シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

いい歳してやりたいことも夢もない? だからって焦って血眼で探してもムダですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

多くの人がそうだと思うのですが、20代の夢とは実に漠然としたものです。

20代は、悩めば悩むほど、迷走すれば迷走するほど良い。

例えば、「一流のコンサルタントになる」という夢を持ったとして、それが「戦略系」なのか「IT系」なのか、どの業界の顧客をターゲットにするのか、顧客に抜本的改革プランを溌剌とプレゼンして世界を飛び回る「グローバル型」なのか、プランを提案するだけではなく自分も一緒になって泥くさく手を動かし具体的な仕組みの実現まで付き合う「地域密着型」なのか、というところまでは決められないのです。

しかしそれは経験の浅い20代においては、当然のこと。何の問題もありません。むしろ、下手に限定しないほうがベターだとわたしは考えます。

なぜなら、この例で言うところの「〜系、〜型」や「業界」という部分を決めていくのが20代という時間だから。最初に持った夢が途中で変わることも多々あります。

もちろん、「大学で学んだ生体認証の知識を生かして、人びとの生活の利便性・安全性を口上させる新しい技術なり製品なりを生み出したい」のように特別な才能や技能を武器に、具体的な将来の夢が思い描ける人は、それはそれでどんどん進んでいって下さい。

でも、大半の20代は、自分の得意分野がなにでどんな才能があって何をすれば輝けるのか、どんな仕事を楽しく感じどんな仕事をつまらなく思うのか、「よくわかんない」状態、暗中模索のまっただ中というのが普通と思います。

一生会社員をやるつもりがないなら、就活は辞めていい

わたしが就活していた大学三年生の頃など、「夢」というワードすら頭にありませんでした。漠然と、「とにかく、人の三倍経験が積めるような、バリバリ成長できるような会社!そして、給料が良いところ!」という極めて具体性に乏しい考えで、あらゆる業界のあらゆる会社にエントリーシートを出しまくって片っ端から面接を受けまくっていました。

ぶっちゃけ、どこでも良かったんです。

「生涯一会社員」で終わるのは嫌であり、どこに入ろうが数年で辞めるつもりだったので。慎重に下調べしても何を基準に良し悪しを判断すればいいのかもわからないし、とにかく入ってみなきゃわからないやと。

いま考えれば、独立起業したいならそもそも就活なんてせずに最初から起業しときゃよかったと思うのですが……まぁいまさら言っても仕方ないですね。もしあなたが就活中の若者で「まずは経験を積んで独立資金を貯めてから」と漠然と考えているなら、悪いことは言わないのでさっさと起業しましょう。

独立資金なんて要りません。社会人経験なんてもっと要りません。

経営を学びたかったら、実際に社長になるしか身になる学びを得る方法はありません。泳ぎたかったら、水泳の教科書を眺めて水の抵抗について難解な計算式を何年も研究するより、顔だけでもいいからさっさと水に付けてみましょう。プールの淵に掴まりながらでもいいから、バタ足の練習をしましょう。

やることは、エントリーシートを破り捨てて、税務署に開業届を出すだけです。(いますぐ実行可能な具体的なプランと準備があって、いきなり株式会社でドーンと始めたい方はちょっと別ですが……)

そして、何をするのか計画を立て、試しにやってみて、99.9999%の確率で失敗します。でもそれで良いんです。最初から上手くいくと言う幻想は捨てましょう。でも、何がいけなかったか考えてもう一度やってみると、次は90%くらいの確率で失敗します。その次は80%、その次は60%と、だんだん、成功率が上がっていきます。

迷路に入って、「こっちは行き止まりだった」とわかったら目印を付けておいて、「あしたはこっちの道にいってみよう」ということを繰り返すのに似ています。

要は、20代は大いに迷っていいし、悩んで良いということ。

悩めば悩むほど、迷えば迷うほど、間違いなく夢(ゴール)に近づくことが出来ます。

20代は、人生の方向性を決められればラッキーくらいに思ってれば良い

よく、うちの母は

「イチローは小学生の頃から毎日欠かさずバットを振って筋トレして走り込みをして自分なりのフォームを研究していた」

「スケートの浅田真央ちゃんも、ちっちゃい頃から毎日スケートをやっていた」

「ゴルフの石川遼くんも、ずーっとゴルフ漬けだったらしい」

という話をしました。ニュースでそういう人たちが話題に上がるたびに、そういう話をしました。親って、子供を自分以上にしたがるんですよね。気持ちはわからないでもないですが、、、子供って(特にわたしのようなガラスハートの持ち主は)繊細で傷つきやすいから、同年代、もしくは年下のそういうすごい人を引き合いに出されて「あんたも頑張りなさい」といわれると、めちゃくちゃ傷つくんですよね。真面目な子なら、あまりのプレッシャーに押しつぶされてしまうと思います。

当時のわたしはタイミングが良いのか悪いのか、ちょうどジブリの「耳をすませば」を観て感銘を受け、母の言葉に畳み掛けられ、「その通りだ、今すぐに具体的な夢を決めて一秒でも早くスタートダッシュを切らなければならない」と確信しました。

聖司くん、カッコイイですもんね。

でも全国の高校生の中に、一体何人が

「バイオリンがオレくらい上手い奴なんて星の数ほどいる。それより、オレはバイオリン職人になりたいんだ! 卒業したら、ドイツの工房に弟子入りするつもりだ」

レベルで、具体的かつ堂々と夢を語れるでしょうか。何人が、聖司君に影響された雫のように

「わたしも聖司君に負けないように、小説家になるために頑張る!」と言って実際に受験勉強も放り出して小説執筆にのめり込み、しかも書き上げることができるでしょうか。

当然、現実の世界に住んでいる私はいくら考えても、何を一心不乱にやれば、自分がイチロー、浅田真央、石川遼のように輝けるのか、スポーツなのか頭脳労働なのか芸術分野なのかすらわからないわけです。だからと言って、耳すまの天沢聖司くんや雫のように「自分はこれがやりたいんだっ」という熱烈な想いも才能もない。何かひとつに決めて、それ以外のすべてを捨てる勇気もない。

私の場合、高校の頃は吹奏楽部でかなり真剣に(多分人生で一番)取り組み、放課後の部活時間以外にも、毎日7時に音楽室の鍵を開けて朝練してましたし、コンクール前は自腹を切って小ホールを借りてホール練までしていました。365日中、360日はそんな感じで、間違いなく部活一色、サックス一色の生活を送っていました。

それでも、プロになれるほど才能があるとはどうしても思えない。加えて、実は「一生続けたい、貧乏でも良い」と思えるほどサックスが好きなわけじゃない。

そうこう考えているうちに時間だけはどんどん過ぎていき、受験シーズンになり、もはや一刻の猶予もない。はやく夢を決めなければならぬ! とめちゃくちゃ焦っていました。で、「とにかく将来の選択肢を狭めないために、取り急ぎ」というつもりでどこにでも就職できそうな「経営システム工学科」という文系とも理系ともつかない、なんだかよくわからない学科に入学して、よくわからないまま卒業し、よくわからない会社に入ってよくわからない仕事を全力でやって、うつになって会社を辞め、冷静になって周りを見渡し、ようやく気付いたのです。

そういや、天沢聖司くんも雫もイチローも真央ちゃんも遼くんも、自分の身近で見たことねーわと。

親を含め、です。

フィクションの世界やテレビでは見かけますが、リアルな視界に入る範囲に、そんなすごい人っていないんですよ、実は。でも、世界はキチンと回っているし、街でティッシュ配りしたりウエイターやってる人、会社の同僚の中にも、幸せそうな人はいるんです。

みんながみんな、私のように血眼でアップアップ溺れかけながら夢を探しまわったりしてない。焦ってないんです。

別に、焦る必要なんか全くなかったのです。

もっと言うと、「いくら焦っても、見つからないものは見つからない」ということは、小学校から一時も休まず死ぬほど焦り続けた私が身を以て証明したので、みなさんは安心して焦るのをやめていいです。

っていうか、人生の方向性を決めるのに期限とか必要ない

35歳になって「いまからアイドル目指します!」というのはかなり厳しいし、年齢と共に選択肢が減るのは事実。でも、選択肢が全くのゼロになるということは絶対にないんです。

10代で国民的アイドルになる人もいれば、80代でエベレストに登頂する人もいるんです。

具体的に「やってみたいこと」があるなら、早めのスタートを切るのが有利だしベターなのは当たり前です。それはドンドン、すぐにやってみるべきです。やってみることで、「オレの人生はコレに賭けても惜しくない」というものに出会えるかもしれないし、逆に「やってみたけど、なんか違うな」となることもあるでしょう。

でも「やりたいこと? よくわかんねーわ」という人が変に焦ったり、無理矢理「きっとコレが向いてるしやりたいに違いない、そんな気がする!」と決めて全てを投げ打つ必要は、全然ないと言いたいのです。

イチローのようになりたかったら、子供の頃から野球一筋で努力しまくって、かつ、天が与えたピカイチの才能も持っていなければなりません。でもその確率って、かぎりなく0に等しいんですよ。物理のテストで言う「なお、空気抵抗は無視してよいものとする。」の空気抵抗くらいの儚さなんです。

だって、イチローみたいになりたくてイチローみたいになった人って未だにこの地球上に誕生してないでしょ。今の世界の人口って73億人ですよ。アインシュタインみたいな人も、エジソンみたいな人も、ピカソみたいな人も、まだこの世にいないんですよ。

http://arkot.com/jinkou/

それを「自分だけはイチローみたいになれる」と確信して、全てを捨てて野球に全てを賭けるという人の方が、(言葉が悪いですけど)頭がおかしいんです。

イチローだって、小学校の頃に野球に出会っていなければ、今は普通に会社員をやっていたかもしれません。真央ちゃんだって、親がスケートなんてマニアックな習い事をさせなければ、普通のOLか主婦になっていたかもしれません。

いや、そういう確率の方が圧倒的に高くて、私を含め、世の中のいわゆる「大勢」の人たちって、みんな野球に出会わなかったイチローであり、スケートに出会わなかった真央ちゃんなんじゃないかと。みんな、すごい才能をそれぞれ持っているけど、ただ運命的な出会いがなかっただけなのかもしれないと。

でも、別にそこで運命的な出会いが無かったからって「人生おしまい」なわけじゃない。一生ににおいて、人は必ず一華咲かせなければならないという法律もないし、有名人にならなくても逮捕されて罰せられるわけじゃないんです。

もしかしたら、生きている間にビビッと来るものに出会うかもしれないし、ずっと出会わないまま終わるかもしれない。探そうとして色々やってみれば、そう言うものに出会える確率は上がるだろうけど、何もしなくてもイチローや真央ちゃんのようにある日突然出会ってしまうかもしれない。

だから、そんながむしゃらになって人生の方向性とか夢とかって、決めるものではないんじゃないかと。誰だって、いま目の前にあることを一生懸命やるしかできないし、考えたって探したって見つかるようなものでもない。

先に挙げた迷路の例のように、「こっちに進んでみる、違った。次はこっちにいってみる、また分かれ道がある。次はあっちに行ってみる」というように、目の前のことを一つ一つ決めて、とにかく進んでいくしかないと。

しかも、人それぞれで迷路の形は違うから、成功者の自己啓発本を読んでその通りやっても成功できるというものではありません。松下幸之助のマネをして電気ソケットを作っても、松下幸之助にはなれませんし。

つまりは、いつ、どんな出会いがあるかなんてわからないし、人生の方向性を今すぐ決めなきゃ人生の落伍者になるということもない。むしろ、焦って焦って本当に大切なものが目に入らなくなる方が、よっぽどマイナスなんじゃないかと。

なんか長くなっちゃいましたが要するに、、、

まーそんなにあせってもしょうがねぇからさ! 楽に行こうぜ!! ということ。

BL6ix8zCYAAzP4y

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 矢戸だいはち より:

    「現代に肉体的な平和が訪れたが、精神的な平和は訪れない。更に忙しくなっちまったな」
    補填。
    一流のスポーツ選手は、大概末っ子である。この前テレビでやってました。なぜなら、一番下の子が可愛くて、親は全資産(言いすぎですが)をつぎ込むからです。さらに、末っ子スポーツ選手の上の兄弟は大概スポーツをやっています。後ろから兄や姉の技術を盗んでいるんですよね。怖い怖い。
    因みに、一人っ子は芸術家や作曲家とかクリエイター系が多いらしい。自分しか遊び相手がいないせいだと言っています。
    長男・長女は? 東大に入ったり、国会議員が多い。それに保守的。
    次男次女など真ん中の子は? 総理大臣や大統領、経営者だそうです。愛に飢えて、上下の兄弟に挟まれて、交渉が上手くなるそうです。私の母は5人兄弟の真ん中だわ。なるほど。
    芸能人やアイドルは末っ子が多いらしい。愛され方を知っているからだそうです。

    >サックスの話
    キングの息子もサックスの教室に通っていたけど、家では練習しなかったって言っていたな(P171)情熱がなければそんなもんだよ。