シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

【第5夜】指宿旅行〜開聞岳、人生初のソロ登山は真っ暗闇でスタートしました編〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

どうも、白戸です。2018/1/6、7の土日を使って指宿(いぶすき)に行ってきました。

前回まで(↓)の続きです。

【前夜】指宿旅行〜すべての無駄を排除した完璧な旅行計画〜

【第1夜】指宿旅行 〜レンタカー借りてものの5分で事故りそうになった編〜

【第2夜】指宿旅行〜開聞岳(1回目)登山に失敗したおバカな理由とは!?編〜

【第3夜】指宿旅行〜浦島太郎伝説の地を観光!たまて箱温泉、長崎鼻、竜宮神社編〜

【第4夜】指宿旅行〜真冬に人生初のソロテント泊。寒すぎて悪夢を見たよ編〜

現時点における完璧な旅行計画と現実とのズレ(その4)

<計画>

二日目

二日目一発目は、まだ暗いうちから二回目の登山を開始。日の出とほぼ同時刻に登頂し、山頂で日の出を眺めながらモーニングコーヒーで祝杯。

の、はずでした。

<現実>

たったひとり、無人のキャンプ場で寒さに震えながらソロテント泊。リアルドラクエテント状態を体験するも、ドラクエと違ってHP・MPは全く回復せず。靴擦れも治っていません。おかしい。

二日目の朝、寒さに負けて朝食にインスタントラーメンを作り始めるも、外気温が低すぎてお湯が全然沸かないトラブルに見舞われ、出発時刻を30分もオーバーした白戸。果たして、山頂で日の出を見ながらモーニングコーヒーを飲めるのか!?そもそも真っ暗だけど登頂できるのか!?

真っ暗すぎて、キャンプ場から抜け出せないトラブル発生

ライトは前日に点灯時間12時間でもまだほぼフルバッテーリー状態であることを確認済みなので、途中で転んで壊したりしない限り、ライトが持たないって心配もありません。それにしてもこのライト、すげー高性能。スマホの充電もできちゃうんですよ。

まぁそんなことはさておき、5:40にテントを出発してから早10分ですが、未だにキャンプ場から出られません。

暗すぎて、登山口の看板が見つけられないのです。前日、一度通ったにもかかわらずですよ!

もうなんも見えないのです。ライトを最高に明るくしても、せいぜい5、6mくらい先しか見えません。テントから登山口へのだいたいの方角・位置ももちろん知っているのですが、なぜか登山口につきません。(なんかちっちゃい橋みたいなのがあるはずなんですが、、、)

それどころか、私を引っ掛けるためにかけられているとしか思えないくらいの高さにロープを張られた柵に行き当たりまして。

この柵は「キャンプ場はここまでですよー」っていう柵です。

あれ!?ってすぐにパニックに。暗くて怖かったのもあります。

そのまままっすぐ行けば、いつか登山口の広い道に出るだろう、と進み続けたのですが、なんかよくわかんない切り株だらけの雑然とした場所に行き当たり、しかもその先は高いフェンスに囲まれてて出られません。完全にキャンプ場に閉じ込められましたコレ。

日頃から日本昔話を愛好している私なので、「やばい、狐か!?」という発想になり、いったんテントまで引き返すことにしました。冷静になろうと。狐か!?とか言ってる精神状態で真っ暗な中ソロ登山とか自殺行為だなと思ったからです。

テントを起点に斜め上(?)にまっすぐ進めば、登山口に行き当たるはず。

ここまでまっすぐ進んできたので、とりあえずまっすぐ引き返します。

戻る途中、左手に看板を探しながら歩いていたら、なぜかアッサリ見つけました。これは絶対狐の仕業だなと確信しましたね。だってきた時はなかったもん。

まぁ、テントまで戻らずにすんでよかったです。この時点でAM5:55。4:40に起きたのにもうすぐ6時ですwww 出発予定時刻から、45分遅れです。

2合目。真っ暗な山中をひとり歩く。蟲師状態にちょっと悦

2合目(登山口)に着いた時刻は、AM6:00。

やっと登山口。誰かが置き忘れた右だけの手袋が怖い

登山道はこんな感じです。

スマホが勝手に焚くフラッシュが怖い。これ以上ラメラを上に向けると「何か」が映り込みそうで怖い。

いやー、怖かったですね。マジで。まさか、都会っ子の私がひとりぼっちで真っ暗な山中をライト一つ持って登るとは、誰が予想したことでしょう? つか私のことを誰かが考えたりしくれてることがあるのでしょうか? すみません、知るかですね。

さて、ひとりで真っ暗な山中を歩くこの姿をぜひカメラに収めたかったのですが、残念ながらカメラマンがいません。ひとりだったので。なのでイメージ図になりますが、例えるならこんな感じです。

蟲師大好き。

蟲師のギンコ、キノの旅のキノ的な「ソロ」の生き方にずっと憧れてたので、このひとり登山もギンコになりきったつもりで黙々と歩きました。

するとちょっと悦な気分に…w

2.5合目。暗闇に心をヤられ、クマに襲われて死ぬ想像を膨らます

昨日みた2.5合目のドロドロ看板。暗すぎて映らねぇw

登山口から10分ほど歩くと、すぐに2.5合目に到着。時刻はAM6:11。

当初は、伝家の宝刀片耳イヤホンでラジオでも聞きながら登るつもりでしたが、「何か」が動く音とか聞き逃したらと思うと怖くて、とてもそんなチャラついたことはできませんでした。耳も目も全神経を研ぎ澄ましての暗中模索登山。過酷!過酷です!

お化けよりなにより、このとき一番怖かったのは動物です。

その次はシリアルキラー。

でもシリアルキラーはたまたま死体を埋めに来たとかじゃない限り、こんなひとけのない場所には出没しないはず。ターゲットの人間がいないしね。

でも、クマとか野良犬とか、人間を襲う可能性のある動物が私に襲いかかってくるんじゃないかと戦々恐々でしたね。しかも、この時わたしは前日に買ったウェルダースオリジナルの、シュガー&バターのあま〜いキャンディを舐めておりまして。この甘い匂いにクマ的なでかい動物が寄ってくるんじゃないかと思い至った瞬間、キャンディを噛み砕いて飲み込みました。

登山客がたくさんいる日中には近寄ってこなくても、今は真っ暗の動物タイム。夜行性の肉食動物が「我が世の春!」と闊歩していての全くおかしくないのです。今は冬ですけど。関東でも山から降りてきたクマが人を襲う事件とかあったし、こんだけ自然がいっぱいあったら余裕でクマの一匹や二匹出るんじゃねって考えたら怖くなってきちゃって。

「開聞岳を登山中だった31歳女性が、クマに襲われて死亡する事件が発生しました」みたいな全国ネットのニュースで読み上げられるのを想像してぞっとしました。

それをYahoo!ニュースで見ながらチャラついた社会人一年目くらいの男性がTwitterで「うわ、この真冬にひとりでキャンプしてたらしーよ。しかも真っ暗な山にソロ登山って、、、つか自殺じゃねコレ?」ってつぶやき、それを「アハハ!ウケるぅ〜チョーさみし〜」とチャラついた女性が拡散し、最終的に「#クマ#変わりモンの三十路女の末路」というタグをつけられるところまで想像してぞっとしました。

とにかく、ここで死んだら最悪だと。家族に迷惑かけちゃうなと。

もう生きるために必死ですよ。モーニングコーヒーとかどうでもよくなり、クマ対策で頭がいっぱいになります。クマよけの鈴とかあるし、とりあえず音を出してれば近寄ってこないかなーとか歩きながらいろいろ考えました。

で、ハッと思い出したのが、防犯対策に携帯していた催涙スプレー。

女一匹でテント泊&ソロ暗闇登山するので、これくらいの用心は必要かなと。で、動物が襲いかかってきた時、とっさにスプレーを噴射できるようライト同様ザックの肩紐にぶら下げる形でセット。

ちょうど、右胸にライトと催涙スプレーがぶらぶらしている感じです。しかも、ぶつかって歩く度にカンカンいうので、クマよけの鈴的な役割も果たしています。完璧。どっからでもかかってきやがれ!と。スプレーを瞬時に握りしめ、噴射する練習も(暗闇の山中で)したのでバッチリです。(涙目)

暗闇に慣れた途端、靴擦れの痛みの方が気になりだす始末

AM6:30、4合目に到達。まだ真っ暗。

蟲師のギンコになりきって黙々と進みつづけること30分、あっという間に4合目に到達。イメージの力は偉大ですね。

5合目までは昨日登っているので、道を間違えることはないだろうと思っていたのですが、何度か「ん? どっちや?」っていうポイントがありましたね。前日、途中まででも登っといてよかったです。

今回は水もたっぷり持参してるし出発前にあったかくてまずいラーメンまで食べているので、エネルギーは有り余っています。

が、靴擦れがドラクエ風テントで寝たのに回復しなかったため、足が痛い。

暗闇に慣れて恐怖心が薄まってくると、足の痛みがマジハンパないことに気づきます。これは早々に出血している可能性があります。(実際は一切血は出てませんでしたが、それくらいの痛く感じました)

でも立ち止まって靴を脱ぐのも億劫で、テンポを維持したまま登り続けました。靴脱いだり休んでも痛みが消えるわけでもドラクエみたいに宿にワープできるわけじゃないので。

5合目、早朝の透き通った景色に息を飲む

すぐに5合目に到達。

AM6:45、5合目に到達。まだ暗い。

暗いけど、ちょっと明るくなり始めたかな?ってくらいの時間帯。個人的な話ですが、私は1日の時間帯の中でこの薄暗闇の明け方タイムが一番好きなのです。人もいないし、空気は澄んでるし、いい感じ。

街の電気がチラチラしててすっごい綺麗でした。

登り始めた当初は怖くて「もう二度とやらねぇ」って決心してましたが、今は「真っ暗なうちからの早朝登山、悪くない!」って心境です。

味をしめたので、またいつか、別の山でやるかもしれません。

さて、いよいよ6合目以降は未知の世界! 昨日水を恵んでくれなかった登山客の皆様が口を揃えて「ヤバい」といっていた7合目とは!?

果たして無事登頂できるのか!?

日の出には間に合うのか!?(笑)

続く!

【第6夜】指宿旅行〜計画どおり早朝に出発してたら死んでたかも。ようやく登頂!編〜

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク