シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

【最終夜】指宿旅行〜高速を降り損ね、恐怖のドライブ!しかも、レンタカーのキーがない!?編〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

どうも、白戸です。2018/1/6、7の土日を使って指宿(いぶすき)に行ってきました。まさか第9夜まで続くとは想像していませんでしたが、いよいよ最終回です!

前回まで(↓)の続きです。

画〜

【第1夜】指宿旅行 〜レンタカー借りてものの5分で事故りそうになった編〜

【第2夜】指宿旅行〜開聞岳(1回目)登山に失敗したおバカな理由とは!?編〜

【第3夜】指宿旅行〜浦島太郎伝説の地を観光!たまて箱温泉、長崎鼻、竜宮神社編〜

【第4夜】指宿旅行〜真冬に人生初のソロテント泊。寒すぎて悪夢を見たよ編〜

【第5夜】指宿旅行〜開聞岳、人生初のソロ登山は真っ暗闇でスタートしました編〜

【第6夜】指宿旅行〜計画どおり早朝に出発してたら死んでたかも。ようやく登頂!編〜

【第7夜】指宿旅行〜指宿名物・砂蒸し風呂、豪商・太平次が愛した魚見岳、山川港を堪能!編〜

【第8夜】指宿旅行〜梵字がカッコイイ「青龍寺」観光&「指宿スカイライン」でげんなり編〜

現時点における完璧な旅行計画と現実とのズレ(その8)

<計画>

二日目

二日目、開聞岳をクリア後は、浦島太郎伝説の地、竜宮神社でご朱印をもらい&長崎鼻を観光。さらに山川港の道の駅「活お海道(いおかいどう)」で新鮮魚介のランチを堪能し、両親へのお土産を購入。薩摩伝承館で指宿の歴史に肌で触れ、指宿の豪商・山木の太平次が愛した魚見岳山頂からの景色を楽しむ。その後、午前中に書いた汗と泥を指宿名物「砂蒸し風呂」で落とし、さっぱりしてから頴娃ICで指宿スカイラインに乗って鹿児島中央へ。

谷山ICで指宿スカイラインを降りて私道を走り、マンスリーへ。荷物を部屋に置いてからガソリンを満タンにしてレンタカーを17:00までに返却、帰宅して行動終了!

<現実>

AM6:00から登り始め、AM10:00に下山。ちょうど2時間きっかりで五体満足で開聞岳を制覇!竜宮神社と長崎鼻は昨日行ったのでスキップし、山川港でランチ!が、「かつおかつ定食」はイマイチ。疲れたので薩摩伝承館はスキップし、そのまま魚見岳に登頂。その後、休暇村指宿の砂蒸し風呂でドロと汗を洗ってスッキリ。揖宿神社はスキップするものの、「やっぱりもうひとつご朱印が欲しい!」と、偶然みつけた「青龍寺」の看板を追いかけて寄り道してしまった白戸。

指宿スカイラインでは嫌な目にあいつつも、17:20に生きて谷山ICに到着。18:00を過ぎるとレンタカーの延長料金が2時間分になってしまう計算だが、ここから部屋まで荷物を置きに帰って、さらにガソリンを満タンにしてレンタカー屋にたどり着くことはできるのか…?

私道に降りそこね、そのままガチ高速道路に迷い込む

指宿スカイラインは頴娃(えい)ICから谷山ICまでの有料道路で、その先は私道に降りて鹿児島市街地を通ってマンスリーに帰る予定でした。

が。

パニクってて見逃したのか、私道に降りるタイミングを見つけられないまま次の料金所に到着。

なんと、また有料道路かよ!!

しかも今度はガチの高速です。九州自動車道です!!

ヤバい死んだコレ。

そう思いながらも天国への通行料「320円」を支払います。あぁ。。。

代わりに運転してわたしをマンスリーまで送り届けた上にガソリン満タンにしてこの車をレンタカー屋に返しといてくれるイケメンは現れないものでしょうか。この際キツネでもいい。キツネは命までは取りませんからね。

その場でうずくまることもUターンすることもできないので、自分の心臓の鼓動を聞きながら高速道路にIN!!! ちょうど入れる隙間が空いててよかった。空いてなかったらそこで「THE END」でした。ラッキーです(涙目)

ガクブルでハンドルにかじりつき、目を血走らせながら周りのペースに合わせて走り続けます。速度メーターを見ると、なんと90km近く出ています。

怖い!!死ぬぅぅ!!!

もうやだ。暗くて狭い場所に閉じこもりたい。

気づくと、「←鹿児島市街」という看板が通り過ぎて行きました。あれ!?今んとこで左いけば高速降りれたんじゃね!?(後で調べると、そこは「田上IC」。本来ならここで高速脱出できたはずだった…)

と思ってももう遅いですね。

そのまま「次で降りる!何としても!」とハンドルを握りなおし、また料金所で追加の260円を支払い、なんとか鹿児島北ICから九州自動車道を脱出。なんと、高速道路から生還することができました。自分でも驚きです。

ふぅーーーーっ!!

そのまま、渋滞する鹿児島市街地を走り、信号待ちしている間にスマホのGoogleマップでマンスリーまでの経路ナビをセットし、それに従って帰り着くことができました。しかも事故ってません。車もわたしも無傷です。奇跡です。

もう、厄除け蕎麦のおかげとしか思えません。あの時、青龍寺で厄除け蕎麦を食べててよかったー

マンスリーの駐車場にて。レンタカーのキーがない!

マンスリーの駐車場で小刻みに震える親指の爪を噛みながら、膝を抱き込んだ状態でじっとしてたら落ち着きを取り戻しまして。時刻は17:50。

急いで部屋に荷物置いてガソリンスタンドで給油したら、ギリギリ18:00に間に合います。やったー!

助手席に散乱した小銭(高速の料金所でもらったお釣り)やレシートを拾い集め、荷物をザックに詰め込み、車を降りました。

で、ドアをロックしようとして気づきました。

(レンタカーの)キーがない!!

最後に車を降りたのは青龍寺で、その時はドアをロックしてから青龍寺を観光したので、確実にキーを持っていました。砂利の駐車場を歩きながら、ジャージの右ポケットにキーを入れた記憶もあります。

で、車に乗ってここまでこれたということは、ドアのロックをキーで解除したはずなので、青龍寺の駐車場まではキーを持っていたことになります。

そこから、車は降りていません。

ということは、まだ車の中(シートの下とかに落ちてる?)にあるか、青龍寺の駐車場でドアを開けた後、駐車場の砂利の上に落としたことに気づかず発進してここまで来ちゃったかのいずれか。

後者だったら最悪です。弁償ですよね。いくらかかんの…?万?万だよね?

また別の意味で震えだした足をなんとか落ち着かせ、後部座席の買い物袋(道の駅で買ったおみやげと野菜)を漁り、ザックを漁り、車の座席およびシートの隙間や足元をくまなく探索しましたが、見つからず。

「え、うそだよね。うそうそうそうそ」とつぶやきながら、探し続けること5分。

見つかりません。(涙)

落ち着いて、もっと荷物をちゃんと探そう、と思い立ち、とりあえずドアをロックしない(できない)まま放置して部屋に荷物を持って帰ることに。

で、部屋でザックと買い物袋の中身をぶちまけて、それでもなかったらもう一回車の中を探して、それでもなかったら諦めよう、と決意。

部屋でザックの中身をぶちまけましたが、やはりキーは出てきません。買い物袋ももちろんシロ。だって後部座席に車のキー置かないし。当たり前だし。

絶対、助手席に放り出していたはずなんです。もしくはポケットに入ってるはずなんです。でもポケットはカラだし、助手席にもない。

さっき小銭とか散らかった荷物とかをザックに詰め込んだ時に、一緒にキーも入れちゃったのかと思い、床にぶちまけた荷物を一つ一つ確認していると、、、

あった!ありました!!(感涙)

犯人は、開聞岳の暗闇登山ではめちゃくちゃ活躍した例のランプ。

何回か前の記事で、連続点灯時間も12時間は余裕だしスマホの外部バッテリーとして充電もできて超使えると無邪気に絶賛していたのですが、スマホの充電のために、運転中は助手席に出してスマホに接続していたんですよ。

で、先ほど助手席に散らばっていた他の荷物と一緒にザックに収納したんです。

それが、キーとなんの関係があるのかというと、、、

マグネットになってるwww

写真は先ほど撮ったのでペンですが(すみません。キー見つけた時は写真とる余裕が皆無でした)、要は、このライトはマグネットにもなっているということ。この時まで、全く気づきませんでした。

レンタカーのキーについていたキーホルダーは鉄製で、このライトにくっついてたんですね。で、それに気づかず、ライトをザックにしまった時に一緒にキーもしまっちゃってたというオチです。

まぁ、見つかってよかったです。現在時刻は18:00。

18:00までに返却できたら延長料金は1時間分で済みましたが、もうダメですね。この時、理由の分からない爆笑がこみ上げてきました。

レンタカー屋の近くのガソリンスタンドを検索し、最後のドライブ。

たどり着いたガソリンスタンドで「レギュラー満タンで!」と制服姿のおじさんに告げると、「ここ、ガソリンスタンドじゃなくてガススタンドだよ。プロバンガス」と苦笑いされました。

え。

意味がわからず、「え、レギュラーないんですか?」と聞き返してしまいまいた。

「そう。ないの。ガソリンスタンドは、そこまっすぐ行って右の角にあるよ」って教えてくれました。親切なおじさん。

あのガソリンが出てくるホース?みたいなのも上からぶら下がってたのでガソリンスタンドに見えたのですが(グーグルマップ検索で出てきたやつだし!)、なんか違うらしい。停まってる車もよく見たらタクシーとかばっかで、一般カーはない。。。

なんでしょう、この罠。

おじさんにお礼を言って、苦手な右折にビクつきながらもなんとかガソリンスタンドに到着。2000円でイケメンのお兄さんに満タンにしてもらい、目の前のレンタカー屋に到着しました。

あー、ほんと、この時の開放感と言ったら!

やっとレンタカーから解き放たれました(笑)やっぱ運転向いてないですね。わたし。

しかも、レンタカー屋にキーを返すと、車に傷がないか調べて「事故ってないよね?」って確認しただけで、そのまま「じゃあ」とお辞儀されました。

延長料金発生しないのかよ!w

まぁ、よかったです。だったらあんなに慌てる必要なかったじゃんと思うと素直に喜べないですが、よかったです。キーもあったし、命もあったしw

まとめ。三つの目標は全て達成!

いろいろあった指宿旅行でしたが、なんとか当初の目標であった

①人生初!ソロ登山に挑戦。
②人生初!ソロキャンプに挑戦。
③人生初!レンタカーを借りて高速道路に挑戦。

の三つは全て達成することができました。パチパチパチ。

冬の暗闇ソロ登山、キャンプ場に一人ぼっちでテント泊など怖いイベントもたくさんありましたが、なにより充実感がありますね。初体験の連続で、良い刺激になりました。刺激が強すぎたくらいです。

こんなこというと台無しかもしれませんが、一番怖かったのは初日にレンタカー借りて5分で事故りそうになったあのバスに浴びせられたクラクションの瞬間ですw(やっぱ私は運転とかしない方がいいんだろうなー)

さて、このブログ始まって以来の超長編シリーズになってしまいましたが、皆様、いかがでしたでしょうか。

皆様にクスリと笑って楽しんでいただけたなら、こんなに幸せなことはありません。

次の旅行は屋久島登山(3月)に予定しているので、楽しみにしていただけると嬉しいです。

それでは!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 谷新九郎 より:

    長旅お疲れさまでした(笑)。
    僕も車関係の会社に勤めて、毎日車に乗っていますが、いまだに好きにはなりません。標準速度なのに煽ってくる奴いるし、狭いところの駐車はひやひやするし、知らない道は怖いし。たぶん本質的に得意じゃないんだろうなあー、と思って土日は乗らず、せいぜい近所くらいですね、長旅も電車のほうが気楽で好きです。だから白戸さんの気持ちはすごくわかりますよー。
    また屋久島編楽しみにしています。