シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

その気になれば月10万円で生活できるとか大嘘。税金関連だけで10万円もってかれます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

時々、ネット上で気軽に「脱サラしてみればいいじゃん! その気になれば月10万円で生活できるし、月10万円なら楽勝で稼げるでしょ」っていう発言をしている人がいますが、何も考えずに鵜呑みにするのは危険です。特に、サラリーマンとしての収入が大きかった人は、税金の負担がマジ半端ないのできちんと自分でシミュレーションすることをおススメします。

わたしのサラリーマン時代の年収は600万円くらいで、支出は25万円くらいでした。辞めた後は年金とか免除されるし引っ越して家賃も抑えるから、節約してれば15万円くらいで大丈夫かなーと思っていましたが、実際は毎月20万円くらいかかりました。もちろん、余計な買い物は一切していないです。プラス、初月は引越しの初期費用も5万円くらい掛かってます。

退職後の支出、月19万円かかりました。。甘かった。。。

月額支出をサラリーマン時代(港区分譲賃貸)→無職&引越後(多摩市シェアハウス)で比較してみました。

月額支出:277,882円 →191,673円(差額:86,209円)

<内訳>

・住居費(定額):95,000円 →65,000円
・携帯代(定額):12,773円
・ネット代(定額):4,212円 →0円(シェアハウスは家賃に賃料に含まれるため)
・食費:約50,000円
・水道ガス電気代:約15,000円 →0円(シェアハウスは家賃に賃料に含まれるため)
・税金など:100,897円 →63,900円
<税金など内訳>
健康保険料 :15,293円 →31,000円(国民健康保険)
厚生年金保険料:35,822円 →0円(失業中なので免除申請しました。開業後は15,590円(国民年金第1号被保険者))
雇用保険料:2,222円 →0円
所得税:14,660円 →0円(無職なので、、、)
住民税:32,900円 (前年度の所得によります。無職の次の年は2万円くらいに減りました)

※住民税の計算はちょっと複雑なので別記事にしました。

「住民税の安い地域」とか無いから。住民税は「住む場所」ではなく「前年度所得」で決まります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク