シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

貯金250万を食いつぶし中のわたしが、無収入生活が半年目に突入して思うこと①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

どうも(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

現在進行形で貯金を食いつぶし、無収入で生活中のわたしです。失業保険、家賃&物価が安い福岡への移住などでダマシダマシやってきたのですが、今月、貯金残高がついに100万円台に突入しましたっ!

お金の不安が消えなくて辛いっていくら泣いても、神様は絶対許してくれない。

お金の不安って、別に収入の有無や金額には関係ないと思うんですよね。結局、当人の考え方ひとつなんだと思います。

こんなこと書くとウソでしょって思われるかもしれませんが、「お金の不安」に関して言えば、無収入半年目の現在よりも、会社員として年収600万円もらっていた頃の方が大きかったです。わたしの場合。

退職してすぐの頃はマジで気が狂いそうなほど不安でしたが、いくら怖い、不安だ、とお風呂で泣こうが毎朝憂うつだろうが、状況は何も変わらないし、不安は無くなりませんでした。むしろ、自分のビクビクした態度が、不安や恐怖はどんどん強まったくらいです。

充分な安定収入があった会社員時代に、私が考えていたこと

会社員だった頃は、

「この会社もいつ倒産するかわからないし、自分だっていつクビになるか知れない。なのに、このまま会社にしがみついてロクなスキルも身につかないまま年齢を重ねたら、いつかきっと食えなくなる日が来るに違いない。貯金して、さらに手に職をつけなければヤバい。さっさと起業して、稼げるようにならなければ!!」

って感じでした。

こんな考え方なので、「いつか起業してお金持ちになるまでは」と、思い切った”遊び”や”楽しみ”にお金を使うことができませんでした。そのくせ、日頃のストレス、プレッシャー、不平不満、お金の不安から逃避するために、変な男に貢いだりいらない物をちょこちょこ買ったりしてました(爆)

なので、月5万円ずつ貯金し、半年に一度の30万円程度のボーナスも貯金し、とコツコツやってきたはずなのに、6年間勤めていざ辞める時には250万円しかたまってなかったんですね。

退職前に「バリ島一人旅〜女一匹、つれづれ草〜」で10万円使ったのが、唯一、パーっと使った思い出です。初任給450万からのスタートだったので、平均年収500万だったとすると6年間で3000万円、、、

o0300022513166226015

!!!? 稼いだはずなのに嘘でしょマジどこ行ったのあのお金クェrちゅいおp!?

すみません取り乱しました。

とにかく、会社員時代のわたしの「お金の不安」が大きかったということはわかっていただけたと思います。そして、断言しますが、どんだけ怖い怖いと怯えて泣いても、貯金しても、お金の不安は絶対に無くなりません。

「年収や貯金額」と「お金の不安」の間に、相関関係はない

多分、会社員時代の頃の考え方のままだったら、年収1000万円でも貯金1億円あっても、不安がっていたと思います。「このまま年収1000万円が続かなかったらどうしよう。もらえなくなったらどうしよう」とか「貯金1億円あるけど自分や親が病気になって医療費で足りなくなったらどうしよう」とか「盗まれたらどうしよう」とか。

客観的に見たら”崖っぷち”な生活をしていても「お金の不安…?(´・ω・`)それなーに?おいしいの?」という人もいれば、逆にお金を充分に稼いでいても「今のままじゃヤバイ」と焦っている人もいます。

つまり、年収とか貯金額とかって、実は「お金の不安」とそんなに関係ないんじゃね? と思うんです。

一番良くないのは、怖くて一歩も動けなくなること。

コレは間違いありません。

結局、物事をよくしたいとか、自分が変わりたいとか、こんな風になりたいとか思うなら、何かしらの行動を起こすしかないんですよね。マジで。運は自分で掴み取るものだと昔からよく言いますが、全くその通りだと思います。

変わりたいなら、行動するしかない。だから、一番マズイのは行動しなくなる(できなくなる)ことです。

退職してすぐの頃は私もそうだったんですが、不安や恐怖に凝り固まっていると、一歩も動けなくなっちゃうんですよね。

小説を書いてみても「一次選考も通過できなかったらどうしよう」と筆が進まないし、いざ応募しようとしてもポストに投函するのに逡巡する。ビジネスアイデアをたくさん書き出してみても、「どれも上手くいかない気がする……失敗したらどうしよう。見返してみたら、なんて馬鹿げたアイデアなんだ。ありきたりだし、こんなこと私が思いつくくらいなんだから他の人がとっくにやってるよ。これにお金を使って失敗しでもしたら、恥ずかしい。それに家賃だってすぐに払えなくなるかも」と、ぐちゃぐちゃ思い悩んだ挙句、具体的なアクションに至る前に挫折してしまう。

コレ、イチバン、ダメッッ!!

bokete24

最初から「失敗したらどうしよう」とか「恥ずかしい」とか暗いこと考えるのが良くないのは、そもそも行動自体ができなくなってしまうからです。

大切なのは、「まずやってみよう!」と思えるように、いつも前向きで、明るく楽しい気持ちでいること。そうでないと、身動きひとつ取れない状況から抜け出すことができません。

「怖くて何もできないで引きコウモリ状態になってます、、、」という人にイチバン足りていないのは、根拠のない自信です。そういう人が最初にすべきことは、「絶対、いつかはうまくいく!」と、確固たる証拠なしに思い込むことです。

どうやって? 簡単です。

ポストイットに「絶対、いつかはうまくいく!」と書いて、机の前でもトイレの壁でも玄関のドアでもPCのデスクトップでもどこでもいいので、毎日目にする場所に貼っておきましょう。

そして、それを目にする度に、必ず笑顔で、声に出して言う。これだけです。

早ければ一週間、遅くとも一ヶ月もすれば、目に見えて効果が現れてきます。お金もかからないしすぐできることなので、もし悩んでいる方がいらっしゃったら、騙されたと思ってやってみてくださいね!

Go and follow your heart. And you’ll be fine at the end of the line.

心のままに行け。最後はきっとうまくいく。

ボブ・ディラン

長くなりそうなので一旦終了。

続きはこちら↓

貯金250万を食いつぶし中のわたしが、無収入生活が半年目に突入して思うこと②

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク