シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

なんでこんなものよこした? 残念なプレゼントTOP10

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

本日のキーワード:残念なプレゼント

どうも、「なんでこんなものよこした?.com」管理人の白戸です。

誕生日、クリスマス、バレンタインなどの記念日や、ちょっとした旅行のお土産など、一年を通してみると、誰かにプレゼントをいただく機会って案外多いですよね。

相手が自分にとって重要な人物であれば、プレゼントを贈る側はかなり頭を悩ませるのではないでしょうか。

あまりに深刻に悩みすぎた結果、もらった相手が恐ろしさに息をのむようなプレゼントを渡してしまうことにもなりかねません。これはあげた方ももらった方の報われないですよね。

そんな不幸なご両人をこれ以上世の中に生み出さないためにも、今日は私がこれまでの人生でもらった「なんでこんなものよこした?」系の残念なプレゼントのTOP10を、相手が「それを選んだ理由」と共に発表したいと思います。

10位 手作りのぬいぐるみ(うさぎ、みたいな?)

理由:「なんか〜、作ってみたら〜、案外上手にできたぁ↑↑的な?」

「的な?」じゃない!!

言わずもがなですが、手作り系は基本いらないです。ホントにいらない。プロが作った奴が良いです。それ以前に、ぬいぐるみもいらないです。

ちなみに、作り方を尋ねたところ、

「ヵワイかったけ型とか売ってなかったからぁ、ぬいぐるみ買ってバラバラにして、別の布で型取りして綿を詰めたぁwww」

と言われました。もうヤダ怖いなにこの人。

だったら買ったやつをそのままプレゼントしてほしかったです。なんでバラバラにすんのと。でもそんなこと言ったら私もバラバラにされそうだったので、この時は恐ろしさに息をのむしかありませんでした。

注:たまに「チョー時間かかったんだからぁ、大切にしてよねっ」的な大胆不適な人もいますが、マジでやめた方が良いです。たぶん、すごい迷惑だと思います。

「ごめん、捨てた w」が許される関係でもやらない方が良いです。微妙な距離感の人だと、万が一にも「あれあれ、前にあげたアノぬいぐるみ、どうした?」的な質問をされるのではないかと考えて捨てたくても捨てられなかったりします。

9位 メイド服(コスプレ衣装)

理由:「似合いそうだったから」

「オレ様系男子」の解釈を間違えた男性がやりがちな失敗。これは多分、喜ぶ女性はかなり少数派なんじゃないでしょうか。似合う似合わないは関係なく。

なんだか、見てはいけない一面を見てしまったような、いたたまれない気持ちになったのを覚えています。これをくれた方のことは、もともと見損なってたけどアッサリ底値更新でした。

プレゼントにかこつけて自分の欲望を満足させようとする底の浅さが透けて見えると、「あれ?コイツ、アタイのことなんて全然考えてねぇなコレ」と即バレするので要注意です。

8位 話しかけると踊るオモチャの花(グラサン付き)

理由:不明

職場で、ハワイだかサイパンだかに行った同僚からいただいたオモチャの花。ひまわりがグラサンをかけた風貌で、話しかけると(というか周囲の音に反応して)くねくね踊るシュールな玩具です。

ちなみにその人がなぜマカデミアナッツチョコではなくわけのわからない玩具を買ってよこしたのか、理由は不明です。聞いてないから。

子供の頃に歯医者の待合室で見て以来だったので、「ああ、まだあったんだ〜こういうの」と懐かしい気持ちになりましたが、いりません。

7位 「絶対面白いから!」とゴリ推しされながら渡される書籍

理由:「絶対、面白いから!人生変わるから!」

「これ読んで人生変わった」「読まないなんて、人生の半分損してる」など、大げさな言葉とセットで贈られる書籍。

ちなみに、大学生の頃に私がもらったのはビル・ゲイツの「夢は必ずかなう」でした。

あ、同時期に、「忍たま乱太郎(漫画)」全巻というのもありました。良い加減にしろと。大学生ですよ? 大学生って、「忍たま乱太郎」読まないでしょ。嫌がらせか? めちゃくちゃ重くて持ち帰れず、二回に分けてプレゼントされました。駅のゴミ箱に捨てて帰りたかった。

書籍系プレゼントが最悪な理由は、「もらったら読まなきゃいけない」から。書籍系の本をプレゼントしてくるような輩は、かならず後日「ねえねえ、もう読んだ? どうだった? 超よかったでしょ? ねえねえ」と詰め寄ってきます。

興味のない本を読むのって、マジで苦痛なんですよね。読む前から受け付けてない場合は、どうせ読んでも頭に入らないし、時間の浪費以外のなにものでもありません。その上、相手を満足させるための感想文まで用意しなければなりません。

最悪です。

6位 野球観戦のチケット

理由:「超レアだから」

いや知らねーし、と。レアか何か知りませんが、そもそも私は野球に全然興味がないのです。ルールすらよくわかってません。盗塁とか、、、なに?全然わからん。

プレゼントする相手が野球ファンであればクリーンヒットからのサヨナラホームランで喜びの悲鳴をあげるかもしれませんが、野球が一体何人でやるスポーツなのかもわかっていない相手にチケットをプレゼントしても、それは猫に小判、豚に真珠、デブにダンベルなのです。

5位 入浴剤セット

理由:「可愛かったから」

真の理由:「安くてお手ごろで見栄えもそれなりに良かったから」

高校の頃に誕生日プレゼントで、クラスメイトから頂きました。もらった時に思ったのは、

「いや、別にイヤなら無理して買っていただかなくても結構なんで…」

です。ひたすら無難で、安くて、ドウデモイイ品。こんなに気持ちの入らないプレゼントは逆になかなかいただけないかもしれません。

石鹸の良い匂いよりも「とりあえず、一応、儀礼的に、嫌々だけど自腹切って、わざわざ買いに行きましたけどナニカ?」的な香りの方が強くて使いにくい。

その後も何度か、似たような距離感の人から似たようなプレゼントをもらったことがありますが、大人になってからは「開けずに、別の人にそのままプレゼントとして渡す」の術が使えるようになりました。コスト0、買いに行く手間も0。

もしかしたら、あなたがもらった入浴剤グッズも、何人もの人の手を渡り歩いた横流しプレゼントかもしれませんね。ふふふ…

形式的なプレゼント交換には最適ですが、裏を返せば「あなたとの関係はその程度ですよ」宣言をしているのと同じなので、まぁ、、、親しくなりたい人からもらったら、逆に寂しくなっちゃいますね。

4位 駄菓子詰め合わせ

理由:「え、だってお菓子好きでしょ?」

いや、好きじゃないです。ダイエット中なんで。

これもちょっと5位と似てますね。駄菓子って安い割にボリュームはあるので、「大きなプレゼント」という意味で見栄えはするんですよね〜。でもいらない。

駄菓子詰め合わせは、お土産などの軽いプレゼントとしてはとても良いですが、記念日や大切なイベントなどでは最悪です。

3位 低俗なアクセサリー(ジッポ、湯呑み)

理由:チョーウケるっしょwww

全然ウケません。

私がいただいたのは、ヴィレッジヴァンガード(写真↓)で売ってそうな、裸の女が彫り込まれたジッポと、お湯を入れるとセクシー美女の水着が透明になる湯呑みでした。死ね。

店員さん自作のポップが面白いよね

そもそも男性向け商品だし。私のことを男だと思っていたにせよ、これをもらって喜ぶ男性の気持ちもよくわかりません。東大生なら卒倒する低俗さですよ。

2位 知らないアニメのキャラクターグッズ

理由:◯◯は俺の嫁だから(ワラワラワラ

意味がわかりません。

アニメは私も好きですが、どちらかというと絵よりストーリー性を楽しむタイプの人間なので、キャラクターグッズとかはいらないです。あと、ちょっと気持ち悪いです。

たぶん、そのアニメについて熱く語り合える仲間が欲しいんだろうなーと想像しますが、これはかなり部の悪いギャンブルと言えます。

プレゼントした相手にそのアニメがバッチリハマれば良いですが、相手が「そのアニメを知らない」場合、「そっち系アニメはちょっと…」という場合か、そもそもアニメ自体に興味がないか、というパターンがほとんどです。

プレゼントするなら、相手が大好きだと言っていたキャラのものにするくらいの配慮は必要でしょう。

1位 大人からもらう「肩たたき券」もしくは「溜まったポイントカード」

理由:ごめん、プレゼント用意してなかった。

じゃあいらないです。

「肩たたき券」は小さな子供が大人に渡すことで発生する、お金がないけど大好きな大人の人になにかお返ししたい、という「いじらしさ」のプレゼントです。

あの紙切れ自体には何の価値もないんですよ!クソが!

それを良い大人が「おふろ掃除券」「耳かき券」「なんでも言うこと聞く券」などと紙切れに書いて渡すなんて、とんでもない暴挙ですよ。

相手を軽視しているとしか思えません。要は、お金使いたくないだけでしょ。最悪です。

「溜まったポイントカード」も同類。財布から出してきたヨレヨレのよくわからない店のポイントカードを「これ、5000円分あるから」と渡された時、「この人とはもうお別れだな」と思いました。

「ごめん」と本当に思っているなら、後日、きちんとしたプレゼントを渡すべきです。そうじゃないなら別に謝る必要もないし、口だけの謝罪ほど人を苛立たせるものはありません。

コレやるくらいだったら、何もナシの方がよっぽど良いかと。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 矢戸だいはち より:

    私がもらった中で衝撃的なプレゼント、というかお土産は、カンガルーのビーフジャーキー(いや、違うな、それはカンガルージャーキーですね)
    オーストラリア出張帰りだったそうです。食べる気も起きなかったけど!

    • shiroto より:

      >矢戸だいはちさん
      カンガルージャーキー、くせが強そうですねw