シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

AWSのリザーブドインスタンスで大失敗した件(後半)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

前回の続きです。

リザーブドにするとサーバー費用が75%OFFになる!?

インスタンス変更だけで終わっとけば良かったのですが、ケチんぼな私は、月々のサーバー費用が1000円増えたのが気になって気になって眠れなくなりまして。

なんとかならないものかとネットで調べた結果、どうやらサーバー代を安くしたいなら「リザーブドインスタンス」が良いらしいと。

Amazon EC2 リザーブドインスタンスでは、オンデマンド料金に比べて大幅な割引価格 (最大 75%) が適用され、特定のアベイラビリティーゾーンで使用する容量を予約できます。

AWS公式ドキュメントより抜粋

…なんだと! 75%OFFだと!?

じゃあ、もしかしてインスタンス変更前(t2.microの頃)より安くなるんじゃね!?

ってなりまして。

ただ、1年とか3年分とかのサーバー代を前払いするのってリスクあるじゃないですか。

もしかしたらこのブログがハリポタ並みに世界中で人気爆発して月間PVが1兆9831億アクセスになるかもしれないじゃないですか。そしたらまた、ブログが落ちまくって、インスタンスタイプを変えなきゃならなくなって、結局、前払いしたインスタンスは使えなくなるんじゃないかと。

その不安を、公式ドキュメントは見事解消してくれました。

コンピューティングニーズが変化したときは、Standard リザーブドインスタンスを変更し、引き続き料金上の利点を得られます。

AWS公式ドキュメントより

なんだ、途中でスペックの変更もできんじゃん!と。

しかも!

リザーブドインスタンスマーケットプレイス

リザーブドインスタンスマーケットプレイスでは、他の AWS のお客様がスタンダードリザーブドインスタンスを出品して販売できます。サードパーティから購入したスタンダードリザーブドインスタンスも AWS から直接購入スタンダードリザーブドインスタンスと変わりはありませんが、多くの場合、それらはより低価格かつ短期間で出品されます。

AWS公式ドキュメントより抜粋

私は基本、公式ドキュメントは大きい文字しか読めないので、これを見て「ああ、んじゃ、途中でいらなくなったら売れば良いんだ?」と解釈。

それなら! とリザーブドインスタンス(3年分)を買ったのが去年の秋。

3ヶ月ぶりにコストエクスプローラでサーバー代を確認した結果

青がサーバー代

凹んでるのが、去年の10月。サーバーが落ちまくって利用時間が少なかった月ですね。で、翌月11月からはリザーブドインスタンスを買ったから0円になt….

なってない!!!0円に、NATTENAI !!!! 1万5千円くらい前払いしたのにくぇrちゅいおp@「!???

つか上がってますけど。月々のサーバー代が15$から24$に上がってますけど!?

1$=100円としても毎月1000円も高くなってるんですよ! 1000円って言ったら大金ですよ!! 例えば、母の靴を舐めて10分で100円もらえるとしたら、1時間40分も靴を舐め続けなければならない計算!!!

え、どうなってんの?

前払いした1万5千円どこに消えたの? と。

やっとわかった。リザーブドインスタンスで失敗した理由

AWSの管理コンソールで確認して、すぐに原因がわかりました。

使用料金:$0.00

あれれ?

お客様がリザーブドインスタンスとオンデマンドインスタンスの両方をご利用の場合、ご請求額が最小となるようにリザーブドインスタンス料金が先に適用されます。

AWS公式ドキュメントより抜粋

とあるからには、$0.00っておかしくね?と。つまり、「リザーブドインスタンス買ったけど全然使ってない状態」なのです。

よく見たら、リザーブドインスタンスの「インスタンスタイプ:t2.micro」になってました。

オンデマンドインスタンスがt2.small。つまり、インスタンスタイプが違うからリザーブドインスタンスは使われてませんよと。だから割引も適用されませんよ、と。

「リザーブドインスタンスの変更」の落とし穴

ああ、なるほど納得ですと。じゃあ、リザーブドをt2.smallに変更すれば良いのね、と。

しかし!!

t2.smallは、t2.microの2倍のスペックなので、変更するにはもう一個、t2.microのリザーブドインスタンスを購入する必要があります。

3時間ほど部屋を行ったり来たりしながら悩みましたが、このまま1万5千円をドブに捨てることは絶対にできないので思い切って購入。

いよいよ、t2.microインスタンス2つを合体させて、t2.smallインスタンス1つに変更、、、しようとしたのですが

変更前

変更後

「次へ」ボタンが押せません。

よく見ると、なにやら、「単位」の項目が赤字になっているのでそのせいっぽい。

あれ、でも変更できるんじゃないの?

t2.micro ×2 = t2.small だから、フュージョンで悟天とトランクスがゴテンクスになる感じで、合体できるはずなのに!

公式ドキュメントの大きくない方の字を、血の涙を流しながらがんばって読んだ結果、こんな説明を見つけました。

変更の要件

変更リクエストは、変更後の設定に対して十分なリザーブドインスタンス容量があり、以下の条件が満たされている場合に処理されます。

変更されたリザーブドインスタンスは次のとおりである必要があります。

  • アクティブ
  • 別の変更リクエストを保留していない
  • リザーブドインスタンスマーケットプレイス に出品されていない
  • 同じ時間 (分または秒ではない) で終了する

AWS公式ドキュメントより

「同じ時間で終了する」。これだ。。。。

1つめのt2.microのリザーブドインスタンスを購入したのが、去年の秋(2016-10-22 15:07 UTC+9)。

2つめのt2.microのリザーブドインスタンスを購入したのが、今月(2017-02-04 21:43 UTC+9)。

ともに、有効期間は「購入日から3年」なので、終了時間が3ヶ月近くずれています。だから、合体できないと。フュージョンは年齢差関係なかったけど、リザーブドインスタンスはタメじゃないとダメだと。

もう分かりにくい〜〜〜。書いてあるから100%わたしが悪いのはわかってますけど〜〜〜。あーーーーーん。無理〜もうやだ〜〜〜

「リザーブドインスタンスの販売」の落とし穴

フュージョン(インスタンスタイプの変更)ができないんなら、もう売っぱらっちゃおうと。多少損はするけど、3万円まるまるドブに捨てるよりマシだわと。

しかし!

このマーケットプレイス出品にも、また落とし穴が。まぁドキュメントには明記してあるのっで、落とし穴っていうか私が勝手に掘った墓穴なんですけどね。

さっそく、管理コンソールで「リザーブドインスタンスの販売」をクリック。

ふんふん

よくわかんないけど、登録!

するといきなり↓のページに飛ばされました。

All English…

よくわかんないけど、名前を入れてContinue!

また英語のページ。なにやら、銀行口座情報を入力しろってことらしい。

入力項目はこの3つ。

Bank Account Holder Name :口座名義人
Routing Number :主に欧州で採用される銀行口座の所在国、支店、口座番号を一意に特定するための統一規格のコードで日本では採用されておりません。
Account Number :口座番号

え、、、じゃあどうすりゃいいのか。

ページ上部の説明文を直訳すると、こんな文章。

英語

We register your bank account for the deposit of your sales proceeds. Note that it must be a U.S. bank account. Bank account information is subject to the Privacy Notice.

日本語訳:

当社は、売上金の預金のためにお客様の銀行口座を登録します。米国の銀行口座である必要があります。銀行口座情報はプライバシーに関する通知の対象となります。

はい!?

持ってませんけど。アメリカに口座とか、持ってませんけど!!?

調べたところ、アメリカに銀行口座を作るには、三菱東京UFJのユニオンバンク「カリフォルニアアカウント・プログラム」が一番簡単らしい。ちなみに、二番目に簡単なのは「ハワイに行って口座を開設する」、三番目に簡単なのは「アメリカに行って口座を開設する」です。

マジかよ。ほとんどUFJ一択じゃないですか。

もっと便利だと思っていました。家にいながらすべてのことができると思ってました。どうしよう。

口座開設って面倒だし、アメリカの銀行なんてよくわかんないしなんか源泉徴収とかわけわかんないことになったらやだなと。

3万円とそれら面倒&不安要素を天秤にかけた結果、、、

泣き寝入りすることにしました。さらば3万円。ハワイに行って素敵な現地男性とフュージョンするのに使ったとでも思うことにします。してないけど。

みなさんは、私と同じてつを踏まないようにお気をつけください!

それでは!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 矢戸だいはち より:

    こんばんは矢戸です。アメリカに口座を持つなんて考えてもいない男です。

    随分と小難しい事をしている気がします。ブログでPV増やすなら、SEOとパーマネントリンクをすべきなのではないかと個人的に思っています。

    余談ですが、自分がブログを始めるなら、AWSを利用するのが一番いいんじゃないかなと思います。実際にたくさん使っていますし、グーグルの広告は少々、レベルが高い気がします。

    あと、欲深いと損しますね( *´艸`)
    失礼しまーす。