シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

福岡に引越して3ヶ月目ですが、東京への引越準備を開始(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

散々な不動産トラブルを乗り越えて福岡に引越したのが91日前。ちょうど3ヶ月が経過した計算だ。そんな記念すべき日を祝って、今日は東京への引越準備を開始した(笑)

ちなみに引越における紆余曲折はこちら↓

【東京⇒福岡移住】入居前日に契約書の不備で鍵を渡せないと言われた件

本当は3/23に福岡に戻ってきていたのだが、どうにも面倒で天気も曇りだし、ダラダラ過ごしていたら二日も経ってしまっていた。

不動産屋に電話で退去の旨を伝えると、退去時は修繕費用として5万円(家賃1ヶ月分)を請求し、プラス越してきてから1年未満の退去なので違約金10万円(家賃2ヶ月分)を請求すると言われた。

これは事前に確認していた契約書の通り。了解デスと答えた。

え? バカなのかって? 結果だけみればなんてバカな出費だと思われることだろう。私だってそう思う。でもあの時点では最善の選択(に思えた)だっだのだから仕方ない。バカには違いないかもしれないが、それだって仕方ない。私だってできることならもっと出来のいい脳みそにアップグレードしたい。

引越準備のいろはにほへと

まずは賃貸契約の解除。こればっかりは「明日引っ越すので解約して下さい」というわけにはいかない。不動産会社によるだろうけど、基本的には退去1ヶ月前までに連絡しろとなっているはずだ。

引越準備は、おおまかに「引越1ヶ月前までにすべきこと」、「引越当日までにすべきこと」、「引越し後にすべきこと」の3つに分類できる。これは、コチラのサイトを大いに参考にさせていただいた。よくまとまっているし見やすくて助かった。

このブログを長く読んでくださっている方はご存知だろうが、2015/6(港区マンション→多摩区シェアハウス)、2015/12(多摩区シェアハウス→福岡マンション)と引越し続きなので、今回はかなり手慣れたものだった。今日の作業は1時間ほどで完了。

ちなみに作業ログはこんな感じ。

賃貸契約の解約

起きたら10時だったが、ダルかったので二度寝して活動開始したのは14時。

顔を洗って気合を入れてからずっと億劫で手付かずだった賃貸契約書をざっと読み、不動産業者(大家)に電話で退去連絡。解約通知書はコンビニでFAX送信した(50円かかった)。今日は金曜日で郵送だと土日を挟むことになり、家賃が発生する日数が無駄に増えるので。というか、福岡に戻ってきた当日にさっさとやっておけばよかったのだが、ダルかったので仕方ない。

なぜこんなにダルかったかというと、私がものぐさな性格だからという理由だけではない。入居時、めちゃめちゃトラブってもう二度と声も聞きたくないし顔も見たくねぇと思っているからである。

でも仕方ない。連絡しなきゃ退去できないんだから。不動産屋の紹介のリサイクル業者から格安で手に入れた大物家電(冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ)は、退去時に返却して良いという約束だったので、その旨も不動産屋に聞いてみた。「その時の担当者から折り返えさせる」と言われたのが14時半。これを書いている今は21時だが、まだ連絡はない。クソが。

退去日の決定(航空機チケット依存w)

昼食(昨日の夕飯の残り)をつまみながら、4月下旬のLCC格安チケットを検索。4/18〜4/25をチェックしたところ、どうやら福岡→羽田の最安値はスカイマークの8790円らしい。退去日は最安値に合わせて変更しようと思っていたが、先ほど不動産屋に連絡した退去日当日に最安値チケットがあったので正式に退去日を4/23に決定した。

その他もろもろの解約

次に、水道ガス電気にそれぞれ解約の連絡をした。九州電力は二度電話したが二度とも「回線が混み合っています、大変申し訳ありませんが、後ほどお掛け直しください」という音声アナウンスが流れ、イラついたのでWEBで解約登録した。最初からWEBでやればよかった。くたばれカスタマーセンター音声案内!

ちなみに水道ガス電気の解約はもうちょっと先でもよかったのだが、いま先延ばしにしたらまた何週間も手付かずになってしまう恐れがあったので、まとめてやった。

プロバイダ(So-net)の解約は解約月にならないとできなかったので先送り。粗大ゴミの予約も同様。(ベット買わずに布団にしといて正解だった!私にだって、たまにはナイスな判断もできるのだ)

あと、町内会費(何に使われるかは不明)と称して毎月500円を請求してくる「コミュニティサービス」なるものにも連絡した。これは「引越・退去の際には必ずご連絡ください!」とエスカレーターに張り紙してあったので連絡したのだが、今考えれば、引っ越してきた時に連絡しなければ謎の町内会費も取られずに済んだ気がする。なんか損した気分。しかも振込手数料はこっち持ちだから実際は家賃プラス824円取られている計算になる。家賃5万円以下だから契約したのに、この町内会費を入れたら5万円を超えるのがミソ。

郵便局のe転居に4/23付けで転送サービス登録。アッサリ。やっぱネットって便利。e(良い)ね!

今後の作業予定を通知設定

最後に、プロバイダ解約・粗大ゴミ予約(4/1)、PCカレンダーに市役所および税務署での手続き(4/11)、梱包・クレジットカード等住所変更・LCCチケット予約(4/18)をタスク通知設定して終了。

今回の引越はTO実家なので、新たなプロバイダ、水道ガス電気などの契約は不要。TOシェアハウスの時と同じで、楽ちん楽ちん。なぜ実家に引っ越すことになったかを知りたい方は過去ログをご覧ください。

「生活 vs 夢」の現時点における結論

本日の自己評価

結構、手際よくやれた気がする。私は昔から、エンジンがかかったら一気にやるタイプなのです。部屋の掃除も、ずっと汚くしていたのにある日突然キチガイのように何時間も大掃除して完璧にピッカピカにする。小学校の夏休みの宿題はいつも夏休み開始前に終わらせていた(観察日記も含むw)し、これまでに仕上げた中編小説も大抵は構想1ヶ月執筆3日だ。

要するに、毎日コツコツは苦手なのだ。良く言えば「短距離選手型」、悪く言えば「気分屋で飽き性」。

実際、ブログはなかなか性に合っていると思う。基本的に一話一更新で完結するし、気が乗った時だけ更新すれば良い。なんといってもサボっても誰にも怒られないというのがとても良い。そうだ、ここで一話完結型のショートショート小説をアップするつもりだったのに、いつの間にか忘れていたのを思い出した。また、小説もアップしていくとしよう。もちろん、気が乗ったらの話だけど。

事業準備のかきくけこ?(おまけ)

上記の引越準備がひと段落したところで、まだ全身の細胞が活性化されているのを感じたので5キロ走って筋トレした。風呂に入ってさっぱりしたので仕事も片付けちゃうことに。

「か」んぜんに

まず、先週作成して送った事業計画書について、東京のパートナー(優秀なエンジニアさん)から返信があった(3日前w)。主に、「ありがとうございます、がんばりましょう」という旨のメッセージと、事業分野の技術や競合他社のニュースに関するリンク。

「仕事のできる人はメールの返信が早い」という都市伝説をかつて(ITコンサルタント(笑)のころ)の私も信じていたし基本的には読んですぐ返す方が効率が良いと頭ではわかっている。だって先送りにしたら、返信する時にまたそのメールを読まないといけないからタイムロスになる。

「き」ぶんに左右されて

それなのになぜ、私ともあろう者が3日前に返信を読んだ時に返信しなかったのか?

実は、リンク先の記事を読むのに疲れちゃったからだ。わけのわからないことが延々書いてある。しかもリンク先にさらにリンクが貼られていてその先にもさらにリンクが、というリンク無間地獄に陥り、「うーん、よくわからん」という結論に達した。でも折角調査してくれたパートナー(しかもまだ顔を合わせたのは二回。信頼関係の構築に、今は結構大切な時期だと思う)に対して、「うーん、よくわからん」とそのまま返信するわけにもいかず、結局リンクをめぐることも考えることも放棄してふて寝してしまったのだ。

「く」るしいとか楽しいとか言ってる

でも、これからこの市場でビジネスをしようという人間が、ニュースも読めない業界動向も規模も知らない理解できないではお話にならない。

基礎知識が欠如している状態ではニュースだけ読んでも理解できないのは当たり前。というわけで、Amazonで関連書籍を10冊ほど購入した。新しい分野(市場?)なだけに、関連書籍は驚くほど少なかった。まー書籍情報はだいたい1年遅れだからね。

「け」ど

余談だが、私の基本的なインプット術は以下の4部構成になっている。

①本で体系的な理解、②関連ニュースを日付の降順で一気に読む、③頭にあることをざっと書き出す(時間があればマインドマップを作って壁に貼る)、④その分野の話が出来る人と会話する

コツコツ型の人はまた違うだろうが、私のようなタイプにとっては効率的な学習法だと思う。もっとおすすめの方法があるヨ、いう人は教えて下さい(無料でw)。

「こ」どもじゃないんだから頑張れよって自分で読み返して反省した(笑)

それから筋トレをもう1セット追加。

アドレナリンを分泌させて体が温まっている隙に、パートナーへもリンク先の情報をざっと読んでとりあえず返信した。返信が遅れた理由として「引越準備でバタバタしてて」ということも書き添えた。多少言い訳がましかったが、嘘はついてないし、理由も無しに3日もメールを返さない人間だと思われるよりはマシだろう。

Amazonから書籍が届くのは早いのは明日。残りも月曜までには届く。(さすがはAmazon!愛してる!)気合を入れて頑張ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク