なかの人について


2015年6月末、勢いだけで会社を辞めました。当時28歳、独身、女、元SEです。スキルなし、恋人なし、友人なし、貯金200万円くらいの私が、退職後どうなったのか、何をやってどうやって生活しているのかを、当ブログで発信しています。

こども期(0〜21歳)

父サラリーマン・母専業主婦の中流家庭でフツーに育つ。
小学校の卒業文集に書いた将来の夢は「小説家」。と言っても、めちゃめちゃ本読んでる文学少女だったとか、この頃から自分で物語を書いてましたってことは全然ないです。
中高を都内の私立で過ごし、進路選択の時に「バカじゃないの、小説家なんて儲からないし無理に決まってる」と親に言われてアッサリと理系を選択。実際、理系科目の方が得意だったし、この頃は部活一筋で「小説家になりたい」ってのも忘れてたくらいです。で結局、早稲田大学理工学部に入学。

大学ではあまり熱心な学生とも言えず、友達も出来ずで、必要な授業だけ受けて家に直帰、あとはバイトって感じでした。あぁ黒歴史、、、でもその後こんなの比較にならない地獄を見ることなんて、この頃は想像すらしていない。

気がついたら3年生になっていて、何も考えずに就活を開始。親に「儲かるからコンサルにしとけ」と言われ、たしかになんかカッコイイかもと納得してコンサルティングファームを志望するも、外資系戦略コンサルは帰国子女とか東大京大とか、そんなんばっかで全く歯が立たず。結構凹みました。結局、「コンサル」と名のつく企業を片っ端から受けまくり、国内のITコンサルで内定もらった中から初任給が一番高いところに入社。

サラリーマン期(22〜28歳)

◆入社1年目
入社式で「自分だけは3年間で独立起業するんだ」と思いながら会長の挨拶を聞く。
新人研修はトップの成績で卒業。

◆入社2年目
200人規模の大型プロジェクト(炎上中)へ投入される。
パートのおばちゃんと一緒にひたすらモンキーテスト(打鍵)の日々。
新人研修で習ったJavaやSQLの記憶が薄れる。
月平均残業時間200時間超える。体重-10キロ(入社時比較)。

◆入社3年目
大型プロジェクトが終了。この時点でITスキル0。
にも関わらず可愛がられてはいたので各所から声がかかり、10人未満の小型プロジェクトを複数掛け持ち。
初のプロジェクトリーダーを任され、顧客折衝も経験。調子に乗る。

◆入社4年目、5年目
ITスキル・経験ともに不足により形だけのプロジェクトリーダーに。
技術者パートナーからイジメられうつ病を発症。子会社に転籍。
この頃から対人コミュニケーションを頑張るのを止める。

「一人で黙々と出来る仕事」を希望し、社内システムの運用保守担当になる。
一人やる!と新システム構築を一任してもらい、苦戦しながらもシステム基盤構築を達成。

◆入社6年目
ITスキル面で自信が付き毎日平和に過ごす。
が、子会社特有の「ぬるま湯」感を不快に感じ始める。
「このままじゃダメだ!」と本格的に独立起業を妄想し始める。
家賃9万5千円の港区分譲賃貸マンションから、家賃6万5千円のシェアハウスに引っ越す。
6月末、全てを捨てて勢いで退職。

貯金200万円。親には内緒(結局3ヵ月経ってバレたけど)。

無職期(28歳)

退職してから3ヵ月間だけ無職を経験。(もう二度と経験したくない)

シェアハウスで引きこもるという矛盾した生活を送る。人間との会話(挨拶)は2週間にひと言ペース。キッチンやシャワーなどの共有部で他人と出くわしたくないので、基本的に深夜か平日の昼間しか出歩かない。休日はトイレ、お風呂の時以外は、部屋から一歩も出ない。

調子が良い日はランニング、筋トレ、坐禅、読書、執筆などを精力的にこなし、「世界はワタシのものだー!!」と叫ぶが、調子が悪い日はドーンと憂鬱に襲われ、現実逃避のために一日中アニメ動画や映画を見まくるという自堕落モードに陥ることもしばしば。揺れてましたね〜グラグラグラグラ。精神的にかなり不安定だった時期。

さらに、一年くらいは全く働かなくても貯金で食いつなげると甘く考えていたが、不動産屋に「無職の方は、半年以内に就職するというお約束で、三ヶ月おきに契約更新なら良いよ」と言われ、さっそく窮地に立たされる。

クラウドソーシングで執筆やWEB関連の小遣い稼ぎの仕事をしたり、新人賞に応募するための小説、ブログの執筆をして過ごしてました。まさしく暗中模索。

この時期は好きな事だけしていたはずなのに、全然楽しくなかった。何をしていても不安で、孤独で、精神的には相当キツかった。もちろん、サラリーマン期の自殺を考えていた鬱病の時よりはマシだったけど。

フリーランス期(28歳〜現在)

失業保険をもらうために「働いてはいけない(働くと減額される)」という考えに縛られるのがアホらしくなって個人事業を開業。フリーランスとなり、再就職手当(基本支給額の60%)を受取りました。

今後の展望

私が会社を辞めて手に入れたかったのは「自由」です。時間、場所、お金、人間関係にしばられない生活。私はこれを夢だとは思いません。実際に手に入れている人はいるんだし、だったら私にもできないはずはない!

そのために、まずは「不労所得」を大きくすることに注力しようと。そして、不労所得だけで生活出来るようになれば、次はそのお金で面白いビジネスを立ち上げたい。

<不労所得その①アフィリエイト(ブログ)>

これは、継続すれば確実に結果は出るものなので、ひたすら続けるのみ。2016年10月には、月10万前後の収入源になるよう育てる。

<不労所得その②書籍(電子、紙)>

本は一度出せば、ずっと残る!Amazonに出品しておけば、書店から姿を消してもチマチマと売れつづけます。そして、作家としての知名度が上がれば上がるほど、この収入は積み上がっていきます。まずはデビュー。そして、しばらくは小説を書いて生活していきたい。

<不労所得その③株、FX、不動産>

まとまった額の資産が出来たら、今度はお金に働いてもらう? これはまとまった額の資産が出来てから考えればいいや…(笑)

2015/9追記

直近の目標は「小説家デビュー」。これ一本に絞って、面白いものを模索する日々。書けば書くほど、難しさと面白さを噛み締める今の状況は、案外楽しいです。

貯金は200万円しかないので、毎月税金を払うと月20万円くらいの出費。一年くらいは働かずに小説を書きまくって、無くなったらリゾートバイトでも始めようかと思ってます。

ちなみに、貯金があるうちから、怖くなってバイトに逃げるのだけはやめようと誓いました。

2015/12追記

新人賞に月一ペースで応募して、このブログにも練習の一貫として書いた短編をたまにアップしてます。短編だと10時間くらいかかっちゃうのでなかなか毎日ってわけにはいきませんが……。

あと、シェアハウス生活に限界を感じた&東京にいる必要全く無しなので、今月中に福岡移住します。引きこもり生活にも飽きてきたので、来年はちょっと身体を動かすバイトでもしたい気分。

2016/10追記

いろいろあって福岡から実家に戻ってきました。家族との関係もなかなか良い感じで、感謝感謝の毎日です。今夏、正式に株式会社を設立し、そっちの方は暗中模索、四苦八苦、五里霧中の毎日です。でも引き続き、卑屈で塗り固めた当ブログにいろいろ発散しながら頑張っていく所存です。

応援宜しくお願いいたします。

ちなみに、会社HP(当ブログ同様、手作り)はこちら↓

nanakusa 〜定期健診をもっと身近に、もっと楽しく。〜

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする