シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

質問は、5秒を超えると全てグチ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

どうも、下町のグチラー反対勢力(レジスタンス)、サブリーダーの白戸です。

突然ですが、グチって嫌ですよね。

言ってる方は気持ち良いかもしれませんが、聞かされる周りの人は全エネルギーを吸い取られた上「グチられたことを誰かにグチりたい」とグチがグチを呼ぶグチ無限ループ・スペリャルに陥り、最終的には全人類がグチのグチによるグチのための暗黒世界に飲み込まれてしまいます。

まぁちょっと大げさすぎたかもしれませんが、要するにグチられると、人は元気を吸い取られてしまうのです。

質問とグチの違いは、ズバリ「長さ」。

例えば…

自分は3歳の子持ちで会社勤めのSEですが、会社の業績もあんまりよくないし最近ちょっと先が見えちゃったっていうか、なんか自分で新しい事やってみたいなと思って転職も一時期考えてエージェント登録とかもしてみたんですけど、やっぱこの歳だと別業界はあんまり口なさそうなんで、思い切って起業してみようかと思うんですけど、僕みたいなSEが独立したとして、儲ける方法って何ですか?

という質問。

長いですよね。

最後の「SEが独立して儲ける方法は何ですか?」だけでいいですよね。

質問は5秒以内。それを超えるとグチになります。

最初の子持ちのくだりとかイラナイ。全然イラナイ。もしかして独身彼氏ナシの私へのあてつけか? 女のくせにSEやってた上に独身彼氏ナシの私へのあてつけなのか!?

まぁちょっと大げさな例ですが、こういう質問の仕方する人って結構います。ひょっとしたらあなたの周りにもいるかもしれませんね。

前置き=迷い。

なぜこの質問者がこんな前置きをしてしまうのかというと、それは「自信がないから」。

質問からわかる通り、この人は会社に残るか独立起業するか、まだ迷っている段階です。もちろん、迷うこと自体は全然悪くありません。

この質問が良くないのは、

「自分みたいなSEが独立して儲けるなんて無理、と当人(質問者)は思っている」と、聞き手に思われてしまうから。

迷いがある人は、誰にも助けてもらえません。

当人が無理だと思っていることに対し、できるアドバイスはありません。

何か具体的な行動を少しでも起こしていて、「次はどうすればいいのか?」「こうこうこういうことをやってみたけど、うまくいかなかった。何がいけなかったのか?」という質問であれば、その道を通った誰かが具体的なアドバイスをくれます。

それを、まだ始める前の段階で、しかも迷ってますアピールまでされて、どうしろというのかって話です。

あと単純に、なんかイラッとする。やる前から言い訳してんじゃねーよと。

「あ、なんかコイツ本気じゃないな…」と思いますし、「そんなに迷ってんならやめとけば?」となります。

質問するときは、前置きを言わない。

誰かに協力してほしい、教えてくれる仲間を見つけたいなら、言い訳はNG!

質問するときには、前置きを言わないようにする。

それだけで、誰かが応えてくれます。周りの人も私も、グチを聞かされて元気を吸い取られることはありません。世界はまた少し平和になることでしょう!

よく考えたら客もいないしなんだか全く働く気力も湧いてこない私に元気なんて必要ありませんでしたが、その事をグチりだすと(後編)に突入してしまうのでやめておきます。この記事も実は3時間くらい考えて練ってみたんですけど、母にもっと短くした方がいいって言われたんですよ。そもそもグチんなって記事がグチグチしすぎってどうなの?的な指摘も受けたんですがでもこの記事は別に長いグチじゃないんですよ。ホント素人はわかってないわ。あくまで、グチに苦しむ人を一人でも減らしたいという私の前向きなアレであってウダウダグチグチ…..

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 矢戸だいはち より:

    我が家では、他人の愚痴は「酒の肴」になります。タダで聞いているのだから、肴にされるのも覚悟して下さい、という訳です。人の不幸、蜜の味。

    裏を返せば、愚痴っている人は愚痴ってストレス発散しているだけで、人に話を聞いてもらいたい人なのです。黙って聞いて、酒の肴、小説のネタ、記事のネタに料理してやりましょう。愚痴り記事、ご馳走様でした。