シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

「安定」は存在しない。安心したかったら「不安定」に慣れろ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

安定なんてこの世に存在しない

10000年前から始まったとされる現生人類の歴史の中で、”安定”が保証された時代は存在しません。

よく「公務員は安定だから」「大企業に入社したから安心」という人がいますが、言うまでもなく、何の保証も根拠もありません。一流企業のサラリーマンも取締役も公務員もベンチャー企業の雇われプログラマも、等しく、保証されていません。いつ職を失うかなんて誰にもわからないんです。女性に関しては、結婚すれば安心だと思っている人もいるみたいですが、「夫婦の3組に1組が離婚」「約2分に1組が離婚」という日本の離婚事情を考えると、”結婚” イコール “ゴール” とするのはあまりにも安易な気がします。

それに、こんなことを言っては元も子もないかもしれないけれど、離婚や失業どころか、病気や怪我、事故で、もしかしたら明日死んじゃうかもしれないんです。

この世は万物流転。

安心したい気持ちはよくわかりますが、ありもしない “安定” を求めることに、意味があるとは思えません。それは根本的な解決とは言えないでしょう。

どうしても「安定が欲しい」「安心が欲しい」なら、対処法は一つしかありません。

それは、”不安定” に慣れることです。

最近はオフィスにフリーアドレスを導入する企業も増え、身軽なベンチャーでは決まったオフィスビルを持たず、季節ごとにオフィスを変えているという面白い企業もあります。これは、世の中の変化のスピードに慣れるのに、非常に有効な手法だと思います。

不安定に慣れる方法

“不安定” に慣れるのはとても簡単です。いきなり大きな変化(引越しや転職)を起こすのではなく、小さなものから変えていけば良いのです。

靴下、髪型、メイク、家具の配置、読む本、駅までの道順、食べ物。何でも良い。

毎日ひとつ、意識的に「変化」をつけましょう。新しいことをしましょう。

きっと、楽しくなってくると思いますよ。

「身につけるもの」を変える

同じスーツ、同じ色のシャツ、同じネクタイを着回していると、脳が凝り固まります。そしてどんどん、身なりに気を使わなくなる。無関心になります。身なりに無関心になると、男性も女性も一気に枯れて、老けていきます。ヘビロテの服やアイテムは、気がつかないうちに古びれていきます。靴底が斜めにすり減った靴、皺だらけのシャツ、色落ちしたスーツ、薄汚れたバック。そういうものからサヨナラしましょう。

自分にピッタリのスーツを新調する、いつもは選ばない柄のネクタイを買ってみる、シャツにちょっとしたカフスを付けてみる。お金をかけたくないなら、組み合わせを変えるだけでも、全然違った気分になれますよ。

わたしの行きつけの美容師さんは、外から見えない「靴下」をヴィレッジヴァンガードで買った面白系のものにして、毎朝どれにしようか選ぶのを楽しんでいました。いくつになっても、遊び心を忘れない人は魅力的ですね。

プリングルス ソックス パープル (レディース22~24cm)

「付き合う人」を変える

いつも同じ友達と遊んでいる、いつも決まったメンバーで飲みにいく。それも良いですが、たまには全く違うタイプの人と交流してみてはいかがでしょう。

わたしはサラリーマン時代、超オタク系男子とひょんなことから友人になったことで、価値観の幅がグッと広がりました。彼に連れられてアキバのフィギュアショップを12、3軒はしごしたことがありましたが、その時は彼のうんちくデータの圧倒的なボリュームに、驚かされました。なにより、彼からよくわからないアニメのうんちくを聞くのは、よくわからないけれど、結構面白かったです。

いつもランチに行っている同僚から、上司の愚痴を聞かされるよりよっぽど、楽しかったし得られるものが多かったですね。

他にも、あまり仲の良くない上司や同僚、警戒心丸出しの後輩、キモ系のオタク、偉くてとても近づけない役員など、あえて食事に誘ってみるのもおススメです。こちらから誘うことで敵意がないと思わせることが出来ますし、たとえ断られても、別に失うものはありません。

なにより、話してみると案外気があったり、良い人だったりします。100%悪いだけの人なんていません。こんな良い所もあるけど、こんなダメな所もある。良い時もあるし、悪い時もある。思うに、どんな相手でも深く付き合えば、ある程度は好きになれるのではないかと。

“自分と違う”からこそ、面白いんです。
変身オタクセット アキバくん

「食べ物」を変える

食べ物は、直接体に影響を及ぼします。つまり、食べ物を変えれば体が変わるんです。食べ物が7割、運動が3割。ダイエットしたければ、毎日5キロランニングするよりも、食べ物を変えた方が効果があります。(もちろん食べ物も運動も、継続は必要ですが)

体型で悩む方は本当に多いです。ダイエットサプリや腹筋マシーンも、世間には無数に出回っています。テレビに出てくるキレイな女優さんや素敵な腹筋を持った俳優さんに憧れ、「自分もあんな体になれたら、世界が違って見えるんだろうなぁ」と思う。

そう、おっしゃる通り。体が変われば、世界が変わります。間違いなく。

ダイエットしたかったら、食べ物を減らすのではなく、変えてみましょう。おやつに食べているポテチやスイーツを、バナナやアーモンド(無塩)に変えてみる。ランチはカレーではなくソバに変えてみる。晩酌のビールを焼酎に変えてみる。

無理なく続けられる範囲で始めて、少しずつ強度を上げていく。筋トレも勉強もビジネスも恋愛も、やり方は同じです。

素焼きアーモンド 1kg 無添加

p.s.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク