラリーマン時代は毎年夏になると、健康診断に行かされていました。会社って「ムリ・ムラ・ムダ」の集合体みたいなところでしたが、「健康診断」はなかなかの「ムダ」でしたね。

40歳以上の人がうける胃カメラとかはよくわかりませんが、あれで何か重大な病気が早期発見されることってあるんでしょうかね? 少なくとも私の周りには一人もいませんでした。「なんか調子が悪い」と言って病院に行ったころにはガンがかなり進行していたり、肝硬変だったり糖尿病だったり。。。まー統計を調べたわけじゃないので一般的なことは言えませんが、実感として。

20代、30代の人が受けさせられるお遊びみたいな健康診断については、さらに疑問が大きくなります。健康診断に関して他人に意見を訊いたことがないので他の人たちがどのように考えているのかわかりませんが、体重とか身長とか視力聴力とか、、、「そんなんいいよ」って思いませんか。

身長なんか今更伸びたり縮んだりしないし、体重も大体わかります。わかったから何?って話だし。視力聴力も、あーなんか最近目が悪くなって来たなぁとか、普通の人間ならわかりますよ。問診もチョー適当だと素人目にもわかるほどの適当さだし。イチイチ小学生みたいに並ばされてあちこち調べられるのは、正直苦痛でしたね。あの時は忙しかったし。こんな事してる暇があったら仕事して残業時間を減らした方がよっぽど健康的だよって思いましたね。

まーこれはあくまで個人的な意見ですけど、あんなムダなことに時間とお金を使うのなら、年に一度だし「性病検査」をやってもらった方がよっぽど嬉しいですねぇ。

 

 

 

ちなみに、2015年6月26日のニュースです。これ、現段階ではコンセプトが評価されただけみたいですが、実用化されたら嬉しいですね〜!

性病で変色発光するコンドーム、中学生が考案。Teen Tech 最優秀賞獲得

ロンドンのアイザック・ニュートンアカデミーに通う中学生のグループが、性病の原因となるウィルスなどを感知して蛍光を発するコンドームのコンセプトを発表しました。このコンドームは性病の種類によって病原菌やウィルスを検知し、病気の種類に応じて異なる色に変色します。

 




p.s.

タイトルの「コンドームのないところに挿入はない」は村上春樹さんの1Q84からの抜粋です。心に残る名言ですね。

[amazonjs asin=”B00871PYUK” locale=”JP” title=”1Q84 BOOK1-3 文庫 全6巻 完結セット (新潮文庫)”]

末岐 碧衣
  • 末岐 碧衣
  • フリーランス のシステムエンジニア。独立後、一度も営業せずに月収 96 万円を達成。1986年大阪生まれ。早稲田大学理工学部卒。システムエンジニア歴 12年。
    2009年、ITコンサルティング企業に入社。3年目でコミュ障が爆発し人間関係が崩壊。うつにより休職するも、復帰後はコミュ障の自覚を持ち、「チームプレイ」を徹底的に避け、会社組織内においても「一人でできる仕事」に専念。社内外から評価を得た。
    無理に「チームプレイ」するよりも「一人でできる仕事」に専念した方が自分も周囲も幸せにできることを確信し、2015年フリーランスとして独立。