意味ないことでも頑張れる奴は強い

 

youtuberで有名なはじめしゃちょーの動画です。今はヒカキンさんとかに並ぶ人気で、youtubeのTOPページによく動画が出ています。今までは「若いのにすごいなー」って思ってた程度だったんですが、こういう人でもやっぱり辛い時期ってあったんだなって。この動画を見て、ファンになりました。

 

「自分を大切にしよう」

大学生でこのセリフが出るのってすごいなーと、素直に尊敬しました。

親や学校の期待に応えるために。恋人のために。友達のために。会社のために。生活のために。

素晴らしいこと、仕方のないこともあると思いますが、何かのために自分を犠牲にすると、幸せになれないんですよね。たとえ不幸にはならないにしても。。やっぱり、まずは自分を幸せにしないことには、人のことも幸せにできないと思います。

 

例えば、逆の立場(奉仕してもらう側)だとして「自分の夢を諦めてまで支えてくれる恋人」とか「あなたを養うために行きたくない会社に勤める親」とかって、嬉しいですかね?

 

わたしは、「いえ、そんなことしてもらわなくて良いです。私は私で頑張りますから、あなたもあなたで頑張って下さい」って思っちゃいます。別に私は自分のために他人に犠牲になってもらいたくないですから。

しかも、こっち(私)に見える形で奉仕されると、正直キツい。重荷です。「お返ししなきゃいけないのかな」って思いますし、強制的にそのように思わされていると感じるので、全然嬉しくないです。純度100%のありがた迷惑。

 

自分を犠牲にして奉仕する人ほど、「育ててもらったんだから親に感謝しなさい」とか「夢を諦めてまで支えてあげたのに、何もお返しがないの?」とかお門違いなことを言ってきます。これって多分、自分を犠牲にすることによる「不満」の現れなんじゃないかと。

「自分の好きなように生きること」「他の人と違うこと」が怖いから、「他人のため」とか「生活のため」とか言い訳をして自分をないがしろにしているだけなんですよね。で、目の前に「自分を幸せにする努力をしている人」を見ると、不公平だと感じる。自分はこれだけの犠牲を支払ったんだから、同じだけの報酬を与えられないのは不満だと。納得いかないと。しかも、多分、ほとんど無自覚に。

でも、こっちはひと言だって頼んでないわけですよ。

本来、感謝とかお返しって、強制したりされたりするものじゃないと思うので、私はこういう人たちには感謝もお返しもしません。一切しません。びた一文たりとも払いませんw 見返りを求めるくらいなら奉仕なんてやめれば良いんですよね。誰も強制なんかしてないし、そもそも強制なんて出来ないんですから。

 

自分が幸せでいれば、周りの人も勝手に幸せになりますよ。

自己犠牲を払って不満にフツフツとしている人より、自由に楽しそうに生きてる人の側にいたいじゃないですか。そういう人の近くにいるだけで元気になるし、幸せになります。人が幸せになるのに、「何かをしてもらう」必要って、全くないと思うんです。

 

「意味ないことでも頑張れる奴は強い」

これ、毎日動画をアップし続けて有名になった彼が言うからこそ、説得力ありますよね。はじめしゃちょーの動画って、ぶっちゃけ「意味ないこと」をやってるだけなんですよ。巨大スライム作りますとか、みかん100個食べてみましたとかw

私は最初見た時、「大学生のお遊びだなぁ」「お気楽でいいねー」とか若干冷ややかに見てました。でもよくよく見てみると、全然「ただの大学生のお遊び」じゃないんですよね。良く出来てます。プロですよ。音楽の使い方とか、リズムとか、動画の長さとか。純粋にやってることも面白いですしね。次の動画をどんどん見たくなる仕掛けがちゃんとしてる。

何が言いたいかというと、一見「意味ないこと」を、彼はマジでやってるんですよ。だから面白いし、ファンも付く。お気楽にやってるように見えますが、これって、誰にでも出来ることじゃないですよね。

普通、「意味ない」って思ったら頑張れないじゃないですか。動画の編集だって大変だし、最初は誰も見てない。一銭にもならない。続けても、いつ目が出るかわからないし、ずっと出ないかもしれない。それでも頑張って、何年でも続ける。

ガッツありますよね。

 

ホリエモンも、「継続+工夫」が大切だと言っていました。

コツコツ続けるのは当たり前。そこに更に、工夫をプラスする。動画だったら、どうやったら見ている人により楽しんでもらえるかを考えて試行錯誤する。そこまでして、ようやくブレイクの可能性が出てくる、と。

 

うーん、すごい。

面白動画ですが、見ていると背筋が伸びる思いです。

末岐 碧衣
  • 末岐 碧衣
  • フリーランス のシステムエンジニア。独立後、一度も営業せずに月収 96 万円を達成。1986年大阪生まれ。早稲田大学理工学部卒。システムエンジニア歴 12年。
    2009年、ITコンサルティング企業に入社。3年目でコミュ障が爆発し人間関係が崩壊。うつにより休職するも、復帰後はコミュ障の自覚を持ち、「チームプレイ」を徹底的に避け、会社組織内においても「一人でできる仕事」に専念。社内外から評価を得た。
    無理に「チームプレイ」するよりも「一人でできる仕事」に専念した方が自分も周囲も幸せにできることを確信し、2015年フリーランスとして独立。