シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

ストレスでおかしくなってきた? じゃあ4つの自己防衛法を紹介しよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ストレスって溜めすぎると、だんだん自分が制御できなくなってくるというか、おかしくなってくるんですよね。

でも一過性のもんだろうとタカをくくっていると、わたしのようにうつ病になって会社を辞めるハメになったり、やけ食い・やけ酒で激太りしたり肝硬変になったり糖尿病になったりと取り返しのつかないことになりかねません。

ストレスでおかしくなるって具体的には?

例えばこんな感じ。

  • 顔が歪む
  • 激太り・激やせ
  • ねむいのに眠れない
  • 毎朝、目覚めてすぐ「この世が終われば良いのに」と思う
  • 音やにおいに異常なほど敏感になる
  • 人の目が怖い
  • 目が合った人につい、メンチを切ってしまう
  • 人の笑い声を聞くと、自分をディスってるに違いないと思う
  • 「誰にも会いたくない」が2週間以上つづく
  • ニキビ激増
  • 一つのことに10分以上集中できない
  • タバコ・酒・ギャンブルが止めたくても止められない
  • Amazonのカートが無駄なもので溢れている

ストレス値を計ろう

アンケートでチェックを入れるアプリなどがありますが、もっと信憑性のあるデータが欲しい場合は、コルチゾール検査を受けましょう。

とはいえ、社会人たるもの「ストレスが溜まったので休みます」というわけにはいきませんよね。また、自分でも「休むほどのことだろうか?」と確信できない。わたしもそうだったんですが、結局はそのままズルズルいってしまい、決定的な症状が出て、色んなものを失うことになります。

これは放置すれば自律神経失調症、肥満、糖尿病、うつ病などの原因になりかねません。一度こういった疾病にかかると、本来は旅行や買い物のために使えたはずのお金と、多大な時間を使って治療に専念する必要があります。肥満などは苦しいダイエットを自分に課さねばなりませんし、うつ病は一生完治しないとも言われています。

わたしはサラリーマン時代、常々思っていました。なぜ健康診断にコレチゾール検査がないのかと。体重や身長、視力なんかどうでも良い(自分で大体わかるし、知ったところで何もならない)からコレチゾール検査とHIV検査をやってくれと。

でもないものはしょうがないですね。自分でクリニックを受診しましょう。何度も言いますが、上述したような症状が出ていたり自分で「キツいな」「ちょっと異常だな」と思ったなら面倒で億劫で時間がなくても早めに病院に行きましょう。

会社の産業カウンセラーについて。

わたしがいた会社には産業カウンセラーがいたので、上述したストレス症状があらわれ始めた頃に何度か面談したことがありますが、、、彼らは結局「会社を辞めさせないため」に導入されたシステムの一部なんですよねぇ。面談でしゃべらせて気分を和らげたり、有給休暇を使わせて休ませるくらいが関の山です。

従業員は無料でみてもらえるし、社内に診療室があったのでイチイチ電話予約とかせずに空いてる時間にフラッと行けるから便利なんですよね。でも、まー所詮はタダって言うか。。。

別に病院を勧めるわけでも薬を処方してくれるわけでもないんですよね。

まーどこの会社も同じと言う気はありませんが、少なくともわたしの経験では、当てにならないどころか、症状が重篤化しました。「カウンセラーの先生にみてもらっているから大丈夫」という安心感から、深刻化するまでクリニックを受診する足を止めさせる一因にもなっていたと思います。

あの頃は精神的におかしくなっていたので冷静な判断が出来なかったし、仕方ないかなと思っていたんですが、ホント、もっと早い段階でクリニックに行っておけば良かったなと。

サラリーマンで、会社のストレスに悩まされているなら、きちんと会社とは利害関係のない医師にみてもらうことをお勧めします。

ストレスを解消する

病院に行くほどではなくても、小さなストレスは日々蓄積されていきます。日常的にガス抜きをしましょう。ストレスというのは基本的に「出す」ことで解消されます。溜まっていたものを身体から出す! わかりやすいですね。

解消法①書き出す

普通に日記に思いの丈をぶちまけても良いですし、ビラの裏に落書きしても良い。習字というのもアリですね! 写真はわたしの5年分の日記ですが、毎日見開き1ページずつ書いていたのでかなりのボリュームになっていますw(ハズイので拡大厳禁で)

ファイル 2015-11-18 18 14 52

わたしはサラリーマン時代、日記や落書きの他にも、元気になりたいなと思った時やモヤモヤしてた時に、「死ぬまでにやりたいことリスト」というのを書き出していました。英語ではBucket List(バケツリスト)と言いますね。

やりたいことを100個書き出すだけなんですが、これがまー楽しいんですよ。やったこと無い人は、是非やってみて欲しいです。

書き出すと最初の三つくらいで一度筆が止まるんですが、グダグダ適当に書きなぐっていると、だんだん溢れてくるんですよ! そういえば、これやりたい、あれもやりたいって感じで。お金がないから出来ないとか、時間がないからできないとか、自分にできるわけないとか、そういうのは一切ナシ。ただただ、やりたいことを無心に書き出していきます。

「世界にはこんなに楽しそうなことで溢れているんだ」とわかるし、「自分には人生でやりたいことがこんなにあるんだ」って知ることができます。これがあるとないとでは、やっぱり注げるエネルギー量が大きく変わってくると思いますね。

解消法②声を出す

ひとりカラオケって行ったことあります? 誰にも気兼ねせず、思い切り声を出す、気持ちよく歌うならコレがイチバン。わたしが行ったワンカラ(神田駅前店)では、椅子が一個あるだけの塾の自習室みたいな個室だったんですが、もう喉が痛くなるまで歌いまくりました。ちなみに平日3時間で1,500円でした。

練習目的の人とかも多いらしく、全然恥ずかしいことじゃありませんから。行ったことないなら是非!

自分のお部屋で、好きな時に好きなだけ歌いたい叫びたいもう一人の自分と声を出して会話したいと言う方。こんなんがありますよ。面白いですね!

解決策③うんちを出す

いきなりすみません。でもコレ、結構バカに出来ないんですよー。便秘の経験のある方はわかると思うんですが、何日もお通じがないとめっちゃ気分塞がりません? せっかくの休日なのに、うんちがずっと出てないだけで憂鬱な気分ですし、下腹部がパンパンに膨らんで見た目も不愉快。食欲もなく身体もだるい。

そんな地獄みたいな状態でも、うんちが出ていった突端にスッキリ解消するでしょ。そういうものです。まぁストレスが溜まることで便秘になるストレス性便秘と言うのがあるので逆説的になるんですけど、うんち出すのは、ストレス発散に効果があるのです。

出ない時は、もんもんしてないでさっさと便秘薬で出してしまいましょう!

解決策④涙を出す

最後に泣いたのはいつでしょう? もう何年も泣いてないやって人は、一度、どうやったら泣けるか真剣に試してみるのも良いかもしれません。

映画とか漫画とかで泣くと、めっちゃストレス解消になります。わたしは泣きたい時に困ったらONE PIECEを読むようにしてます。間違いなく泣けるので!もうテッパンですねw 涙のツボは人それぞれだと思うので、自分のツボを知らない人はいろいろと探ってみるのも楽しいですよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク