シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

人生あがっちゃった人の特徴6選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

生きてる限りは、人生を楽しみたいですね!私はいつまでもハングリーでいたいなって思います。やりたいことが次々溢れてきて、時間がたりなーい!みたいな。楽しそうでしょ?

でも、そんな考え方とは真逆の人もいます。

そう、人生あがっちゃった人。あなたの周りにもいませんか?

「あがり」とは麻雀でいうところの和了です。

サラリーマン時代、たくさんこういう人に会いました。まだ生きてるのに、「もう人生でやるべきことはやったぜ」みたいな。向上心がなく、挑戦もしない。文字通り夢も希望もありません。漢字ひと文字で表現するなら「無」でしょうか。

「やるべきことはやった」はずなのに、「無」なんです。「満」じゃないんですよ。

たとえば。

技術畑出身のモーレツサラリーマンで、今は50代後半。そろそろ定年が見えて来た。ずっと勤めてた会社では何となく居場所がなくなってきて、数年前に子会社に転籍。そこで役員をやっているから給料は悪くない。仕事は稟議とトラブル処理ばかりで、正直面白くない。得意だった技術も、関わらなくなって久しい。エクセルのマクロは組めるがJavaはさっぱりわからん。オブジェクト指向って何? 子供もとっくに巣立って、今はペットのトイプードルが唯一の癒し。あとは定年まで何事もなく勤め上げて退職金もらって、妻と二人で貯金を切り崩しながら生きていこう。「あーあ、俺も何かで一旗あげたかったけど、人生甘くないんだよなー」みたいな人。

たとえば。

20代半ばで焦りと「仕事を辞めたい」というだけの理由から、大して好きでもない男と結婚してからずっと専業主婦をやっている。身体はたるみはじめ、若かった頃は自慢だった肌もくすみが目立つようになった。髪だっていくら染めても白髪が出てくる。子供は感謝の一言もないままさっさと一人暮らしを始め、夫は出張ばかりで家に帰ってこない。もしかしたら浮気しているのかもしれないけど、離婚したら何のスキルも実績もない自分にはスーパーのレジくらいしか仕事がない。だから夫の浮気も見て見ぬふり、「とにかく、我慢して家でじっとしていれば食うには困らないわ」みたいな人。

なんて言うんですかね。お金に困る事なく「生活」も充実してるはずなのに、人生の中身が「無」なんですよ。実際には子供がいたり、仕事で多大な実績を残したりしているので、プロフィールだけ端から見たら「満」なんですが、”本人の実感”という意味では「無」な人。

これは多分、「楽しい」ではなく「楽(らく)」を選んで来た人たちの成れの果てではないかと、私は推測します。とりあえず大学行っとけばいいや、とりあえずサラリーマンになっとけばいいや、とりあえず結婚しとけばいいや。

人生について真剣に考えるという作業から逃げ、「何も考えなくていい楽な道」をずっと選択して来た人たち。

こういう人が近くにいると、正直かなりブルーな気持ちになります。なぜなら、彼ら彼女らは基本的に「自己保身」と「現状維持」しか頭にないから。

考えてないのがモロわかりの言動、向上心があり「人生、再出発しよう!」としている人への嫉妬心がダダ漏れで、ひどい時は実際に足を引っ張ったり、否定したりします。

10代ならまだ可愛げがありますが、40代、50代、60代の人が20代の部下や自分の子供に対してこういう態度だと、これは見ていて気持ちのいいものではありません。しかも本人は自分が「嫉妬している」という自覚がありません。

自分はこのまま「我慢ばかり」の人生を終えようとしているのに、こいつは自由に楽しく生きようとしている。そんなの我慢出来ない。仕事はつまらないものであるべきだし、人生は苦しいものであるべきだ。

これが、「人生あがっちゃった人」に共通する考え方です。もちろん、口に出したりはしません。無自覚なので。

人生まだまだこれからだ!って思っている人は、こういう人とは極力距離をおくことをおススメします。間違っても、「人生の先輩に相談したい」なんてすり寄ったりしないように。

「人生あがっちゃった人」を一目で見分ける方法

覚えておいて欲しいのは、人生あがっちゃった人は例外なく「老けてみえる」ということ。

いいですか、老けてみえるですよ。実際の年齢は関係ありません。

young and old isolated faces standing on the two sides of the mirror

ハゲているとか、白髪が多いとか、それだけで「老けている」とも思いません。60歳を過ぎても、背筋がビシーッと伸び、パリッとしたスーツを着こなし、ロマンスグレーの髪をきちんとセットしている素敵な人もいます。

逆に、まだ30代半ばなのに早くもほうれい線がくっきり、肌はシミだらけ、歯は黄色くてガタガタ、お腹はだるんだるんでスーツもシャツもしわくちゃ、同年代の人と比べるのが残酷なくらいくたびれちゃってる人もいます。

では、違いは何なんでしょう?

人生あがっちゃった人は、「体を大切にしない」という特徴があります。

体を大切にしない、ということは、未来のことを考えてないってことです。つまり、未来のために、現在の自分をコントロールする努力をしていない。

仮に今はつまらなくても、3年後には最高の人生を生きているんだ!と考えたら、「楽しい人生を少しでも長く楽しみたい、長生きしたい」と思いますよね。

逆に、今の生活はつまらないどころか苦痛でしかなく、これからもずっとこの生活が続く、もしくはもっと辛くなっていくんだ……と考えたら、別にいつ死んでもいいや、って思うんじゃないかと。こういう人は、もうゴールしちゃってる、終わっちゃってる、あがっちゃってるんですよね。自分の中で。

人生あがっちゃった人は、体を大切にしません。大切にされなかった体は、蓄積されたストレスやダメージが必ず表面化しています。そして、表面化したダメージ(老化、糖化、疾病etc)は一目でわかります。

次のような見た目の人が周りに居たら要注意です。離れられない場合には、適度な距離を取って付き合いましょう。家族にそういう人がいるなら、一刻も早く家を出ましょう。それが、あなたのためでもあり、家族のためでもあります。

特徴① 肌が汚い

14863_main

コンビニ弁当やカップラーメンばかり食べていたり、運動していない人は肌がくすんでいます。女性だとそれを隠すためにファンデーションを塗りたくるなど、短絡的な解決策に縋るため、すっぴんはガッサガサだったり。

きちんと自分をコントロールして、身体を大切にしている人は肌を一発で見ればわかります。ツヤツヤしていて、ハリがあって、色も明るい。

何度も言いますが、年齢は関係ありません。

特徴② くさい

2012-06-18-113112

服をきちんと洗濯していなかったり、食べ物が悪いせいで体臭がキツかったり。口臭が酷い人はストレスで胃腸が荒れているということもありますね。あとタバコ。百害あって一利無しだとわかっていて、やめない、やめられない。

臭いは重要な指標です。(オフィスやプライベートで)くさい人に有能な人はいない、というのが私の持論です。

特徴③ 太っている、もしくは不健康なほど痩せている

i320

言うまでもないことですが、身体を大切にしている人は食事と運動に気を使っています。どんなに忙しくても関係ありません。

むしろ、経営者や金融マン、クリエイターなど、常に成果を求められる人ほど、トレーニングに時間とお金を投資しています。筋肉を鍛えることは今や英語やITにも匹敵するビジネススキルと言っても過言ではありません。筋トレは健康に良いだけでなく、直感力・集中力を飛躍的に高めます。

特徴④ 姿勢が悪い

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左右どっちかに傾いていたり、極端な猫背だったり。エスカレータや階段などで目立ちますが、靴の底が内側だけ削れていたり、外側だけ削れていたりする人も結構います。女性の奇妙な角度に傾いたハイヒールなんか見てると、全くセクシーとは逆方向のアピールだなぁと思います。

特徴⑤ 服装が雑

screen320x480

一目で安物とわかる、下着が透けそうなペラペラの服。スーツもシャツもネクタイも、少しずつサイズが合っていない。細かいしわが寄っている、なにかのソースがはねたような跡がある、埃まみれ、全体的にくすんだ色。靴は薄汚れ、色が所々剥げ、靴底は左右非対称にすり減っている。見ていると、着られている服の方が気の毒になってきます。

「良い歳して若作りしているみたいで恥ずかしい」と言って服に全く気を配らない人がいますが、私からしたら、「良い歳してそんなおざなりな服装で外出しているほうが恥ずかしい」と思います。

「若作り」の何がいけないんでしょう? (美魔女とかはちょっと違うと思いますが)そもそも、「若作り」と「見た目に全く気を配らない」のは全然違う話です。

見た目に気を配らない=自分はどう見られても良いってことです。モテる気もないし、誰かに評価してもおうという気もない。

ホリエモンのように実力や実績が伴っていて、着飾らないことに確固たる信念と理由を持っているなら別ですが、一般人がただ見た目に気を配らなくなっただけなら、それはもうただの努力をやめたダラシナイ人です。

何も考えずにワゴンセールで一山いくらの白のシャツに同じスーツ、同じネクタイのサラリーマンなんかは、「私は思考停止しています」と宣伝しているのと同じに見えます。

特徴⑥ 笑顔がキモチ悪い

090812grin-thumb-499x296-890

不幸な人の笑顔ほど気持ちの悪いものはありません。彼ら彼女らは心の底から本気で笑わないので(人生が「無」だと感じている人に心からの笑顔なんか作れるはずありません)、笑顔もどこか不自然です。皮肉ったように左右どっちかに偏っていたり、目が笑っていなかったり、顔に力が入りすぎていたり笑い声が大きすぎたり。

とにかく、見ていて気持ちのいいものではありません。自分の人生に納得している人は、生活が苦しくても貧乏で報われていなくても、見ているこっちも幸せになるような、さわやかな笑顔で笑うものです。

p.s.

もしあなたが心優しい良い人なら、「人生あがっちゃった人」に対して手を差し伸べたくなるかもしれません。「あなたはまだまだこれからなんだから、〜すればいいじゃん」「もっと向上心を持って生きなよ」「そんな受け身でいいのか」と言いたくなるかもしれません。でも、それは逆効果なのでやめましょう。対面でそんなことを言うと、相手を深く傷つけるだけでなく、あなた自身も恨まれる可能性があります。

彼ら彼女らは、そんなことは百も承知で、とっくの昔に諦めたんです。それが出来たなら、とっくにやっています。今更まわりにどうこう言われても変われないし、それは苦痛でしかありません。

変わる時は自分で変わるしかありません。自分で気付いて、自分で行動するしかありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク