シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

【東京⇒福岡移住】入居前日に契約書の不備で鍵を渡せないと言われた件

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

いやぁ、マジ怒りが収まりません。ホント、こんなヒドいことってあるんだなって感じです。本日入居日なんですが、昨晩7:30に不動産屋から電話が掛かってきまして。

入居前日の夜の電話

teiban4-00100

不「すみません、結論から言います。明日なんですけどコレ……鍵お渡しすることできません」

私「え?……なんでですか?」

不「契約書に不備がありまして、今日鍵取りに行ったんですけど、管理会社の方にこの契約書じゃ渡せないって言われました」

私「いやいや……今更そんなこと言われても困りますけど。もう荷物もとっくに送っちゃいましたし、初期費用も入金して転出届とか全部やってあるし。飛行機だって前日のキャンセルできませんし」

不「すみません。でもこれダメっすね! ○○さん、連帯保証人の欄に自分でサインしちゃったでしょ? あれ連帯保証人さんの直筆じゃないとダメなんですよ

私「あれ……でも二部あったうちの控えの方だけで、管理会社さんにお渡しする方は全て父にかいてもらいましたよ」

不「たとえ控えでも自分でかいちゃダメっすね! ボクちゃんと言ったと思うんですけど」

私「はぁ……すみません。でも契約書を送り返す前に確認の電話した時、『色々書類いれたんで一つ一つはちょっと把握できてないんで、とりあえず全部署名して捺印して印鑑証明と住民票入れて送り返してくれ』っておっしゃってましたよね」

不「とにかく、ボクらも1時間くらい電話で頼み込んで粘ったんですけど、保証会社の方がこんないい加減ことされたら鍵なんて渡せないって言うんスよ。ホント、虚偽申告とか疑われちゃってる状況でして」

私「あの、それおかしくないですか? 私が内覧に行って申込書を出したのって1ヵ月前11/25ですよ。そこから審査に8日かかった上、その後ずーっと音沙汰なし。こっちから何度も催促して、やっと契約書が届いたの12/18ですよ? 入居日(12/22)の4日前まで契約書が届かないってまず有り得ないですよね。こんなギリギリになったのはそちらに非があるのに、前日(12/21)の夜になって契約書に不備があるから入居できないとか、おかしくないですか」

不「はい、それはボクらもおかしいだろって思ってて保証会社に散々言ったんですけどね。でも『会社の規約なんで出来ません』の一点張りで。どうしましょう?」

私「いや、こんなギリギリになってどうしましょうとか言われても……」

不「とにかく、保証人様の直筆で訂正してもらわない限りは鍵をお渡しできないんで。すみませんけど、それまではホテル取ってもらうしかないっすね」

私「……ちょっと父と相談させてください」

はい、こんな感じです。

私に常識がなさすぎて、保証人の署名欄に自分で書いちゃったのは100%私が悪いです。ホント勉強になりました。たとえ控えでも自分で書いちゃダメなんですね。。。焦って埋められるところは自分で書いちゃったんです。マジ馬鹿だった。。。恥ずかしい。

でも入居日の4日前に契約書が届くのって絶対おかしい。

だって入居日前日には福岡に到着するように送り返さなきゃいけないということは、たとえ契約書の内容が納得いかなくても多少のことならもう飲まざるを得ないんですよ。

実際、申し込みの時点では知らされていなかった保険会社の契約更新金額とかあったんですけどね。もうしょうがねーやと。今住んでるところの退去だって確定してるんだから、もう引き返せないと。

だって転出届とか荷物の発送とかガス水道電気ネットの手配とか飛行機の予約とか、入居日の3日前とかまで待ってられないんですよ。市役所も土日祝日は休みだし。わたしもヤキモキしながらギリギリまで待ちましたよ? でも無理じゃん!間に合わなかったら最悪だし。

結局、転出届はもう待てないってタイミングになって契約書を拝む前に先に提出しちゃいました。もうあとは契約書がちゃんと来ることと内容がおかしくないことを信じるしかないと。荷物も全部発送しました。東京から福岡まで郵便・宅急便は2日かかるので。

その結果がコレです。内覧の時はとても親切にしてもらっただけに、非常に残念です。

不動産屋からの契約書郵送が遅れた経緯

そもそも審査通過から2週間も契約書が届かなかった原因は、不動産屋いわく「管理会社が金額を間違えてたから作り直すのに時間かかってギリギリになった」とのこと。

でもそれ、わたしから催促メールして返事がなくて、こっちから電話して、そこで初めて伝えられたんですよ。「ホントすみません、保証会社にはキツく言っとくんで……」とか言ってましたが、こうなってくるとそれもホントかよって疑っちゃいます。単に契約書作るのずっと忘れてただけなんじゃねーの?って。まぁこれは憶測に過ぎないんですけどね。

今後、不動産トラブルを繰り返さないためのチェックポイント

もう二度とこんな思いはしたくないので、繰り返さないためのチェックポイントをまとめました。

内覧で、候補物件を2つ以上決めておく

今回のように、たとえ審査が通っても、契約まででトラブルが起きる可能性はあります。その時、「じゃあ別の物件にするからもう結構です!」と言えるようにしておきましょう。東京⇒福岡移住のように、遠くて内覧に何度も行けないような場合は特に!

「何が起ころうと、もうここと契約するしかない」という状況にならないようリスクヘッジをしておくことが大切です。

契約書の記入は慎重に

印鑑証明が必要で実印を押すような契約って、人によってはあまり経験がないという場合もあると思います。数年に一度の不動産契約くらい、という人はなかなかルールとかわからないですよね。普通は不動産屋さんが丁寧に説明してくれると思うんですが、今回のように何の説明もなく契約書だけペッと送られてくるケースもあります。

そういう時は、ペンで書く前に、下書きをして「これで良いか」と確認しましょう。最悪、全ページ写メを取ってメールで送って確認してもらうくらいはやっても良いと思います。

契約は入居日の2週間前までを目処に終わらせる

契約が出来ていない状態で、引越しの準備を進めるのは非常にソワソワするし、色んなことが手に付きません。「あ、ネットの契約って時間かかるからそろそろ申請した方がいいかな……いや、契約してないし、万が一ってこともあるからまだ待った方がいいか」と何百回仕事の手が止まったことか。マジ落ち着かないです。今回のように最後ホントに間に合わなくなるというケースもあります。

さらに前述した通り、ギリギリになると契約書の内容に関わらず署名せざるを得ない状況に追い込まれます。

申込の時点で、スケジュールを明確に伝えておく

「入居の2週間前になっても契約書を確認できない状況になったら申込はキャンセルさせてもらう」という旨を、申込時点に口頭で伝え、さらに後日メール(後で言った言わないにならないように必ず文面で。)で念押ししておきましょう。

そして、それが守られないようないい加減な不動産屋ならもう信用できないので、別の不動産屋(もうひとつの候補物件)に切り替えましょう。

以上、参考になれば幸いです。

わたしの二の足を踏まないよう、みなさんも気をつけて下さい。(踏まないか……///orz///ズゥゥゥゥン

p.s.

結局、本日、父に会社を休んで福岡まで来てもらうことになりました。。。今は空港で父待ちです。あぁお父さんごめんなさい。自分が恥ずかしい。

ちなみに、今回トラブった不動産屋の名前は「○テージラボ」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク