シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

無収入でも分譲賃貸を借りられる(*´∇`*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

わたしは自営業という名目になっていますが、まだ全然収入が無い状態です。

なので賃貸物件探しは難航しそうだなーと思っていたんですが、不動産屋に言うと案外あっさり「はい、現在お仕事をされていない方でも入居可能な物件もたくさんありますよ」と言われました。

自営業(無収入)でも分譲賃貸に住めるか?

もちろん、住めます。ただし条件があります。まず、東京以外で探すことです。

J09_1_R10424507-322

東京でネットカフェ難民の人も、地方ならキレイな1Kマンションに住める

福岡なら(というか東京周辺以外なら)家賃はだいたい東京の半額〜3/2くらいと思って良いです。具体的には、家賃5万円(共益費込み)で探せば、博多駅まで10分圏内の築浅の分譲賃貸(8畳の1K)が借りられます。実際、わたしは竹下駅という博多から一駅の場所を借りました。

たとえば、フリーターで手取り12万円でも、4万円の物件に住めば、貯金は出来ないにせよ、カツカツの節約生活なんかしなくても食べてくだけなら月間収支ほぼプラマイゼロに出来ると思います。(税金50,000円、家賃40,000円、水道光熱費12,000円、SIMフリースマホ1,300円、食費&雑費16,700円)

貯金があれば、月12万円稼いでいれば何年かは持つでしょう。その間に、定職を探すなり、自営業でなにか始めるなり考えれば良いんです。大切なのは、尊厳を持って生き、前向きに考えること。自信を持ってなんでも行動することです。

ネットカフェ難民をしながら、ものごとを前向きに考えたり自信を持つのは、正直難しいと思います。東京でどうにもならないなら、地方に出ましょう。場所を変えてチャレンジするだけです。別に恥ずかしいことでも何でもありません。

連帯保証人は大切

もう一つ、これは必須ではないのですが、連帯保証人がいること。安定した収入のある連帯保証人がいない場合、借りられる物件はやはり少なくなります。

でも、皆無ではありません。所定の保険会社に加入すればOKというところもたくさんあります。あきらめずに探しましょう。

それにしても、不動産屋さんもオーナーさんも商売だから仕方が無いと思うのですが、ちょっとかたくなすぎやしないかと思います(´・ω・`)

ようするに家賃の踏み倒しが心配なだけなんですよね。だったら「いま無収入だったら貸せない」と門前払いするのではなく、一年とか半年ごとに全額前払いとかで貸すとか、もうちょっと柔軟にやってくれればいいのになぁと。

そういう不動産屋さんなりオーナーさんが増えれば、ネットカフェ難民とか大分少なくなると思うし、オーナーさんたちも家賃収入が入ってwin-winなはずなのに。なぜなんだろう。。。

不動産屋は小さいところの方が良い

経験上、有名どころの大きい不動産屋はあまり期待できません。なぜなら、自社物件を持っていて、基本的にはそこを勧めてくるから。紹介物件のマンション名の頭に、その会社の名前が付いてる物件ばっかり紹介してくるんですよ。

さらに、オーナーさんとのネットワークも意外と多くないのか、そもそもそういう客はお断りなのかわかりませんが、その場でオーナーに確認もせずに「収入なしの自営業の方はなかなか難しいですよね〜」という感じでした。探し方も雑だし。

一社目がそんな感じだったので、一応、もう一つの不動産屋に行ってみたのですが、二社目の紹介物件の方が明らかに良かったです。自社物件がないから、幅広くいろんなオーナーさんと繋がっていて、担当者の方によってはかなり融通を聞かせてくれます。保証人がいないけど1年分家賃前払いということでどうでしょう? みたいな交渉も可能。

ちなみに、こういうお金の話、特に、いまは無収入であるという場合は、最初に自分から切り出して打ち明けた方が良いです。

img_guarantor_01

審査が通りそうな物件だけ紹介してもらえるので時間の節約になりますし、なにより自分から堂々と打ち明けることで「お金がなくてビクビク」という人間じゃない、というアピールになり、信用されやすいです。同じ貯金額でも、最初に自分で言うのと聞かれて言うのとではやはり全然印象も違いますからね。

不動産屋さんは、ようは、あなたが信用できる人物かどうか、ヤクザ関連の人じゃないか、家賃を踏み倒さない人か、を見ているんです。前払いするって交渉をしてくる人は信用してもらえます。

内覧は絶対にした方がいい

やっぱ写真じゃわからないことってたくさんあるなぁと。忙しくて内覧している暇がないという人は、SUMOとかHOME’Sとかで探して写真だけ見て契約してしまうということもままあるみたいですが、個人的には多少の犠牲を払ってでも内覧は絶対にした方が良いと思います。

内覧しないとわからないこと
  • 周辺の道とか建物の雰囲気
  • (運が良ければ)他の住人
  • におい、音
  • シャワーの水圧
  • コンセントの位置
  • 窓からの景色
  • 天井の高さ
  • 建物、部屋の雰囲気

あ、不動産屋、担当者によって紹介してくれる物件が全然違います。みなさんも、物件の下見は何社かハシゴして決めた方が良いですよ!高い買い物ですし、少なくとも数年は住む空間。変なところだったら大損ですよ。

入った瞬間に「これはない……」ってわかる部屋もあれば、「ん〜なんか嫌な感じがする」くらいの部屋もあります。でもこういったフィーリングも結構バカに出来ないと思うので、わたしは部屋に入った時の直感みたいなものを大切にして選んでいます。

やっぱある程度のところには住みたいですよね。

最後に

自分に価値がないと思う人は、まずは衣食住を変えよう

例えば、窓から隣のビルの壁しか見えないとか、髪の毛ピンク色の若者が夜な夜なギターの練習をしているとか、廊下に私物が放置されまくりとか、ゴミ置き場に生ゴミが散乱してるとか。

「そういう場所に住んでいる自分」が24時間365日、亡霊のように自分を責め立てるんです。うつとかで気持ちが弱っている時は特に。それで余計にうつになる。休まらない。

だからって、心療内科に通うのは辞めた方が良いです。わたしもうつになった時には通っていましたが、すごいお金が掛かるし、クスリ漬けにされるし、「治った」っていう指標がないのでずるずる通い続けることになります。カウンセラーの人に話を聞いてもらってスッキリはしても、根本解決じゃないのでまた数日経つと元気がなくなって死にたくなります。

わたしは会社を辞めて引っ越して、半年ほどでほぼ完治しました。ぶっちゃけ、手首切っちゃうとかそれくらいの重篤な症状じゃないなら心療内科とか行ってるお金があるんなら、衣食住を変えた方がよほど治りは早いと思いますよ。

引っ越すとかおいしいものを自炊してたくさん食べるか、高いけど良いアクセサリーや服を買って着た方が、元気になるし、楽しいし。心療内科のカウンセリングはたったの1時間ですが、住む場所を少し良くすれば家にいる時間全てがエネルギー充電タイムになります。

住む場所、食べ物、着る物って、すごく大事だと思います。なぜなら、衣食住が精神に及ぼす影響はめちゃめちゃ大きいから。暗くて狭い場所でさもしい物を食べて何日も洗濯してない臭い服を着てたら、どんな人でも元気がなくなります。何ヵ月、何年とそんな生活をしていたら、そりゃ自信もなくなるしネットの世界、自殺に逃げ込みたくもなるよねと。

なにかにチャレンジする気力もないって人は、住んでいる場所や食べ物、着ている物から見直してみることをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク