47

「お金がない」のではなく「ビジョンがない」

「お金がない」と言う人はたくさんいますが、その人たちは結局、「お金がある状況に、自分を引き上げるためのビジョン」に沿って行動していないだけです。

 

宝くじで1億円当てても、すぐに元の生活に戻ってしまう人

いつも口癖のように「お金がない」と言っている人は、例え宝くじで1億円を当てても、数ヶ月、数年で使い切って、元のお金がない生活に戻ってしまう確率が高いと言われています。これは、脳の「恒常性維持機能(ホメオスタシス)」が原因。

「お金がない」人生を送ってきた人は「お金がある」状況に経験がないので、偶然大金を手にしても、脳が「お金がある」状況に順応できないんです。

脳細胞は年齢を重ねるごとに少なくなっていきます。しかも、使わない脳細胞はどんどん退化する。自分に関係のないこと、経験したことがないことに関する細胞はどんどん無くなっていきます。長く「お金がない」生活をしていると、口で「お金がないのはイヤだ」と言っていても、体は「お金がない状況」に馴染み、「お金がない状況」を快適だと感じるようになります。

イヤだ、辛い、という状況にいつまでも苦しまないよう、脳が自身を守ろうとするんです。Dr.苫米地の言葉を借りると、「コンフォートゾン(自分が心地よく感じる環境)」が、「お金がない生活」に設定されている、ということになります。

[amazonjs asin=”4904209311″ locale=”JP” title=”立ち読みしなさい!~美しいほどシンプルな成功術(ありがとう出版発行)”]

[amazonjs asin=”B00TQU56ZY” locale=”JP” title=”「言葉」があなたの人生を決める”]

 

お金が欲しいなら、まずは「ビジョン」を持とう

きちんとビジョンを持って努力している人は、「お金がない」とは言いません。そういう人たちは、「お金」ではなく「ビジョン(お金がある未来)」を見ているから。むしろ、それしか見えてない、と言っても過言ではありません。

 

ビジョンさえあれば、体は勝手に動いてくれます。

前述した、コンフォートゾーンが「お金がある未来」に移れば、脳は現在の「お金がない状況」を居心地悪く感じます。そして、居心地の悪さを解消するために、「お金がある未来」を実現しようとするからです。

宝くじで当てた1億円を使い切ってしまうのと全く同じ。恒常性維持機能(ホメオスタシス)の働きで、「お金がある未来」を引き寄せてくれるんです。俗にいう、「引き寄せの法則」というやつですね。

引き寄せの法則に関しては、たまに勘違いしている人がいるのですが、「ポルシェが欲しいなぁ」と思ったら「ポルシェ」がいきなりポンと手に入る、というものではありません。それは、「モノ」ではなく「ひらめき」という形であなたの前に出現します。

「お腹が空いたな。ラーメンでも食べようか」と何となく入ったラーメン屋で、「自分はラーメン好きだし、ラーメン屋でも始めてみようかな」と思いたち、ラーメン屋を始めてみると「そういえば、あのいつも行列が出来ているラーメン屋は、椅子の並んでいる間隔が狭かった。なにか関係あるのかもしれない」とひらめき、試しに椅子の間隔を狭めてみると、客の回転が早くなって儲かるようになった。同じ要領で Try & Error を繰り返しているうちに、儲かるようになってチェーン店が出せるようになって、気がついたらポルシェを買えるようになっていた、というものです。

重要なのは、自分が行動する(太字部分)必要がある、という点です。

 

ビル・ゲイツの名言に、

どんなに素晴らしいセミナーに出ても、学んだことを実行する人はわずか2%

というのがあります。

ひらめく人は、たくさんいます。考える人もたくさんいます。素晴らしいビジネスモデルを持っている人も、たくさんいます。でも、そのビジョンに沿って行動するのはわずか2%です。2%になるのは、簡単です。行動するだけなので。行動するだけで、残り98%の人をごぼう抜きにできます。さて、あなたは98%の一人? それとも2%の一人?

 

わたしは、自分には「お金がある生活」にコンフォートゾーンを設定するために、いつも財布に1億円札を入れています。(100000000に見えるように、一万円札を折り曲げる)

image3

これだけでも、財布を開くたびに「わたしの財布には1億円入っている」と脳に思い込ませることができます。ある種の自己暗示ですね。何だそりゃ、と思った方。是非、ためしにやってみて下さい。行動しなければ、何も変えることはできません。

白戸
  • 白戸
  • 2019年現在、32歳。元女社長で、今はフリーランスのブロガー兼SE。
    アプリ作成・システム構築みたいにモノ作りもやるし、ITコンサルみたいなアドバイザーもやってます。ブログもこの通り、時々更新してます。
    <経歴>
    早稲田理工の新卒で某ITコンサル会社に入社。でも6年で鬱になって退職。個人事業主として起業し、28歳でフリーランス生活が始まる。
    ITから離れたくて小説家を目指すも1年で挫折。その後、株式会社を立ち上げてビジネス始めようとしたけど軌道にのらないのでいまは休眠中。
    フリーランス活動しながら、裏でシコシコ次のビジネスを立ち上げ中w
    あ、あと、彼氏募集中!(←強調

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です