シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

鹿児島といえば安納芋と桜島。しかし、、、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

どうも、白戸です。

仕事ですがせっかく鹿児島にいるので、今日はお気楽に鹿児島名物、安納芋&桜島の紹介をしまーす。というか、安納芋の色と桜島の灰にびっくりしたのでその辺の話をしたいです。

焼き芋(安納芋)が至る所で売られている

鹿児島に来て12泊目です。ホテル3つハシゴしました。で、うち二つのホテルのロビーで、焼き芋(安納芋)が売られてまして。

最初みつけた時は珍しいなーと思ったんですが、今日はオフということで天文館や与二郎近辺をフラフラした結果、

まぁー、焼き芋多いですね!!!

天国かここは!

今日だけで10回くらい焼き芋コーナーを見ました。

無類の焼き芋好き、芋女こと私ですが、、、芋女ってなんだよコラァ!どうせ大学の頃に好きだったS君に「え、好きな食べ物で焼き芋とか、安上がりな女だねw」とか言われましたよ。安上がりなんだから付き合ってくれても良いんじゃねーの!?誕生日プレゼントもダンボールいっぱいの芋で小躍りで喜びますよ!バラの花束より安上がりですよー!!…なんてねテへ。慣れない出張でちょっと不安定になってるのかもしれません。どうか温かい目で読んでいただければと思います。

どれも値段はあまり変わらず(ホテルのも別に割高ではなかった)、ひとつ買ってみました。

で、驚いたのが色。濃いのなんのって、、、

東京でも安納芋の焼き芋って売ってますが、バカッと割ってみて全然違いますね。ひとくちに安納芋って言っても、本場の安納芋は別物なんでしょうか。

食いかけ御免

見てください、この濃い黄色を。黄色っていうかオレンジ色に近い。

ただ、このキラキラ輝かんばかりのオレンジ色の芋が網膜に映った瞬間に期待値が跳ね上がったせいか、味はふつうでしたw

ふつうに美味しいですが、もっとあまーーーい!っていうのを期待してしまったのでちょっと不完全燃焼。焼き芋だけに。。。(あれ、なんか面白いこと書けない。なんで? これも慣れないホテル暮らしのせい?)

鹿児島市内は、どこにいても桜島が見える

朝イチの桜島ビュー

こちらはホテルの部屋から撮った桜島。オーシャンビューも相まって素晴らしい景色でした。

写真に撮り忘れたんですが、この右手には鴨池港っていうフェリー乗り場があって、なんと24時間運行。夜に上から見るフェリーもオツなもの。

4泊するってことでホテルの部屋もシングルに空きがなかったらしく、ツインにアップグレードしてもらえました。

わざわざバリまで行かなくてもこれで満足ですw

海上ランニングロード

海沿いにこんな素敵なランニングコースまで発見。これは是非とも走らねば。マンスリーに越して荷物が届いたら行ってみたいと思います。

鹿児島のテレビでは、天気予報ならぬ降灰予報をやってる

同じくパートナーとして働いている方(鹿児島出身)に聞いたんですが、鹿児島の朝のニュースでは天気予報だけでなく降灰予報というのもやってるんですね。

テレビをつける習慣がないので実際まだ見てないですが、外を歩いてて納得しました。

というのも、普通に歩いてるだけで目になんかチクチクごみが入るんですよ。東京でも風が強い時はありますけど、たいして強風ってわけでもないのにやたらチクチク。。。

鹿児島出身のパートナーさん曰く、冬はまだマシなんだとか。夏はヤバイらしい。

なんでも、風向き(潮の流れ)が夏だと鹿児島市の方に向かうとかで、道とか車とかに積もるレベルだそうです。灰専用のゴミ袋(黄色いやつ)なんかもゴミステーションに捨ててあったりして、なんか改めて遠くに来ちゃったなーって思いましたね。完全にホームシックです。

つか、こんなにチクチクされたらランニングできないなぁ。。。でも普通に走ってる人もいるので、慣れなのかな? もしくは目を瞑って走ればいいのかな。そんで轢かれちゃえばいいのかな。もしくは足を踏み外して海に落ちて死体で発見されちゃえばいいのかな。

うーん、せっかく鹿児島まで来たのにどうしてか晴れない私の心。

もうちょい心身ともに落ち着いたら、週末に観光でもしようかな。屋久島とか行ったらまた記事にします。

それでは!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク