196

あなたの一年がアッという間に終わってしまう理由

気がつけばもう9月半ば。一年の4分の3が過ぎてしまいました。

「あれ、今年こそ〜をやるつもりだったのに、全然進んでない!」と焦ったあなた。

あなたは、「時間泥棒」に時間を盗まれている可能性があります。

時間泥棒の正体は「気づかないうちに、ほとんど反射的に行う動作」です。

例えば、、、

  • YouTube等の動画の連続再生を見続ける
  • テレビ、映画やドラマを見続ける
  • 当所の目的とは無関係のサイト(ネットサーフィン)に行く
  • SNSやメールの返信、その後意味なくスマホを触る
  • 寝る前にゲームをやったり、漫画や小説を読み始める
  • 勉強前に始める掃除や整理整頓

どうでしょう。いくつかでも、心当たりがあるんじゃないでしょうか? 一日が経過した後、「何をやっていたのかよく覚えてない時間」がある方は、注意が必要です。これらの動作はそもそも意識にのぼらないので、注意して自分を顧みたり観測したりしなければ、気付くことも改善することもできません。

時間泥棒に時間を盗まれないための、いくつかの有効な対策

反射的に行っている動作を、意志の力で押さえ込むのは無理です。これらの動作は大脳皮質を経由していないと考えましょう。あなたが「判断する」余地はないのです。

では、どうするか?

事前に、具体的かつ物理的な対策を講じておけばいいのです。要はシステム化ですね。

例えば、、、

  • 動画サイトにアクセスしたら、警告が出るようにしておく。
  • テレビを捨てる。もしくはテレビの前に椅子を置かない。
  • 普段見ないサイトにアクセスしたら、警告が出るようにしておく。ストップウォッチで時間を設定してから、調べものを始める。
  • 携帯、スマホは見る時間を決めておく。それ以外は電源を切っておく。
  • ベッドに小説、漫画、ゲームなどを持ち込まない。寝室に置かない。
  • 掃除しなくていいよう、モノを減らす。お掃除ロボを使う。ヘルパーさんを雇う。

こんな感じで。

自動的に、「反射的に行っている動作」を止められる仕組みを作っておきましょう。集中して「やるべきこと」に取り組む時間が増え、今年の年末には自分の成長と達成感を味わえると、素晴らしいですね!

 

 

余談ですが。ちなみに、「時間泥棒」って知ってます?

「モモ」というドイツの作家ミヒャエル・エンデの児童小説に出てくる、灰色のコートの男たちです。「時間を貯蓄すれば命が倍になる」と偽って、人々から「時間」を盗み「時間貯蓄銀行」に貯蓄させようとしむけるんです。結果、人々はどんどん時間を奪われ、毎日忙しく働き、遊ばなくなり、ギスギスしてくるんです。(最後は、主人公のモモが奪われた時間を解放してハッピーエンドです)

 

「モモ」の世界での時間泥棒は、「効率化」を追求するあまり、人生を楽しむ余裕を失ってませんか? という教訓を伝える悪役なので、この記事で例に挙げるのはちょっと違うんですが、、、まぁ「時間泥棒」という単語としてはピッタリがくるなぁと(笑)よかったら読んでみて下さい。児童文学ですが、大人こそ読むべき本だと私は思います。

[amazonjs asin=”4001141272″ locale=”JP” title=”モモ (岩波少年文庫(127))”]

 

すえきあおい
  • すえきあおい
  • 2019年現在、32歳。元女社長で、今はフリーランスのブロガー兼SE。
    アプリ作成・システム構築みたいにモノ作りもやるし、ITコンサルみたいなアドバイザーもやってます。ブログもこの通り、時々更新してます。
    <経歴>
    早稲田理工の新卒で某ITコンサル会社に入社。でも6年で鬱になって退職。
    個人事業主として起業し、2015年(28歳)でフリーランス生活が始まる。
    ITから離れたくて小説家を目指すも1年で挫折したり、株式会社を立ち上げてビジネス始めようとしたけど軌道にのらないから休眠させたりと、支離滅裂な人生をエンジョイしてます。
    最近ようやく安定して高収益な仕事もらえるようになってきた。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です