シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

雨、旅費交通費、混雑。キングオブ行きたいけど行けない島「屋久島」に行った結果

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

どうも、白戸です。先日、ついに念願だった屋久島に行ってきました。

本日のキーワード:屋久島 雨 交通費 混雑

屋久島といえば「もののけ姫」のシシガミの森のモデルになった白谷雲水峡(もののけの森、苔むす森)で有名ですね! 宮崎駿監督も自分の足で歩いて取材したとか。

おそらく、「太古の森? 死ぬまでに一度は行ってみたい!」と思っている方も多いんじゃないでしょうか。

トロッコ道(3月10日)

私なんかは1997年に「もののけ姫」を見て以来、苔むす森(木の幹も土もオールグリーン!)がこの世に実在していると知ってから20年間ず〜っと行きたい気持ちを熟成させてたクチです。

キングオブ行きにくい島「屋久島」

屋久島と言えば雨。苔むす森が苔むす森なのも、ひとえに雨が多いから。

でも、せっかく高い金と時間をかけて来てもトレッキングで雨降ったら台無しですよね。その確率が1/3って結構リスキー。

でも予約とかは1ヶ月前とか少なくとも2週間前には完了しときたいし、難しいところ。

旅費交通費

東京から行く場合、往復の交通費だけで下手したら10万円超えちゃいますからね。

お金がない、時間がない、お金も時間もない、というシンプルな理由から「行きたいけど行けてない」という方も少なくないはず。

そしてトドメのフェリー。

私も節約のために宿泊を短くしようと色々探したのですが、鹿児島→屋久島のフェリーって一番早いので朝7時着なんですよ。縄文杉トレッキングは往復10時間コースなので7時に港着だと荒川登山口をスタートできるのは最速で8時。

要は、縄文杉に行きたかったら前日入りして宿泊するしかないってこと。

しかもフェリー代もクソたかい。往復16,000円。死ぬ。

混雑

シーズン中の混雑期は山道が渋滞するらしいw

今回、ガイドさんに聞いた話では、シーズン中(4月〜10月)の春休み、ゴールデンウィーク、夏休みなどの大型連休は混雑がピークに達するらしく、「まぁ、ぶっちゃけ混雑期の雨とかもう最悪ですよwww」とのこと。

雨が降った場合の残念ポイント

  • トロッコ道が沢みたいになる。開始の段階で靴に浸水し、テンションが下がる
  • 写真が撮れない(防水でも水滴がジャマ)
  • 転びやすくなってて危ない
  • 土砂崩れ、倒木、鉄砲水などのリスクが高まって危ない
  • というか、普通に危ないから入山禁止になることがある
  • バス停まで来たのに、荒川登山口行きバスが出ないってこともあるらしい
  • 屋根とかないので弁当がびしょ濡れになる

混雑ピーク時の残念ポイント

  • 混みすぎててバスに乗れない
  • 写真を撮る人気スポット(縄文杉、ウィルソン株、大王杉、夫婦杉、太鼓岩、各所橋、苔むす森、川)で待ち行列が発生する
  • トイレで待ち行列が発生する
  • 基本的に誰かの背中を見ながらずっと歩くことになる
  • どこにいても常にカラフルなウェアが視界に入ってきて自然を満喫できない
  • 後ろからのプレッシャー、前に遅いやつ、、、自分のペースで歩けない
  • 三脚とか出そうもんならリンチ
  • 待ち時間の分だけトレッキング時間が長くなる

天気は運に任せるしかないところが大きいですが、混雑期(大型連休)は避けたほうがいいでしょう。個人的には、混雑期に行っても屋久島に行く目的(自然を満喫する)は達成できないと考えています。

自然を満喫する図

1日会社休めば土日使って来れるし、わざわざ夏休みに行かなくてもいいかなと。ちなみに私は3月9日(金)〜3月11日(日)の2泊3日で行って来ました。3月中旬ってこともあり、観光客も少なくて快適でしたよ。ラッキーなことに天気も最高でした。

漂うジブリ感

それでは!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク