【オシリスの天秤】5分間のダークサスペンス!連続短編アニメがおもしろい件

カテゴリー 小説・シナリオ半熟セミナ

偶然、秀逸な作品を見つけました。5分なのに「ダークサスペンス」って凄くないですか!?斬新ですわ〜

まずはご視聴ください。無料&5分で完結するので。

オシリスの天秤<第一話 死神の流儀>

配信期間:2015年07月29日 11時00分 ~ 2016年07月31日 23時59分

FOD初のオリジナルアニメ。暗殺者とターゲットの会話という特殊なシチュエーションが生み出す様々なドラマをダークサスペンスのタッチで描く。

主人公は謎につつまれた暗殺者。彼はある事情から左半身の臓器がほとんどない。体も弱く、暗殺者としての体術も持っていない。しかし、彼にはある特殊な能力があった。それはごくわずかなサイコキネシス。コップの水面を少し波立たせることが出来る程度の微量の力だが、彼はそれで人間の脳の特定の部位を破壊することで、ターゲットを手も触れずに脳死に至らしめることが出来る。
彼は殺しの依頼を実行するか否かを決めるために、自らターゲットに会い最後の審判をくだす。彼は何者なのか。なぜ彼は暗殺者になったのか。なぜ彼はターゲットの臓器を移植用に使おうとするのか……。

 

いやぁ、そそられますね!これはなかなかのサスペンスですよ。謎が魅力的。

それにしても、5分のサスペンスって凄くないですか?前回の「サスペンスとミステリの違い、説明できますか?」で書いた通り、サスペンスって「中断」なんですよ。だから、基本的にある程度の「シャク」が必要なんですけど、この作品では「5分」という超短い時間に、ギュッと凝縮されているわけです。うーん、無駄がない。すごい。。

「オシリスの天秤」のオシリスってなに?

オシリス(Osiris)

古代エジプト神話に登場する神の一柱。

神話によれば生産の神として、また、エジプトの王として同国に君臨し、トトの手助けを受けながら民に小麦の栽培法やパン及びワインの作り方を教え、法律を作って広めることにより人々の絶大な支持を得たが、これを妬んだ弟のセトに謀殺された。尚、この際遺体はばらばらにされてナイル川に投げ込まれたが、妻であり妹でもあるイシスによって、男根を除く体の各部を拾い集められ、ミイラとして復活。以後は冥界アアルの王としてここに君臨し、死者を裁くこととなった。その一方で、自身の遺児・ホルスをイシスを通じて後見し、セトに奪われた王位を奪還。これをホルスに継承させることに成功。以降、現世はホルスが、冥界はオシリスがそれぞれ統治・君臨することとなった。

なるほどなるほど。死者を裁くってあたりが、メーミングの由来でしょうかね。

7493595

オシリス神

それにしても、神話をモチーフにした作品が最近多い気がします。「進撃の巨人」は北欧神話、「ジョジョの奇妙な冒険」は北欧神話、エジプト神話もありますね。「マギ」も新約聖書由来ですし、「鋼の錬金術師」にも賢者の石が出てきますし。

ちなみに、神話に絡ませると、急にカッコ良く感じたり奥行きが増すように感じるのは、一種の暗示によるものです。人は、「権威」や「すぐれた価値」を無意識的に欲求し、それらに心を開いてしまう習性があることがわかっています。催眠術師やセラピストに、「余裕のある静かな態度」「学識」「人格」「熟練」など、「権威」や「すぐれた価値」を連想させる要素が必要不可欠とされているのも、その理由です。

少し話が逸れましたが、「神話」には「権威」「すぐれた価値」という側面があるので、これを作品に流用したり応用したりするのは、人気獲得戦略としては非常に有効な手段だと言えます。パズドラとか、神の宝庫ですもんね。

5分間に濃縮されたエッセンス

常々思うんですが、短編作品って駆け出しの物書きにはありがたいですよね。自分の創作のヒントにするために色々な手法を学びたいって時には、「短編」は最高の材料です。

「短編」で小説を学ぶメリット

・時間を取られない(映画だと2時間、長編小説だと3〜6時間もってかれる)

・凝縮されてる(無駄がないから、「プロット」が際立ってわかりやすい)

 

長編は基本的には短編を繋げたものですが、伏線があちこちに散りばめられていたり、前置きや舞台設定にページを割いていたりするので、「娯楽として楽しむ」分には良いのですが、「エッセンスを抽出する」には不向きです。一時期、長編小説を読んでプロットを再現してみようと試みたことがありますが、かなり混乱しました。(っていうか無理でしたw)

長編には長編の魅力があるのですが、「学ぶ」という目的で読むなら断然、短編でしょう。

 

p.s.

この作品を観て、魅力的なキャラだけ作ってショートストーリーの短編連作を書くのも面白そうだなって思いました。私の場合、テーマを決めて、プロットを作って、キャラを決めて、シナリオを書いて、ようやく書き始めるという順番で書いているのですが、作り方も色々変えて試してみると面白いなーと思いました。今書いてるのを完結させたら、次はキャラから作って短編連作を書いてみようっと。

[amazonjs asin=”B015ZMWUMI” locale=”JP” title=”根付けの味: 自薦短編シリーズ26″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です